Top > エンタメ > アニメ

アニメ映画総まとめ!おすすめのアニメ映画を青春、ファンタジー、アクション、恋愛、ロボットなどのジャンル別にご紹介






アニメ映画とは、映画館で公開することを前提として製作されるアニメーション映画のことです。
略称の一つとしてアニメ映画と呼ばれています。
アニメ映画という呼称の他には、劇場版アニメ、劇場版アニメーション、劇場用アニメーション等の表記をされることが多いです。

アニメは観たいけれど、まとまった時間が取りづらいのでサクッと観れるアニメ映画を観たいときってありますよね。
しかし、アニメ映画と言ってもその種類は様々です。

そこで!本記事ではアニメ映画を観尽くした筆者が、ジャンル別にアニメ映画をご紹介していきます。

アニメ映画総まとめ:はじめに

 

アニメは観たいと考えているけれど、最低でも1クールあるアニメを観るのってまとまった時間がないと大変ですよね。

1クールは通常3ヶ月(13週間)を指しますので、アニメを1クール観るとなると週1回放送のもので13回分観なければならないことになります。

 

時間に表すと1回の放送が20分だと仮定して、20分×13回=260分(4時間20分)かかります。

それにスケールの大きいアニメであれば1クールではなく2クール、3クールと続くものだってありますよね。

 

空いた時間で一気に消化をしても良いですが、時間がそこまで取りづらいという人にとっては難しいです。

そのようなアニメはお楽しみにとっておくとして、もっと気軽にアニメを観れる手段がアニメ映画です。

アニメ映画であれば、平均的に60分~90分ほどの尺のものが多いです。

 

このように、映画館で放送するためにアニメ映画は製作されているため、アニメのように数時間の尺はありません。

しかし、約60分~90分の尺だからこそ、短いながらもアニメ映画には作り手の熱い想いが込められています。

 

さくっと観れる気軽さが非常に良いので、今回はアニメ映画に限っておすすめのものをジャンル別にご紹介していきます。

構成は下記の通りで、各ジャンル毎に最新のアニメ映画から歴代のアニメ映画を一挙にご紹介していきます。

 

 

【アニメ映画総まとめ:目次】

 

1ページ目 :

 

動画配信サービスならアニメ映画が見放題!

TSUTAYA DISCAS

dアニメストア

U-NEXT

青春/学園のアニメ映画

君の名は。(2016年)

心が叫びたがってるんだ。(2015年)

劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2013年)

映画けいおん!(2011年)

時をかける少女(2006年)

SF/ファンタジーのアニメ映画

楽園追放 -Expelled from Paradise-(2014年)

おおかみこどもの雨と雪(2012年)

イヴの時間 劇場版(2010年)

カラフル(2010年)

パプリカ(2006年)

攻殻機動隊 GHOSTINTHESHELL(1995年)

アクション/バトルのアニメ映画

Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower(2017年~)

劇場版ソードアートオンライン オーディナルスケール(2017年)

傷物語(2016年~2017年)

「PERSONA3 the Movie」(2013年~2016年)

バケモノの子(2015年)

サマーウォーズ(2009年)

ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー + 冬に咲く、奇跡の桜(2008年)

鉄コン筋クリート(2006年)

 

2ページ目 :

 

コメディ/ギャグのアニメ映画

STAND BY ME ドラえもん(2014年)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲(2001年)

恋愛/ラブコメのアニメ映画

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年)

夜は短し歩けよ乙女(2017年)

映画 聲の形(2016年)

たまこラブストーリー(2014年)

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」(2013年)

言の葉の庭(2013年)

蛍火の杜へ(2011年)

秒速5センチメートル(2007年)

劇場版セーラームーンR(1993年)

ホラー/サスペンスのアニメ映画

パーフェクトブルー(1997年)※R-15指定

ロボット/メカのアニメ映画

コードギアス亡国のアキト(2012年~2016年)

エヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年)

アニメ映画総まとめ:おわりに

 

動画配信サービスならアニメ映画が見放題!

 

本記事では非常に多くのアニメ映画をご紹介します。

気に入ったアニメ映画を見つけて実際に観てみようと思われた際には、動画配信サービスで観るのがおすすめです。

 

DVDのレンタルサービスはお得ですが、貸し借りの手間が気になりますし、料金が都度かかってきます。

 

また、著作権違反でアニメ映画を違法にアップしているアニメ無料サイトなどが数多くあり、無料でアニメ映画が観られるから良いと思う人もいるかもしれません。

しかし、違法サイトには怪しい広告があったりウイルスに感染したりと、ユーザーの不利益になることもあるので使用はおすすめしません。

さらに、アニメ制作陣が身を粉にして作った綺麗な映像美を見れないケースが非常に多く、動画の画素数が荒いという問題があります。

もちろん何より、いくら高画質な映像が手に入ったところで、違法サイトで鑑賞していいのかという法的・モラル的な側面もあります。

 

それらをすべてクリアした上で、クリーンにアニメ映画視聴をするときに便利なのが動画配信サービスです。

動画配信サービスは月額制で、なおかつ初月がお試しとして無料のところが多いです。

そのため、最初の一ヶ月お試しで動画配信サービスに登録をしてみて、やっぱり使いづらいから辞めるということも可能ですよ。

一口に動画配信サービスと言っても多くの種類がありますので、ここではおすすめの動画配信サービスをピックアップしていきます。

 

※各動画視聴(VOD)サービスでご紹介する作品は執筆次点での配信作品です。現在は配信停止している場合がございます。最新の配信作品は各サービスの詳細ページよりご確認下さい。

 

TSUTAYA DISCAS

 

費用:月額933円(税抜)

無料お試し期間:30日 ※お試し期間中に解約をすれば、費用は一切かかりません。

アニメ作品数:40,000本以上、アニメ以外45,000本以上

 

とにかく作品数が圧倒的!

