「正しい日本語」の記事一覧

ビジネスマナー

「存じます」がもつ意味とは。ビジネスの場にふさわしい使い方を正しく学ぶ

ビジネスの場で使われる言葉には、さまざまなシーンでよく見かける言葉が多く存在します。 「存じます」という言葉も、メールや書類などでよく目にするのではないでしょうか。 頻出する「存じます」という言葉。 使ってはいるものの、正しい意味を理解していますか? 使っていてこの使い方は正しいのか、不安になることもあるでしょう。 そこで今回は「存じます」という言葉について解説してみます。

ビジネスマナー

「考察」とはどんな意味?どんな時に使うの?実は、報告書作成やプレゼンでも使える大事なパート!

「考察」という言葉は日常生活で使う機会は少ないですが、ビジネスではプレゼンの場面や報告書・レポートを書く場面では使う機会がある単語です。 また、「考察を述べよ」と言われることもあります。 でも、そもそも「考察」の意味を分かっていないと答えられないですよね。 日常生活であまり触れる機会のない言葉だからこそ、改めて意味や使い方を、例文を用いて学んでみましょう。

ビジネスマナー

「つきましては」の意味や正しい使い方。一般的な例文や、類語、英文も交えて解説

ビジネス文書や会話の中でときおり登場する「つきましては」という言葉。 漢字を交えて書くと「就きましては」となります。 「つきましては」の本来の使い方はどのようなものなのでしょう。 もしかしたら思っている意味とは異なる結果が出てくるかもしれません。 そこで今回は「つきましては」の本来の意味や正しい使い方について解説してみましょう。 分かりやすく理解するための例文や、類語なども一緒にご紹介します。

ビジネスマナー

知っておきたい「留意」の意味や使い方。「注意」との違いも解説

「留意」という言葉はビジネスのシーンなどでよく耳にします。 メールや手紙などの最後に、相手のことを気遣う文章としてもよく登場します。 また書類などで「留意事項」などという言葉でも目にする機会は多いはずです。 しかしこの「留意」という言葉は、大変誤用が多い言葉としてあげられます。 特に「注意」という言葉との違いに悩まれる方が多いようです。 そこで今回は「留意」と「注意」の違いにも触れながら、「留意」について解説してみましょう。

ビジネスマナー

「所感」とはどのような意味があるのか。ビジネスの場での使い方などを解説!

仕事をしていると何かのレポートや感想、報告の書類を書く機会が多くなります。 その時によく登場するのが「所感」という言葉です。 「所感」とは一体どのような意味があるのでしょう。 そして「所感」という言葉をどのように使うことが正しいのでしょう。 漠然としたイメージで使わずに、きちんと意味を知っておくほうが、ビジネスの場で失敗することもありません。 「所感」という言葉の持つ意味やビジネスの場での使い方などをご紹介します。

ビジネスマナー

「幸いです」の意味と正しい使い方

ビジネスの場でのメールや文書によく登場する「幸いです」という言葉。 正確な意味をご存知でしょうか。 なんとなく使っている言葉ほど、意味を理解し間違っていたり、誤った使い方をされてしまうことが多いものです。 目上の方へ使っても良いのか、他に言い換えるとなるとどのような言葉を使うのか。 「幸いです」という言葉を正しく使うために、例文を交えながら解説いたします。

ビジネスマナー

「考案」とはどのような意味があるのか。知っているようで知らない日本語を学ぶ。

「考案」とは工夫をし、考え出すという意味を持っています。 会話でも使用することができますし、文書やメールなどでもよく使われます。 工夫をし考え出すという意味がありますが、クリエイティブな業種以外でも使われることが多いことも特徴です。 「考案する」 「考案した」 このように使われることが多い「考案」という言葉についてご紹介します。

ビジネスマナー

何気なく使うからこそ誤用も多い「失念」の正しい意味や使い方

私たちが何気なく日々使っている日本語。 その日本語を正しく使えている自信がある方はどれぐらいいるでしょう。 日本語と言うのは世界的にみても難易度の高さが特徴だと言われています。 正しいと思っていてもその使い方が実は間違っているかもしれないなんてことはよくある話です。 今回は、誤用しがちな「失念」と言う言葉に注目してみましょう。

