Top > キャリア > 転職

失敗したくない女の転職!女性の転職サイト比較、一覧






女の転職というのは男の転職よりも考えるべきことが多いですよね。

例えば、結婚や妊娠・出産等、女性のキャリアに大きな影響を与える人生のイベントがいくつかあります。
それに伴って「結婚しても仕事ができる環境がないか」「子供が生まれても働ける場所がないか」など、女性の転職に関わる考え事が生まれてくることもあるでしょう。

そのため、本記事は転職活動をしている女性や、これから転職をするかもしれない女性の方に見て頂けると幸いです。
決して簡単ではない女の転職を成功させる人が一人でも多く増えることを願っています。

現在では結婚や出産をしても働きたいと考えている女性が増えてきていますので、女性が仕事をする上で”働きやすさ”も重要なポイントになってきています。

働きやすさと言うと広義ですが、もう少し具体的に言うと女性のライフイベントがあったときに会社を休むことができるか、育児休暇をもらえるかなどです。

 

女性の働きやすさを重視して福利厚生に盛り込む企業も増えてきてはいますが、中には女性に対してあまり優しいとは言えない環境もあると思います。

そのような場所で働いている女性は将来のキャリアを考えると転職したいという願望が出てくるかもしれません。

 

しかし、女の転職の場合はどのような転職サービスを使えば良いのかあまりわかりませんよね。

そのため、本記事では女性が転職する前に知っておくべきことや、女性の転職に役立つ転職サービスをご紹介していきたいと思います。

 

 

【女の転職:目次】

 

女性の転職タイミング

女性の「30歳転職限界説」

40代以上の女性の転職

事前に知っておきたい転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトについて

転職エージェントについて

女性の転職サイト比較、一覧

おすすめの女性転職サイト①:女の転職@type

おすすめの女性転職サイト②:とらばーゆ

女の転職:まとめ

 

女性の転職タイミング

 

男より考慮すべき点が多い女の転職。

女性の方であれば特にキャリアプランは入念に考えておいた方が将来のためだと思います。

 

何歳ぐらいで結婚して、何歳ぐらいで子供を産んでという具合に、ライフスタイルが大きく変わるタイミングを見越して取得しておくべき経験や能力を考えるのが良いでしょう。

例えば、結婚しても仕事を続けたいということであれば、万が一のときに転職や独立をしやすいよう他では代替しづらい職能とは何かを考えることです。

経験や能力は後から付いてくるものですが、事前に考えて主体的に取得することができれば効率が良いですよね。

 

また、終身雇用という概念がなくなりかけている現代において、初めて入社した会社で一生働こうと考える女性は多くないと思います。

その場合は転職や独立をすることがある程度前提となってくるため、キャリアステップを自ら進んで考える必要が出てくるのです。

色々な将来の選択肢はあるものの、本記事は女の転職をテーマにしているので、女性が転職をする場合に念頭においておくべきことを記載していきます。

 

現時点で仕事を辞めたいと考えている女性がいれば、下記の記事も合わせてお読みください。

問題を解決する糸口が見つかるかもしれません。

 

※関連記事: 【仕事を辞めたい人へ】仕事を辞めたい状況別の理由とその対症療法

 

 

女性の「30歳転職限界説」

 

結婚

 

女性で働かれている方であれば、一度は聞いたことのある言葉かもしれません。

これは企業目線で言うと30歳以上の女性は積極的に採用しづらいということを表しています。

 

仮に転職志望の女性が企業にエントリーをする際、採用する側として気がかりなことは結婚や妊娠をしたらすぐに会社を辞める可能性がないかということです。

履歴書や 職務経歴書 で30歳以上を見つけてしまうと、そのような考えが一瞬でも頭をよぎる人がいます。

もしも転職を考えている30歳以上の女性で、結婚や出産をしても仕事を続ける意志がある場合は、履歴書や面接を通して予め面接官に伝えておいた方が無難です。

 

上記を踏まえると、30歳以上の方よりも20代の女性の方がまだ転職しやすいという傾向にあります。

女の転職市場において企業のニーズが高いのは、25歳から28歳ほどの女性であると言われています。

 