観たいアニメがたくさんあってどうしようもないという人にはおすすめの動画配信サービスです。

HD画質ですし、様々なデバイスに対応していますし、ネット環境が悪くてもスムーズに再生できますし、ダウンロードだってすることができます。

月額933円というのもお手頃ですよね。

TSUTAYAでアニメを借りたら1,000円を超えることなんてざらにありますから、コスパは良いと言えるでしょう。

ちなみに、アニメだけではなくTSUTAYAでレンタルできるものであればほぼ何でも観ることができます。

 

TSUTAYA DISCASで観ることのできる主なアニメ作品

 

コードギアス 反逆のルルーシュ/GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊/PSYCHO-PASS サイコパス/僕だけがいない街/四月は君の嘘/響け!ユーフォニアム/ワンピース/アルドノア・ゼロ/アイドルマスター/東京喰種トーキョーグール etc...

 

 

<TSUTAYA DISCASでアニメを無料体験>

TSUTAYA DISCAS

 

 

dアニメストア

 

費用:月額400円(税抜)

無料お試し期間:31日 ※お試し期間中に解約をすれば、費用は一切かかりません。

アニメ作品数:2,000本以上

 

名前の通り、アニメに特化をした動画配信サービスです。

NTT DOCOMOが運営していますが、その他のキャリアでも観ることができますのでご安心ください。

TSUTAYA DISCASと同様に、様々なデバイスで観ることが可能ですし、ダウンロード再生もすることができます。

Wi-Fi環境さえあれば、アニメライフが捗ることなしですね。

何より金額が安いのが嬉しいところ。

作品数はものすごく多いとは言えませんが有名どころはだいたいあるので活用してみてはいかがでしょうか。

 

dアニメストア で観ることのできる主なアニメ作品

 

STEINS;GATE/天元突破グレンラガン/Re:ゼロから始める異世界生活/デュラララ‼︎/SHIROBAKO/氷菓/ソードアートオンライン/涼宮ハルヒの憂鬱/コードギアス 反逆のルルーシュ/凪のあすから etc...

 

 

<dアニメストアでアニメを無料体験>

dアニメストア

 

 

U-NEXT

 

費用:月額1,990円(税抜)

無料お試し期間:31日 ※お試し期間中に解約をすれば、費用は一切かかりません。

アニメ作品数:2,600本以上、アニメ以外110,000本以上

 

アニメの多さはdアニメストア以上、TSUTAYA DISCAS未満ですが、圧倒的にアニメ作品以上に映画やドラマが豊富な動画配信サービスです。

趣味程度にアニメは嗜むけれども、どちらかというと映画・ドラマなど幅広く観たいと言う方にはおすすめです。

成人向けコンテンツが充実している点は、男性にも嬉しい特典と言えるかもしれません。

 

U-NEXT で観ることのできる主なアニメ作品

 

TARI TARI/あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。/花咲くいろは/みなみけ/ラブライブ!/はたらく魔王さま!/ワンピース/コードギアス 反逆のルルーシュ/BLACK LAGOON/化物語 etc...

 

 

<U-NEXTでアニメを無料体験>

U-NEXT

 

 

ここからは各ジャンル別におすすめのアニメ映画をご紹介していきます。

あなたのお気に入りがきっと見つかるはず!

 

 

青春/学園のアニメ映画

 

感動要素や泣ける要素を含んでいる青春アニメ映画や、小中高などを舞台にした学園アニメ映画をご紹介します。

アニメ映画を観てドキドキしたい人やときめきたい人におすすめです。

 

君の名は。(2016年)

 

「大事な人、忘れたくない人、忘れちゃいけない人...!誰なんだ...?名前は...!」

 

君の名は。(2016年)
(C)2016「君の名は。」製作委員会

 

新海誠が監督と脚本を務めた長編アニメーション映画で、2016年8月26日に全国約300館で公開されました。

前作の『言の葉の庭』は全国23館での公開だったので、力の入れ具合が如実に出ている作品です。

 

映画の概要は、東京・四ツ谷に暮らす男子高校生の立花瀧と、岐阜・飛騨に暮らす女子高校生の宮水三葉との間に生じた入れ替わり現象を通じて、見知らぬ者同士が導かれ引き合う様子を、約1000年に一度の彗星の大接近と関連させて繊細に描いた作品です。

 

キャラクターデザインには『とらドラ』(2008年~2009年)、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(2011年)、『心が叫びたがってるんだ。』(2015年)を担当していた田中将賀(たなかまさよし)、作画監督には『もののけ姫』(1997年)、『千と千尋の神隠し』(2001年)、『パプリカ』(2006年)を担当していた安藤雅司(あんどうまさし)がつき、これ以上ないと言えるぐらいの豪華な制作陣で挑んだ珠玉の作品です。