ビジネスマナー

「忸怩たる」とはどのような意味?例文を交えて正しい使い方を覚えよう

日本語とは、かく美しいものです。 しかし難しくもあります。 「忸怩たる」と言う言葉。 まず読み方から難易度の高さに苦戦する方も多いでしょう。 意味を答えなさいと言われても、語感から受け取るイメージでなんとなくしか答えられない可能性もあります。 このような読み方からして難しい言葉こそ、ビジネスシーンでは正しく使用しなければなりません。 正しい意味や使い方をきちんとマスターしておきましょう。

ビジネスマナー

名詞として副詞としても使える「是非」。意味・使い方・類語・例文を紹介

ビジネスの場面だけでなく、日常的に「是非お願いします」「是非とも行きたい」などというフレーズはよく使われる言葉です。 接頭語として何気なく使っている人も多いと思いますが、「どんな意味?」と聞かれると答えられない人も多いのではないでしょうか。 ビジネスシーンはもちろん日常のあらゆる場面で使う機会のある言葉なので、意味を理解して正しく使いたいですよね。 何気なく使っている「是非」という言葉について、今一度再確認してみましょう。

ビジネスマナー

幸甚の意味と使い方。間違えないで上手に使うポイントと例文

ビジネスの場ではさまざまな人と関わりをもちます。 その都度、相手と自分との関係性や内容の重要度に応じて、いくつかある言葉から適切なものをチョイスする必要があります。 今回はそのような、ビジネスシーンでよく使われる数ある言葉の中から、「幸甚」という言葉にスポットを当ててみました。 「幸甚」とはどのような意味を持っているのか、どのように使用するのが適切なのか。 使用を誤りやすい言葉の一つとして有名ですので、この機会にきちんと理解しておきましょう。

ビジネスマナー

「遅ればせながら」の正しい使い方。意味や例文から覚えるビジネスマナー

「遅れる」ということはビジネスの場においてあまり望ましいことではありません。 しかし、人間完ぺきであることはほぼ不可能です。 何らかの都合や事情で、やむを得ず遅れてしまうこともあります。 そのような時に使える便利な言葉「遅ればせながら」 口頭でも手紙やメールなどでもマルチに使用できるこの言葉について解説します。 遅れてしまったことに対して詫びる際に用いられますので、言葉が持つ意味を正しく理解し適切に使用しましょう。 うまく使いこなすことで円滑にことを勧めることができる潤滑油の役割も果たしてくれます。

ビジネスマナー

「ご健勝」の意味や正しい使い方、類語や例文

ビジネスシーンでは使いやすい決まり文句が数多く存在します。 決まり文句を覚えておくことは、仕事の効率化を図ることにもなり重宝します。 しかし、なんとなく知っている言葉を右へ倣えへで使ってしまってはいないでしょうか? 今回ご紹介する締めの言葉となる「ご健勝」も、間違った使い方をしてしまうケースが多いようです。 正しい意味や使い方、例文を交えながら「ご健勝」という言葉についてご紹介します。

ビジネスマナー

「何卒」とはどのような意味?正しい意味と使い方のポイントやコツ

ビジネスシーンの文章でよく使用される「何卒」と言う言葉。 何かをお願いする時や、文章の最後に「何卒よろしくお願いいたします」と書いておけば良さそうですが、本来「何卒」とはどのような意味を持っているのでしょう? 多くの人が詳しい意味をよく知らないまま、右に倣えで使ってしまっている「何卒」 便利でよく使う言葉ほど、きちんと意味や使い方を把握しておきたいものです。 今回は「何卒」の意味や正しい使い方についてご紹介します。