25歳というのはちょうど第二新卒(新卒から入社3年目まで)が終わる年頃であり、28歳まではあまりライフイベントを気にせずバリバリ働ける人が多いからです。

それ以降の年になると、年齢を重ねていることになるので、それに伴い企業が求める採用基準も高くなってきます。

特に30歳を過ぎると、採用側からはマネジメント能力を問われることも多くなってきており、女性の転職は簡単ではなくなってきます。

 

※合わせて読みたい: 第二新卒って何?第二新卒の転職事情やおすすめの転職エージェント、転職サイトまとめ

 

30歳以上の転職を考えている女性は、第一に転職ではなくその他の選択肢がないかよく考えてみてください。

退職をしなくとも、正社員ではなく業務委託や契約社員として仕事を長期的に続けられるようになったり、正社員でも時短をさせてもらいながら働ける余地は大いにあります。

働き先の会社と転職相談や交渉をしても解決ができない場合は、最終手段として転職活動をするようにした方が良いでしょう。

 

40代以上の女性の転職

 

 

女性の30歳転職限界説でも記載しましたが、30歳から転職のハードルはぐっと上がってきます。

40歳以上となると、さらなる困難が待ち受けていると考えておくようにしてください。

 

英語が堪能であったり、特別な取得を保持していたり、IT系などの専門知識や能力(ITエンジニア、ITコンサルなど)を持っていたりすれば別ですが、目ぼしい経験や能力のない状態で転職をするとなると難易度は高くなります。

 

万が一そのような場合でも、転職しようとする先の業界や業種によっては入りやすいところもあります。

端的に言うと男性の少ない職場です。

例として介護業界や保育業界などがあげられます。

もちろん、あくまで一例ですので、介護や保育業界がおすすめと言っているわけではありません。

 

その他、正社員にこだわらない姿勢が重要となります。

正社員となるとどこも入社ハードルが高くなってしまいますが、業務委託や契約社員となると、正社員と比較してより転職はしやすくなるでしょう。

 

転職先を探す上で、現在は数多くの転職支援サービスが世の中に出回っています。

中でも女性に特化した女性のための転職サービスもありますので、本記事では女の転職のためのツールを紹介していきます。

 

 

事前に知っておきたい転職サイトと転職エージェントの違い

 

転職活動をしている女性であればわかると思いますが、転職支援サービスは大きく転職サイトと転職エージェントの2つに分けられます。

簡単にではありますが、まずは話を進めていく上で大切な転職サイトと転職エージェントの違いから説明していきます。

 

もちろん、各転職サイトや転職エージェントによって独自性はありますが、ここでは一般論として記載します。

これから転職活動を始めようとしている女性は特に見ておいてください。

 

自身が転職サイトと転職エージェントのどちらが適しているかを見極めることが大切です。

どちらか一方を使ってみて絞ったり、併用して活用することができると良いですね。

 

転職サイトについて

 

転職サイト

 

自分のペースで転職活動を行うことのできるツールです。

転職求人を受け入れている企業が掲載されていて、業界・業種・地域などの希望条件で絞りながら検索をすることができます。

 

それぞれの転職求人を出しいている企業の詳細ページを見ながら比較検討をしたり、応募するか否かを判断したりします。

気になった企業には無料で会員登録をした上で、転職サイトから応募をすることができます。

 

転職サイトにはコラムが充実しているケースも多く、例えば転職を成功させるための履歴書の書き方や面接ノウハウなど、転職希望者に役立つ情報が満載です。

空き時間を見つけて転職活動や準備を行える女性の方に転職サイトはおすすめです。

 

履歴書の書き方完全ガイド!志望動機・特技・資格・免許・趣味など例文や見本を交えて解説

 

一方で、企業との面接の日程調整、お金・給与の交渉などはすべて自分自身で行わなければなりません。

また、掲載企業数は非常に多いですが、転職希望者の応募が殺到するような人気企業の求人は公開されていない場合があります。

 

<転職サイトのメリット>

 

・自分のペースで転職活動をすることができる

・数多くの選択肢がある、多いところで10万件を超える求人がある

・自分の転職の市場価値に関わらず、転職希望者であれば誰でも活用することができる

 

<転職サイトのデメリット>

 