 

このような背景から、『君の名は。』は映画公開前から話題を呼び注目を集めていました。

公開後は予想を上回る大ヒットとなり、公開52日で累計興行収入は150億円を突破し、歴代の累計興行収入ランキングでは、ジブリ映画である『千と千尋の神隠し』に次いで興行収入2位を獲得しています。

同時に日本アニメとして、宮崎駿が手がけた『風立ちぬ』以来、ジブリ映画で初めて100億円を超える記録を打ち立てました。

その人気ぶりは日本のみならず、世界各国でも上映されるまでになりました。

 

株式会社FULL HOUSEが運営している旅行・観光メディアである TABI CHANNEL には、君の名はの解説や舞台を訪問している聖地巡礼をまとめた記事があります。

合わせてご覧頂きたいところですが、ネタバレ要素も含んでいますので、まだ君の名はを観ていない方は閲覧にご注意ください。

 

君の名は。を徹底解説!君の名はのネタバレ、あらすじ、舞台となった聖地巡礼地まで

 

心が叫びたがってるんだ。(2015年)

 

「後悔したって、もう絶対に、取り戻せないんだからっ...!!」

 

心が叫びたがってるんだ。(2015年)
(c)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会

 

A-1 Pictures制作によるアニメ映画で略称は「ここさけ」、副題は「Beautiful Word Beautiful World」

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフが再集結して制作されたことでも話題となりました。

ちなみに、舞台もあの花と同じ秩父です。

しかし、あの花と同じようなアニメ映画だと思って見ると、全くベクトルが違うということに気付きます。

 

ヒロインの成瀬順は、自身のおしゃべりが引き起こしたあることが原因で、両親の離婚を招いてしまうことになります。

そのことから、玉子の妖精によっておしゃべりすることを封印されてしまいます。

おしゃべりをすると腹痛によって相手とコミュニケーションが取れなくなるのです。

 

順は高校生になり、地域ふれあい交流会の実行委員に任命されます。

歌えば腹痛が起きないということがわかった順は、交流会の出し物はミュージカルに決定します。

 

一方、同じ実行委員の仁藤菜月はもう一人のヒロインです。

チアリーダー部の部長で社交的、おしゃべりだが人前では本心を話せないで苦しみます。

 

本作は順と菜月という対照的な女性を描きながら、伝えたいことを伝える(心が叫びたがっていること)というを首尾一貫して伝えようとしています。

誰かに言いたいことを言って後悔したことがある、誰かに言いたいことはあるけれど言えなくて後悔したことがある、そんな人にここさけは観てもらえると良いと思います!

 

対人コミュニケーションについて考えさせられる青春アニメ映画です。

2017年には実写版のここさけも上映予定となっています!

 

劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2013年)

 

「めんまね、もっとみんなといっしょにいたい!遊びたいよ。だから、生まれ変わりする。みんなといっしょ…だけど…だからじんたん!お別れしたよ、だから!」

 

劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2013年)
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

小学生の頃、宿海仁太(じんたん)、本間芽衣子(めんま)、安城鳴子(あなる)、松雪集(ゆきあつ)、鶴見知利子(つるこ)、久川鉄道(ぽっぽ)の6人は、超平和バスターズという仲良しグループを結成し、毎日のように秘密基地で遊ぶほどの関係でした。

 

しかし、突然のめんまの死をきっかけに、それぞれがめんまに対する後悔や未練を抱えながら、 超平和バスターズの関係はバラバラになってしまいます。

その後、高校受験に失敗して引きこもりになってしまったじんたんの前に、亡くなったはずのめんまが突如として現れます。

 

めんまを成仏させるために、じんたん率いる超平和バスターズのメンバーたちが再集結し、熱い友情を見せながら奮起する感動の物語です。

お涙ちょうだい系のアニメで泣かせる気満載の演出ですが、見事に号泣させられます。

あの花を観て感動しない人は中々いないのではないでしょうか。

 

アニメ作品も1クールなので、まだ観ていないという方には是非観てほしいです。

劇場版はアニメ作品の総集編とその後を描いた構成になっています。

初めてでも観れないということはないかなといった感じです。

 

筆者はじんたんがよく着ていた「地底人」Tシャツを寝間着として愛用しています。

それを着てあの花の舞台となった埼玉県秩父の聖地まで巡礼しに行きました。

 

※合わせて読みたい: 【聖地巡礼】あの花の舞台!埼玉県秩父の巡礼スポット7選

 

映画けいおん!(2011年)

 

「君が無駄に過ごした今日は昨日死んだ誰かが死ぬほど生きたかった明日なんだよ」

 

映画けいおん!(2011年)
(C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部/京都アニメーション

 

「けいおん!」は、かきふらいによる4コマ漫画作品であり、それを原作として、2009年から2010年までテレビアニメ化されていた軽音部の青春を描いた作品です。 

私立桜が丘女子高等学校の平沢唯(ゆい)、秋山澪(みお)、田井中律(りっちゃん)、琴吹紬(むぎちゃん)の4人がバンドを組み、廃部の状況に追い込まれた状態で一から活動を行っていく軽音部の物語です。