ライフハック/お役立ち

続柄とは?基本的な続柄一覧と、ケース別の正しい「続柄」記入ルールについて

年度末などに記入する書類でふと手が止まってしまう項目があります。 それが「続柄」です。 なんとなく分かっていても、日常的に「続柄」について記入する機会が少ないため、書くたびに悩むことはありませんか? そのようなときに混乱して無駄な時間を食わないように、今回は「続柄」についてご紹介します。 そもそも「続柄」とは一体どのようなものでしょう。 さまざまなケースでの正しい書き方・記載方法も解説します。

ビジネスマナー

「尽力」の意味や使い方から類語まで、例文付きで解説!これでお礼や抱負を述べるときに困らない

普段は使わない言葉でも、ビジネスシーンでは使用頻度の高い言葉はいくつかありますよね。「尽力」もその一つだと思います。 日常生活では使わないフレーズをどれだけ使いこなせるかが、ビジネスシーンでは大事になります。 「尽力」を使うことで、目上の方とのやり取りもスムーズにいき、関係性も構築できますよ。 スマートにビジネス用語を使いこなして、ビジネスパーソンとして成長しましょう!

ビジネスマナー

「恐縮」の意味や使い方は?「恐縮です」の使い方や類語、例文も紹介!

ビジネスシーンにおいて相手との良好な関係を築くためには、まずは言葉選びに気を付けなければいけません。 普段の日常生活では使わないような言い回しや単語も多いため、混乱してしまうこともしばしば。 その一つとして「恐縮」も挙げられるのではないでしょうか。 一般的には「…していただき恐縮です。」や「恐縮ですが…していただけないでしょうか。」などといったように使われます。 本記事では分かりやすい例文も交えながら、「恐縮」の使い方を覚えていきましょう。

ビジネスマナー

メールではなくお手紙で!「拝啓」「敬具」の意味と使い方、時節の候の一覧も

メールやLINEが主流の現代ですが、手紙の書き方を知らないといざという時に困ってしまう、なんてことがあるかもしれません。 本記事では、「拝啓」の意味や使い方、「敬具」や「かしこ」などの関連語を含めて説明します。 聞き慣れた言葉である「拝啓」の正しい使い方を理解できること間違いなしです。 また、実際に手紙を書く際に役立つように、それぞれの意味の違いや使い方、「拝啓」の後に続く時節の挨拶にも触れています。 手紙を書く機会は少ないかもしれませんが、いざというときに備えて是非ご覧頂けると幸いです。

ビジネスマナー

「了解しました」は上司やお客様に使ってはいけない!?「了解」の正しい使い方と意味、類語、例文

ビジネスシーンやプライベートでよく耳にする「了解」という言葉ですが、実は使う相手やシーンによっては使わないほうが好ましい言葉でもあります。 上司に対して「了解しました」と使って怒られた経験のある方もいるのではないでしょうか。 同じ意味合いの「承知しました」「かしこまりました」と使い分けることが、相手との良好な関係構築に役立ちます。 今まで誰に対しても「了解しました」と使ってきていた方は、これを機に正しい用法を理解し、ビジネスコミュニケーション力を磨きましょう。

ビジネスマナー

「お悔やみ」の使い方~関連語と注意点も合わせて~

大切な人に不幸があった時など暗い場面で使われる印象のある「お悔やみ」。 デリケートな場ですので、使い方を知らずに口にしてしまうと大変な失礼にあたることもあります。 大切なマナーの問題ですので、是非この記事を読んで、いざという時に備えておきましょう! ここでは「お悔み」の使い方を説明し、関連語や簡単な葬儀でのマナーにも触れて多角的に「お悔やみ」を解説していきます。



おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2018年04月25日 Petpediaのタイアップ型記事広告をリリース
2017年08月16日 オフィス移転のお知らせ
2017年06月09日 FULL HOUSE運営メディアがRSS配信に対応致しました
2017年03月29日 FULL HOUSE公式メディアが就活アンサーと連携しました
2017年03月01日 株式会社FULL HOUSEが創業1年を迎えました!

タグ一覧

ランキング(35)
転職(72)
面接(48)
就活準備(108)
人事/採用(70)
スマホアプリ(54)
iPhoneアプリ(54)
Androidアプリ(54)
出会い系/婚活/マッチング(37)
恋愛/デート(35)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)