・企業エントリーや面接の日程調整、入社条件の交渉をしなければならない

・転職活動にまつわる情報収集を主体的に行わなければならない

・面接のフィードバックをもらうことができない

 

ここまで見るとお分かり頂けるように、転職サイトは自主的に行動をすることができる女性にとって利便性が高いです。

また、隙間時間を効率的に活用できる女性にも良いですね。

  

転職エージェントについて

 

転職エージェント

 

自分に専任のキャリアアドバイザー・キャリアコンサルタントが付いてくれるサービスです。

転職活動をする女性の代わりに、キャリアアドバイザーが手取り足取り教えてくれます。

 

まずは担当のキャリアアドバイザーと面談をして、自分の将来像や会社に求める希望条件などを伝えます。

そして、キャリアアドバイザーは転職希望者に見合った企業を紹介してくれるのです。

 

やってくれるのはキャリア面談や企業の紹介だけではなく、転職活動が上手くいくように徹底したフォローアップを行なってくれます。

また、履歴書の書き方や面接練習・フィードバック、転職市場の最新情報をお届けしてくれるのはもちろんのこと、企業面接の日程調整や入社条件の交渉から入社後のフォローアップまで行なってくれます。

その他、転職サイトには掲載されていないような非公開求人を個別で教えてくれることもあります。


しかし、常にキャリアアドバイザーとやり取りをしないといけないので、自分のペースで転職活動を行うことができません。

時間があまりない女性にとって、転職エージェントの利用は難しいかもしれません。

 

<転職エージェントのメリット>

 

・キャリアアドバイザーが転職活動を成功させるために二人三脚で付いてくれる

・転職サイトには掲載されていない非公開求人にも応募できる可能性がある

・面接のフィードバックをもらうことができ、自分自身の転職ノウハウとして蓄積される

 

<転職エージェントのデメリット>

 

・キャリアアドバイザーとのやり取り上、自分のペースで転職活動を行うことができない

・おすすめされる企業を受ける分、最初から選択肢が絞られてくる

・自分に転職の市場価値がない場合、そもそも紹介してもらえるような企業がない

 

キャリアアドバイザーが付いてくれるということで、客観的に自分の市場価値を把握しながら転職活動を行うことができます。

転職準備に時間をある程度避ける方は、転職サイトよりも転職エージェントが有用です。

 

 

ここまで転職サイトと転職エージェントのメリット・デメリットをお伝えさせて頂きました。

筆者からすると女性の転職希望レベルにもよると思いますが、どちらも時間の許す限り活用して、転職の成功確度を上げることに努めるのが良いと思います。

 

転職が不安な女性の方は転職エージェントをメインに利用しつつ、補助的なツールとして転職サイトを利用するのがおすすめです。

客観的に自分の転職市場価値を理解した上で、自主的に情報収集をしていくのが良いと思います。

 

逆に転職に対してあまり苦手意識のない方は、自発的に転職サイトで企業エントリーや情報収集をしながら、補助的に転職エージェントを併用するのが良いと思います。

時間を取られてしまいますので、場合によっては転職エージェントを利用せずとも転職サイトだけで転職するのも良いです。

 

ここからは、女の転職に特化をした女性の転職サービスを比較しながらご紹介していきます。

ご自身の志向性に合ったツールをご利用くださいね。

 

 

女性の転職サイト比較、一覧

 

万人向けタイプの転職サイトやIT・Webなどの業界業種に特化をした転職サイトなど幅広くありますが、女性の方は女性に特化をした転職サービスを用いるのが良いでしょう。

女の転職に必要な情報が詰まっているものばかりですよ。

 

おすすめの女性転職サイト①: 女の転職@type

 

有名な転職サイトである「@type」を扱っているキャリアデザインセンターが運営している女性の転職サイトです。

名前にはわかりやすく女の転職が付いています。

 

女の転職@typeには忙しい女性に役立つ様々なサービスが備わっています。

 

大きく2つあり、1つは自分に合いそうな企業のリコメンドです。

マッチング情報として自身の働く上での希望条件や職種などの様々な項目を入力しておくと、マッチしている求人があった際にメールでお知らせをしてくれる機能です。

受動的に情報が集まるような仕組みになっていて便利ですね。

 