 

4人が高校2年生の時に、新入生の中野梓(あずにゃん)を迎え入れ、総勢5人で軽音部の結成から、高校卒業までを笑いあり涙ありで描いています。

軽音ブームの火付け役となり、社会現象をも巻き起こした非常に影響力のある作品として有名ですよね。

 

けいおんのアニメ映画は、卒業を控えた放課後ティータイムのメンバーたちが、あずにゃんも合わせて卒業旅行でロンドンに行くお話です。

目指す音楽の方向性の違いで解散の危機に陥ったり、かと思ったらロンドンでライブデビューをしたりと、彼女達の青春の1ページが見事に描かれています。

「友達っていいな。」と改めて思わされる、心温まる作品です。

 

アニメ映画だけではなく、アニメ(2期まで)から観ているとより一層楽しめます。

まだアニメの方も観ていないという場合は、是非観ておいてください。

 

きっと自分の推しメンが出てくると思います。

ちなみに筆者はあずにゃん推しです。

 

※合わせて読みたい: 【聖地巡礼】けいおんの舞台!滋賀県の「旧豊郷小学校」に行ってみよう!

 

時をかける少女(2006年)

 

「未来で待ってる。」

 

時をかける少女(2006年)
(C)「時をかける少女」製作委員会2006

 

「時をかける少女」(以下、時かけ)は、筒井康隆によって1965年に発表された少年少女向け小説であり、ドラマ・映画・アニメ化などにより、50年経った今でもなお愛される青春ラブストーリーです。 

そして、アニメ映画の時かけは、原作の物語から約20年後を舞台にした続編です。

メインの登場人物は紺野真琴(まこと)、間宮千昭(ちあき)、津田功介(こうすけ)の3人となっています。

 

まことは倉野瀬高校に通う17歳の高校2年生のヒロインです。

ショートヘアーで明るく元気な彼女は、ある日タイムリープの能力を得て時間を超越できるようになります。

はじめは自分の私利私欲のためにタイムリープを使うまことでしたが、次第にタイムリープの謎を突き詰めていきます。

 

ちあきはまことのマブダチであり、ある絵画を見るためにタイムリープをしてきた未来の人間です。

ダラけたファッションで数学が得意なものの、簡単な漢字すら読めない赤髪が特徴の男の子です。

まことがタイムリープの能力を得た原因を担う重要人物であり、ひそかに彼女に好意を寄せています。

 

こうすけはまこととちあきと常に3人でつるむマブダチです。

中学時代からまことと親交がありました。

医学部志望で頭が良くスポーツも万能で、ボランティア部に所属する優しい好青年です。

 

時かけは、これらのメインキャラクターが紡ぐ青春アニメ映画です。

甘酸っぱい青春に胸がときめくこと間違いなし!

 

※合わせて読みたい: 【聖地巡礼】時かけの舞台!東京都の素敵な聖地巡礼スポット4選

 

 

SF/ファンタジーのアニメ映画

 

近未来や空想科学をテーマにしたサイエンス・フィクション(SF)のアニメ映画や、空想や幻想を盛り込んだファンタジーのアニメ映画をご紹介します。

アニメでしか再現することのできない詳細な描写に注目です。

 

楽園追放 -Expelled from Paradise-(2014年)

 

「全身の骨で感じるんだよ!」

 

楽園追放-Expelled from Paradise- 1
(C)東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサエティ

 

「楽園追放 -Expelled from Paradise-」は、「魔法少女まどか☆マギカ」を生み出した虚淵玄さんが脚本を務めているSF映画です。

シナリオは完全オリジナルで、フル3Dアニメーション作品になっています。

 

ナノハザードによって地球は荒れ果て廃墟と化した世界。

西暦2400年、大半の人類は肉体を捨て、電脳世界ディーヴァで生活をしています。

 

ディーヴァは電脳世界なので、生身の体は必要ありませんが、ディーヴァの演算リソースは有限。

割り振られるメモリはそのパーソナリティの能力によって上下し、有能な人には優先的にメモリが割り当てられるシステムになっています。

 

主人公のアンジェラはディーヴァの平和を維持する保安官。

彼女たちはディーヴァの平和を守ることで、その見返りとして多くのメモリを割り当てられているのです。

 

そんなディーヴァですが、ある日謎のハッキングを受け、アンジェラは原因解明のため地球に降下することに。

地球に降下する際には、マテリアルボディという生身の体を生成しています。

初めは慣れない肉体に戸惑い、さっさと任務を終わらせたいと思っていたアンジェラ。

しかし、地上で相棒となったディンゴや地上で暮らす人々と交流するうちに、自分がしてきたことに関して疑問を持つようになります。

 

「楽園追放 -Expelled from Paradise-」は、今現在私たちが生身で感じていることの素晴らしさや、自分が人であることの定義や意味をあらためて考え直す機会を与えてくれる作品です!

SF作品が好きな人にはぜひ一度見てもらいたいです。

ちなみに、Amazonプライムでも配信されているのでプライム会員の人は手軽に視聴することができますよ!

