Top > キャリア > ライター

ライター志望に送る!ライターを募集しているメディアまとめ【随時更新】






FULL HOUSEはペットメディア・旅行、観光メディア・グルメメディアのメディアプラットフォームを運営している企業ですが、日本には素晴らしいメディアを運営されているたくさんの企業様がいらっしゃいます。

また、そういったメディアを受け皿として記事を寄稿するライターの方もたくさんいらっしゃいます。

既にライターであったり、これからライターとして活動したいと考えている方に向けて、本記事ではライターを募集しているメディアをまとめていきます。

ライターの選択肢を増やす一助となれば幸いです。

【目次】

 

ライターを募集しているメディアまとめ:はじめに

 

ライター募集に際しての見極めポイント

①信頼できるメディアか

②報酬は妥当か

③ライターとしての選択肢が広がるか

 

採用担当者がライターを見極めるポイント

①信頼できる人間か

②報酬に納得してくれるか

③ライターの方の将来像にマッチしているか

 

ジャンル別、ライターを募集中のメディア一覧

 

ペット・動物系メディア

PECO

Tsunayoshi

PETomorrow

 

旅行・観光系メディア

TABI LABO

TABIPPO

itta

 

グルメ系メディア

macaroni

えん食べ

favy

 

エンタメ系メディア

ROCKET NEWS 24

grape

しらべぇ

 

女性系メディア

by.S

ハウコレ

女子カレ

 

WEB、ビジネス系メディア

ZOO online

TechCrunch Japan

#mayonez

 

 

ライターを募集しているメディアまとめ:はじめに

 

こんにちは、FULL HOUSE 取締役COOの 加瀬 です。

 

私はFULL HOUSEでライターの方の採用や育成を役割の一つとして担っているのですが、普段ライターの方と話していて思うのは、そもそも受け皿としてどのようなメディアが存在しているのか認識されていないことがあるということです。

そのため、ライターの方がどこのメディアに応募すれば良いのか迷われてしまうことが多々あるようです。

 

※そんな中、たまたまFULL HOUSEの Petpedia(ペットメディア) TABI CHANNEL(旅行、観光メディア) はらへり(グルメメディア) をはじめとするメディアプラットフォームを目にして頂いて、今現在ライターとして活躍してくださっている方々には本当に感謝しています。気になる方がもしいらっしゃればいつでもご連絡ください!

 

FULL HOUSE ライター募集詳細

 

今回は、そんなライター志望の方(もちろん現役ライターの方でも)が本記事を見ればある程度どのようなメディアがあるのか把握できるように、ジャンル別にメディアをご紹介していきます。

やはり執筆する記事のジャンルやテーマを切り口にライター応募する方が多いですからね。

 

あと、私自身ライターもしているのでライターの方のお気持ちは少しでもわかっているつもりです。

運営メディアでも数多くの記事を執筆してきましたが、例えば下記のような記事があります。

 

・Petpedia(ペットペディア)

飼いやすい猫60種類!人気の猫はどの種類?

飼いやすい犬60種類!人気の犬の種類を体重別に

アメショーことアメリカンショートヘアの性格、値段、飼い方

 

・TABI CHANNEL(タビチャンネル)

君の名はのネタバレ、あらすじ、聖地巡礼地まとめ

【聖地巡礼】けいおんの舞台!滋賀県の「旧豊郷小学校」に行ってみよう!

鎌倉のおすすめ観光、デートスポット10選

 

・はらへり

渋谷カフェでデートするなら!渋谷のおしゃれカフェ29選

渋谷ラーメンの名店36選

池袋ラーメンの名店24選

 

他にもまだまだご紹介したいですが、長くなるのでこのぐらいにしておきます。

このように自分自身がライターの役割も担っている中で、まずはライターの方に取引先を見つける上で注意しておいた方が良いと思うことを記載しておきます。

 

 

ライター募集に際しての見極めポイント

 

ライター募集

 

①信頼できるメディアか

 

このポイントに関してはあげればキリがないと思いますが、実際にメディアの記事を読んでみて信憑性のあるものかどうか、しかるべき画像の引用の仕方をしているかなど、運営メディアの方針を垣間見ることができるところは多々あります。

また、事前にメディアを調べた上で、面談なり電話なりの対話を通じてメディアの採用担当者も信用できるか否かの判断をして頂いた方が良いと思います。

 

あくまで個人的な意見ですが、ライターで特に在宅を志望する方はあまり相手に対して思っていることを強く言えない方が多い印象です。

そのために、メディア側に劣悪な扱いやとんでもなく低い報酬で仕事を引き受けたりする人を何人か見てきています。

 

やりたくないことはやりたくない、客観的に間違っていることは間違っていると言えるようになると良いですね。

もちろん対面では難しくとも、テキスト上でのやり取りが最低限のことを言えるようになれれば良いと思います。

心優しい人が損をする社会は見ていられないので。

 

②報酬は妥当か

 