そしてもう1つは企業からのスカウトです。

スカウト情報として自身の職務経歴やスキルを詳細に記入しておけば、興味を抱いてくれた企業がスカウトをしてくれる機能です。

その際、スカウト情報は匿名で公開されますので、プライバシーの保護をした上で企業にアピールをすることが可能となっています。

 

求人に関しては女性に人気のアパレルやコスメ業界、営業や事務・経理・人事職など幅広く揃っています。

「育児と両立」のような女性ならではの検索条件も充実していて、主体的に企業を探すのにも便利ですよ。

 

 

<転職サイト:女の転職@typeのご利用はこちらから>

女の転職@type

 

 

おすすめの女性転職サイト②: とらばーゆ

 

とらばーゆは人材企業で日本最大手のリクルートグループであるリクルートジョブズが運営している転職サイトです。

特徴としては女性向けの転職サイトとして作られているというところです。

 

アパレル、看護師、薬剤師など幅広い職種が掲載されており、オフィスワークや医療などの事務職も充実しています。

事務・営業・サービスや医療・看護・美容の中でも人気の職種をピックアップしてくれています。

女性の門戸を多く開いている職種が多いため、女性で転職を希望されている方には使い勝手の良い転職サイトです。

 

その他、サイト内の求人検索も「産休・育休取得実績ありのお仕事」や「土日祝休みのお仕事」など、女性に人気の検索条件が用意されていてありがたいです。

転職に成功した女性のインタビュー記事も充実しているため、自身の女性キャリアのロールモデルも見つかるかもしれません。

女性ならではの転職活動ノウハウやコラム記事も多数揃っており、本気で転職したいという女性の見方となってくれます。

 

 

<転職サイト:とらばーゆのご利用はこちらから>

 

 

ここでは女性に特化をした転職サービスのご紹介をさせて頂きました。

しかし、その他にも数多くの転職サービスが世の中にはあります。

網羅的な転職サイトや転職エージェントは下記記事にまとめていますので、興味のある方は女性であっても是非覗いてみてくださいね。

 

人気転職サイトまとめ!おすすめ転職サイトやエージェントの比較、一覧、活用方法

転職エージェントの活用方法とおすすめの人気転職エージェント比較

 

 

女の転職:まとめ

 

これまで女性の転職にまつわることを記載してきました。

男性よりも、予め今後のキャリアを意識した上で働いていくことが必要になってきます。

そして転職活動をする場合も、女性は28歳までに動いておくようにしましょう。

28歳までに自身が望むスキルセットをある程度身に付けておくことも大切です。

 

転職を考えている方は、是非とも女性に特化をした転職サイトから見ていってください。

その中に思うような転職サイトがなかった場合、その他の転職サイト一覧を見て頂けると幸いです。

 

※合わせて読みたい: 転職を考えている人必見!転職の成功確率を上げる"6つ"のコツ

 

 

その他の転職・キャリア関連記事

 

キャリアについて考えよう!キャリアの意味や市場価値の高いキャリアとは

事務への転職を考えている人必見!事務の仕事内容や事務の面接・試験に受かるコツを紹介!

第二新卒って何?第二新卒の転職事情やおすすめの転職エージェント、転職サイトまとめ

【仕事を辞めたい人へ】仕事を辞めたい状況別の理由とその対症療法

履歴書の書き方完全ガイド!学歴・志望動機・特技・資格・免許・趣味など例文や見本を交えて解説

面接のコツをつかめば転職成功率も上がる!面接の流れやコツ、質問や注意点など総解説


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2019年11月13日 株式会社FULL HOUSE、飲食費を支給する「グルメ手当」と美容費を支給する「コスメ手当」を導入
2019年09月17日 FULL HOUSE運営メディアに「ページトップへ戻るボタン」が追加されました
2019年03月19日 株式会社FULL HOUSE、キングソフト株式会社が運営するポータルサイト「StartHome(スタートホーム)」と提携し記事配信をスタート!
2019年01月07日 より可愛く、より美しくなりたい女性のための総合情報メディア「torothy」をリリース
2018年11月20日 食・グルメの総合情報メディア「はらへり」のタイアップ型記事広告をリリース

タグ一覧

ランキング(36)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)