 

おおかみこどもの雨と雪(2012年)

 

「しっかり生きて!」

 

(c)2012 「おかみこどもの雨と雪」製作委員会

 

細田守監督が自ら脚本も手がけたオリジナルアニメ映画で、「親子」がテーマになっています。

また、本作は海外でも好評で、フランスにおいてはディズニーやピクサー作品とは一線を画すアニメ映画とまで言われています。

 

女子大生の花は、19歳で「おおかみおとこ」と出会って恋に落ち、後に二人の間には「おおかみこども」の雨と雪が生まれました。

本作は、半分狼で半分人間のおおかみこどもの姉弟が成長して自立するまでの13年間を描いた作品です。

 

将来的に子供を産みたいと思っている女性には絶対に見て頂きたいアニメ映画となっています。

もちろん、男性も感動すること間違いなしです。

 

おおかみこどもの成長過程で苦悩する母親の姿。

おおかみとして生きるか、人間として生きるかの二つの選択を迫られる子供たち。

作品を通して、「母親の愛」が直接的に伝わってくるような、心温まる作品でした。

このアニメ映画を見た後は、無性に親孝行をしたくなりますね。

とにかく、涙無くしては見ることはできません。

 

イヴの時間 劇場版(2010年)

 

「当店内では人間とロボットの区別をしません。ご来店の皆さまもご協力ください。ルールを守って楽しいひと時を。」

 

イヴの時間 劇場版(2010年)
(c)2009 / 2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

 

『イヴの時間 Are you enjoying the time of EVE ?』というタイトルのアニメ作品が、2008年にインターネット上で公開されました。

各話15分のファースト・シーズンが6話あり、それらを編集したものがアニメ映画版になりました。

 

舞台設定は「未来、たぶん日本。“ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」です。

人間とアンドロイドが共存する世界を描いているSFアニメ映画となっています。

 

アンドロイドの見た目は人間と何ら差異がなく、違うを区別するのはアンドロイドの頭上にあるリングです。

人間の仕事はアンドロイドによって代替されていき、社会ではアンドロイドに依存をする「ドリ系」という人々が増えていきました。

 

そんな中、「イヴの時間」という人間とロボットを区別しないことをルールにした喫茶店に主人公の向坂リクオが迷い込みます。

そして、人間とロボットの垣根がないイヴの時間を軸に物語は進んでいきます。

 

近未来的SFで、実際にロボットが実用化されて人間の仕事を奪う時代も遠くないはず。

人間のこれからや、ロボットとの共存について、色々と考えさせられるアニメ映画となっています。

 

カラフル(2010年)

 

「今日と明日は全然ちがう。明日っていうのは今日の続きじゃないんだ。」

 

カラフル(2010年)
(C)2010 森絵都/「カラフル」製作委員会

 

直木賞作家である森絵都の小説『カラフル』が原則で、それをアニメ映画化した作品となっています。

監督を務めたのは原恵一で、『クレヨンしんちゃん』シリーズの劇場版や『河童のクゥと夏休み』を担っていたことでも有名です。

 

あらすじは死んだはずの主人公の「ぼく」が、プチプラという天使に「抽選に当たりました!」と言われるところから始まります。

一度は死んでいるけれども生まれ変わりのチャンスを与えられるのです。

 

そして、主人公の「ぼく」は「小林真」という男子中学生に生まれ変わり、新たな生活を送り始めることになります。

「小林真」として人生をやり直したは良いものの、そこには様々な困難が待ち受けているのです。

続きは本作でご覧ください。

 

ファンタジーアニメ映画ではありつつも、扱っている題材が多岐に渡ります。

援交、不倫、いじめ、自殺、家庭崩壊など、軽い気持ちでは観ることの出来ない重いテーマがのしかかります。

 

本作を見れば、人生を前向きに生きるヒントが得られるはず!

人生をカラフルに生きられるようになる、そんな作品です。

 

パプリカ(2006年)

 

「いつでも自分が正しいわけじゃないでしょ。」

 

パプリカ(2006年)
(c)2006 MADHOUSE / Sony Pictures Entertainment(Japan)Inc

 

筒井康隆による小説が原作で、今敏が監督を務めてアニメ映画化された作品です。

パプリカのキャッチコピーは「私の夢が、犯されている―/夢が犯されていく―」

 

キャッチコピー通り「夢」にまつわるお話です。

パプリカと呼ばれているヒロインの千葉敦子は、「DCミニ」という夢を共有する道具を使うサイコセラピストです。

しかし、ある日そのDCミニが盗まれてしまい、何者かによって夢に介入されて悪夢を見せられ、精神崩壊者が続出するという事案が発生します。

事件を巻き起こした犯人を捕まえるために、パプリカが奔走するお話です。

 

このパプリカというアニメ映画、何といっても世界観が圧倒的にすごいです。

人の夢というどんなことも起きうる空間を詳細に描き切っています。

 

初めて見た場合は何が何だかわからないという方がいるかもしれません。

それほどにユーモアに富んだアニメ映画です。

 

攻殻機動隊 GHOSTINTHESHELL(1995年)

 

「そう囁くのよ私のゴーストが」

 

攻殻機動隊 GHOSTINTHESHELL(1995年)
©1995士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT

 

攻殻機動隊の世界は21世紀、科学技術が飛躍的に高度化した日本が舞台となっています。

その中で脳の神経ネットにデバイスを直接接続する電脳化技術や、義手・義足にロボット技術を付加したサイボーグ技術が発展、普及しました。

結果、多くの人間が電脳によってインターネットに直接アクセスできる時代が到来します。

 

テロや暗殺、汚職などの犯罪を事前に察知してその被害を最小限に防ぐ内務省直属の攻性公安警察組織「公安9課」の活動を描いた物語。

劇場版『攻殻機動隊GHOSTINTHESHELL』は漫画の「人形使い」のエピソードが題材となっています。

他人の電脳をハッキングして人形のように操る国際手配中の凄腕ハッカー、通称「人形使い」が入国したとの情報を受け、公安9課は捜査を開始するも人形使い本人の正体はつかむことが出来ません。

そんな中、勝手に動き出す義体が運び込まれ調べてみると、生身の脳が入っていないはずの義体にゴーストのようなものが宿っていた。

 

1995年に公開されたこの作品は、2017年に公開されたハリウッド版と映画のタイトルが同じですが、ストーリー自体は別のものとなっています。

ハリウッド版でも吹き替えはアニメと同じ声優陣が起用されているので、そちらもチェックしてみてください。

 

押井守が監督を務めたこの生品は「マトリックス」のウォシャウスキー姉弟や「タイタニック」「アバター」のジェームズ・キャメロンなど、数多くのクリエイターに影響を与えたとされる作品です。

SF好きの人にはぜひ一度見てもらいたいアニメ映画となっています。

 

 

アクション/バトルのアニメ映画

 

躍動感のある動作や戦闘シーンを主体とした、アクションやバトルのアニメ映画をご紹介します。

アドレナリンが放出されるような作品がいっぱいです。

 

Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower(2017年~)

 

「もし私が悪い子になったら先輩は叱ってくれますか?」

 

Fate/stay night[Heaven's Feel]1
(C)TYPE-MOON・ufotable・SFNPC

 

聖杯をめぐり戦う聖杯戦争が起きて10年、冬木市で再び戦争が始まった。

聖杯とは手にした人の願いを叶えるもので、前回の聖杯戦争の参加者である衛宮切嗣の養子、衛宮士郎は遺志を継ぎ戦うことを決意します。

 

「Fate/stay night [Heaven's Feel]」は、2004年にTYPE-MOONから発売されたノベルゲームが原作の作品です。

ゲームでは選択肢によってルートが分岐し、セイバー、凛、桜とそれぞれ中心となる人物が存在します。

 

今回の劇場版のヒロインは間桐桜。

彼女は士郎を慕う後輩の女の子で、士郎の友人である間桐真二の妹でもあります。

凄惨な過去を持ちながらも、士郎と生活を共にすることで徐々に人間らしさを取り戻していきます。

 

制作はufotableが担当しており、作画は流石と言わざるを得ません!

劇場版なので、テレビアニメシリーズとはまた異なった雰囲気を持った作品に仕上がっています。

 

筆者はヒロインの中で一番間桐桜が好きなので、映画化が決まったときは嬉しくて飛び上がりました。

こういった複数のルートが存在するゲームで、すべてのルートが映像化されるのは珍しいと思いますが、それだけFateシリーズが人気であることが伺えますよね。

 

Fateシリーズは作品数が多いため、どこから見ればいいのかわからないという人もいるかもしれません。

今作品は「Fate/stay night」の中の一つのルートなので初見でも大丈夫!といいたいところですが、やはりテレビシリーズの「Fate/Zero」や「Fate/stay night」等を見て一通り理解してから視聴することをおすすめします。

 

劇場版ソードアートオンライン オーディナルスケール(2017年)

 

「あともう少しで、あの約束を…」

 

ソードアートオンラインオーディナルスケール1
(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

 

「ソードアートオンライン」は小説が原作となっているアニメ。

テレビアニメシリーズは現在第2期まで放送されていますが、3期の放送を待ち望む声が多い人気作品となっています!

 

テレビアニメ1期において、主人公のキリトを始めとするプレイヤー達は、フルダイブ型のゲーム「ソードアートオンライン」の世界に閉じ込められログアウトできない状況に。

ゲームで死ねば現実でも死ぬ、ゲームをクリアするまでは現実に帰ることができないという最悪の事件に巻き込まれます。

キリトはそんな精神を削られるような環境でも、アスナや仲間たちとあきらめず前へ進みます。

 

劇場版は現実世界に戻ってきたその後の彼らのお話になっています。

アニメシリーズとは対比するような形でAR(拡張現実)を用いたゲームが登場。

AR技術を用いたゲームなので、今までのゲームとはまた異なる雰囲気のバトルシーンが楽しめます!

 

「ソードアートオンライン」シリーズの面白いところは、MMORPGゲームが舞台かと思えば、FPSやARなど様々な種類のゲームが登場し、その都度ゲームに合わせてストーリーが展開されていくところにあります。

いつもは最強のキリト君も、今回のARのゲームでは実際に体を動かす動作に少し戸惑う場面もあって、テレビシリーズでは見れなかった新しい彼の一面を知ることができます。

 

ゲームイベント内に登場するキャラクターのユナは、声優に神田沙也加さんが起用されています。

神田沙也加さんといえばアナと雪の女王でもその美声を披露してくれましたが、今回はARアイドルとして登場!

劇中ではなんと計6曲も歌ってくれます。

楽曲は梶浦由記さんが提供していて、オーケストラをふんだんに使用したかっこいい曲から、切ない曲まで盛りだくさんの内容になっています。

 

AR技術はすでに現実でも色々登場しているので、こんなゲームが出たら楽しそうだなと率直に思いました。

テレビシリーズを視聴している方がより楽しめると思うので、1期だけでも視聴するのをおすすめします。

 

傷物語(2016年~2017年)

 

「血にして、熱血にして、冷血の吸血鬼じゃ。」

 

傷物語 1
(C) 西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

 

西尾維新の小説、「物語シリーズ」は本来メディアミックス不可というコンセプトで作られた作品です。

しかし、「魔法少女まどか☆マギカ」などを生み出したシャフトが世界観を損なわずテレビシリーズを制作し、大人気のアニメとなりました!

西尾維新の作品は言葉遊びが多く、回りくどい表現が特徴的なのですが、そこがまた癖になります。


基本的に、物語シリーズは主人公の阿良々木暦(あららぎこよみ)が”怪異”を背負う女の子たちと出会い、問題を解決していくストーリーです。

怪異は日本の民間伝承をモチーフとしていて蟹や鬼、不死鳥など様々です。

 

今回の「傷物語」は阿良々木暦が吸血鬼となったお話。

忍野忍もとい、キスショット・アセロラオリン・ハートアンダーブレードと出会う春休み。

阿良々木が彼女に出会わなければ、その後のお話も生まれなかったということになります。

 

今までに物語シリーズを見たことない人も、時系列でいうと一番初めの事件にあたる作品なので安心してください。

ちなみに、暦に思いを寄せている羽川翼も「傷物語」では重要な人物として登場しています。

 

今作は劇場版ということで、シャフトの本気が見られます!

テレビシリーズでも十分クオリティが高い作品なのですが、「傷物語」はさらに作画の綺麗さがパワーアップしています。

 

死亡寸前だったキスショットを助けるために吸血鬼になった暦。

奪われた彼女の体を取り戻し人間に戻るため、バンパイアハンターと戦います。

吸血鬼になった暦の再生力はとんでもなく、いつもよりもグロテスクな表現がきつくなっているので苦手な人は注意しましょう。

 

「PERSONA3 the Movie」(2013年~2016年)

 

「滅びの時は、確実に迫っている。止める事は出来ない」

 

劇場版「PERSONA3 the Movie」 1
(C)ATLUS ©SEGA/劇場版「ペルソナ3」製作委員会

 

原作はアトラスからリリースされたゲーム「ペルソナ3」で”死”をテーマとしています。

ゲームはプレイステーション2版とPSP版が発売されていて、音楽やUIなどがとてもスタイリッシュでおしゃれな作品でもあります。

 

主人公は月光館学園に転校してきた男の子、結城理(ゆうきまこと)。

ペルソナという特殊な能力を持っているため、同じようにペルソナを使える特別課外活動部のメンバーと共に過ごすことに。

 

実は「ペルソナ3」の世界では24時間だけではなく、影時間というものが存在します。

影時間は通常ペルソナ使いしか活動することができませんし、シャドウという異形の怪物がはびこる危険な場所に変わってしまいます。

 

不思議なことに、理が通う学園は影時間になるとタルタロスという塔へ姿を変えます。

現実では無気力になり生きることさえ放棄する人たちが増え始め、その原因を突き止めるために、主人公達はタルタロス探索を行うことに。

 

主人公は非常にクールなキャラクターで、石田彰さんの声がマッチしています。

周りに流されがちで、あまり物事に興味を持てずどこかあきらめたような生き方をしていた主人公。

ただ、根っこの部分は人間が好きで、人と関わり絆を深めることでどんどん成長していきます。

 

ペルソナを召喚するためには、自分のこめかみに銃をあて引き金をひく動作が必要なのですが、その動作がいい感じにオタク心をくすぐってきますよ!

筆者は、自分が影響を受けたゲームを挙げてくださいと言われれば、三本の指に入るほど「ペルソナ3」が好きです。

原作のゲームはやりこみ要素が多く、プレイ時間が余裕で100時間を超えてしまうので、内容は知りたいけどゲームをやる時間はないという人にもおすすめの映画です。

 

バケモノの子(2015年)

 

「胸ん中の剣があるだろうがよ!ここんとこによ!胸ん中の剣が大事なんだよ!」

 

バケモノの子(2015年)
(c)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

 

これまで『時をかける少女』、『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』の監督を務めてきた、細田守によるアニメ映画の第4作です。

バケモノたちの世界である渋天街を舞台に、師弟の絆を描いた心温まるアニメ映画となっています。

 

少年の蓮は不遇の身となっていました。

離婚により父親と別れ、親権を持っていた母親は交通事故により他界。

親戚に養子として引き取ってもらうものの、我慢ならず一人で逃げ出してしまいました。

行くあてもなくただ渋谷の街をさまよっていたところ、バケモノである熊獣人の熊徹と出会ったのです。

 

熊徹はとある理由で弟子を取らなければならなかったため、蓮をバケモノの世界に引き連れ弟子として扱うことにします。

こうして、蓮あらため九太は熊徹と共同生活をしながら修行の日々が始まるのです。

 

本作を見ると、自分の中に一本の剣ができるはず!

大切な何かを思い出させてくれる、そんなアニメ映画です。

 

サマーウォーズ(2009年)

 

「よろしくお願いしまあああああす!!!」

 

(c)2009SUMMERWARSFILMPARTNERS

 

細田守監督が担当した初めてのオリジナルアニメ映画で、主に『時をかける少女』のスタッフが制作しました。

作品のキャッチコピーは「これは新しい戦争だ。」「つながりこそが、ボクらの武器。」です。

 

物語の舞台は長野県上田市で、日本の原風景が広がる田舎となっています。

それに加えて、高度に発達したインターネットや技術力を持った人物も登場してきて、SF要素も織り込まれています。

 

高度に発達したインターネットとは、仮想世界OZ(オズ)というものです。

オズではユーザーが自分のアバターを操り、日常生活のありとあらゆることができるようになっていました。

 

しかし、そのオズが主人公健二が原因で謎の人工知能に乗っ取られることになってしまい、オズ内だけに止まらず、現実世界にも多大な影響を及ぼすことになります。

本作は謎の人工知能からオズを奪い返すために健二や高校の先輩である夏希とその家族が奮起する物語です。

 

アクションあり、近未来的要素あり、家族の絆ありと一見難しい要素の組み合わせですが、それらが見事にマッチした映画作品になっています。

夏といえば、サマーウォーズ!今夏は是非見て頂きたいです。

 

ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー + 冬に咲く、奇跡の桜(2008年)

 

「人はいつ死ぬと思う...?心臓を銃で撃ち抜かれた時...違う。不治の病に冒されたとき...違う。猛毒キノコのスープを飲んだ時...違う!!!...人に忘れられた時さ...!」

 

ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー + 冬に咲く、奇跡の桜(2008年)
(c)「2008 ワンピース」製作委員会

 

大人気漫画である『ONE PIECE』のチョッパー編をアニメ映画化したものです。

本作品は第32回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞しています。

 

物語は麦わらのルフィ一味が航海をしている時、仲間のナミが高熱で倒れてしまうところから始まります。

ナミの高熱を助けるため、一味は医療大国と言われている「ドラム王国」へ行くことに。

 

ドラム王国で医者を探すことになったルフィ達は、王国には「ドクターくれは」と呼ばれる老婆しか医者がいないことを知る。

そして、ドクターくれはの住んでいるところは雪山の頂上。

ルフィは命の危険があるナミを担いでドクターくれはの家に向かいます。

 

その後はチョッパーのこれまでの人生や、ルフィ一味に加わるまでが描かれています。

チョッパーの恩師との出会い、別れ、そして恩師の願い。

物語のクライマックスには涙腺が崩壊してしまうこと間違いなし。

 

ワンピースのアニメ映画はいくつも泣けるものがありますが、筆者はチョッパー編が一番好きです。

是非観てください!

 

鉄コン筋クリート(2006年)

 

「クロの無い所のネジ、シロが持ってる。シロがみんなもってる。」

 

(C)2006松本大洋 小学館、アニプレックス、アスミック・エース、Beyond C

 

松本大洋原作で、1993年に「ビッグスピリッツ」で連載されていた漫画がアニメ映画化されたものです。

架空の街である「宝町」で、主人公の少年クロとシロの冒険を描いた物語です。

 

少年のクロとシロは何物にも支配されない自由を宝町で手にしていました。

しかし、ヤクザが絡む街の変革が訪れようとしていました。

クロとシロは協力して、そんな荒波に打ち勝つために奮闘していくダイナミックな様子を描写した作品です。

 

作風が独特な世界観なので、観る人の好き嫌いがはっきりとわかれる作品だと思います。

筆者はオリジナリティ溢れるおしゃれなタッチで描かれている絵はどハマりしました。

 

このアニメ映画内には、綺麗なカメラワークがありとあらゆるところで用いられており、観る者に臨場感を感じさせてくれます。

あまりの揺れの激しさに酔ってしまう人もいるかもしれません。

 

内容はやくざも出てくるということもあり、暴力的なシーンや残酷なシーンが満載です。

不道徳な作品が苦手という方にもあまりおすすめはできません。


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2018年04月25日 Petpediaのタイアップ型記事広告をリリース
2017年08月16日 オフィス移転のお知らせ
2017年06月09日 FULL HOUSE運営メディアがRSS配信に対応致しました
2017年03月29日 FULL HOUSE公式メディアが就活アンサーと連携しました
2017年03月01日 株式会社FULL HOUSEが創業1年を迎えました!

タグ一覧

ランキング(35)
転職(49)
面接(32)
就活準備(81)
人事/採用(46)
スマホアプリ(52)
iPhoneアプリ(52)
Androidアプリ(52)
出会い系/婚活/マッチング(35)
恋愛/デート(34)
ゲーム(11)
アニメ(8)
洋楽(4)
映画(4)