在宅であれば1記事毎にいくら、出勤であれば時給制がほとんどだと思います。

弊社が在宅ワーク可能なライターのお仕事を募集しておりますので、前者の記事毎に報酬をもらっているライターの方と出会うことが多いです。

 

そのようなライターの方は、メディアと直で契約する以外にもクラウドソーシングを活用して仕事を請け負っていることがあり、話を聞くと単価は平均0.5円ほど。

仮に1000文字の記事を執筆した場合には報酬が500円ということになります。

 

1記事毎の文字単価が自分の能力や経験によって妥当かどうかを判断することは意外と大変だと思いますので、3つほど興味のあるメディアの採用担当者とお話をして比較検討できると良いですね。

 

時給制であればより報酬は上がることになるかもしれませんが、拘束時間が出てくるので働く自由度が絶対的に減ります。

ただ、対面で社員とコミュニケーションが取れるのでわからないことをすぐに解消できるというようなメリットもありますよね。

 

③ライターとしての選択肢が広がるか

 

これはいくつかの観点があると思います。

例えば、多くの人に見られているメディアのライターになることで個人の名前を売り込んだり、ゆくゆくは正社員として登用してくれる道があったり、どのような環境に行ってもライターとして活躍できるスキルを身に付けたり。

 

個人的にはどこでもライターとして活躍できる能力(SEOや業務にプラスアルファとなる知識や記事執筆力など)が重要かなと思ったりしますが、考え方は人それぞれなので、自分の思い描く将来像と照らし合わせ、どのような点を得られるメディアにするべきなのかを見極めることが大切だと思います。

 

 

ライター志望の方には上記のことも踏まえながら見ていって頂きたいです。

それに加え、もう一つ重要な観点としてライターを採用する側の私が、何を基準にライターを採用しているのか、面談時にどのようなところを見ているのかをお伝えします。

これからライター募集に対して応募しようとしている方には参考までにご覧頂けると幸いです。

 

 

採用担当者がライターを見極めるポイント

 

ライター募集、面接

 

これはあくまで私がライターの方と面談するときに重要視しているポイントですので、一概にどの企業にでも当てはまるということは断言できません。

しかし、私からすれば5年以上人材畑におりますので、これから申し上げる基準を満たしていればライターとして採用してくれる企業は多いと思います。

 

①信頼できる人間か

 

まずは履歴書を拝見して過去の執筆活動や実際に書いた記事を見せてくださる方は多く、それらは非常に重要な情報源となります。

ただし、過去の実績や今現在の能力・経験に関しては一番大切なことではありません。(ここ非常に重要です)

 

履歴書はあくまで応募してきたライターの方の人となりを判断するための一材料なので、採用担当者に「会いたい」「話したい」と思わせられたらまずは良いと思います。

ここでは採用担当者にウケる履歴書の書き方やそのテクニックを記載するわけではなく、より本質的なことについて言及します。

そのため、履歴書を通過し採用担当者と実際にお会いしたり、電話等で話をする機会を得られたシチュエーションを想定しながら記載していきます。

 

採用担当者がライターを見る上で何が一番大切なのかと言うと、本項目である「信頼できる人間か」否かというところです。

私が応募してきたライターの方を信頼できる人間かどうかを判断する際は、下記のような点を見ています。

 

<ライターを信頼できる人間か見極めるポイント1:礼儀>

 

ここは数値では測ることのできない抽象的な言葉になってしまいますが、「人として当たり前のことができるか」ということです。

わかりやすくイメージをお伝えすれば、18:00から面接の約束をしていたのに、遅れるという事前共有なしに18:05になって平然と待ち合わせ場所へ来たり、その上5分遅れたことに対して何も悪びれる様子がなかったりする方が例として上げられます。

 

このようなことをされると、仮にライターとしてお仕事を任せた場合「事前に遅れるという報告もなしに納期を過ぎて記事を提出してきたりするのではないか」という懸念が頭をよぎります。

そう思った場合は過去に実績があったり能力や経験が高かったとしても、人間的に信用はあまりできませんので面接・面談時の評価は下がります。

礼儀をわきまえた言動を心がけるようにしましょう。

 

<ライターを信頼できる人間か見極めるポイント2:コミュニケーション能力>

 

これまた抽象的なワードが出て来ました。

技術者を採用するとき以外はどうしても基準は抽象的なワードになってしまいます。

できる限り抽象的な言葉もわかりやすく具体例を出して表現していきます。

 

ここで言うコミュニケーション能力とは、「ストレスなく会話できるか」ということです。

例えば、採用担当者の質問に対して回答をしてこなかったり、延々と一方的に話をし続けられたりしたらストレスが生じますよね。

相手と言葉のキャッチボールを心がけるようにしましょう。

 

<ライターを信頼できる人間か見極めるポイント3:コミットメント力>

 

よく使われる言葉になってきましたが、簡単に訳すと「責任をもって関わり合うこと」を意味します。

ライターの方に置き換えると「定期的に記事執筆できるか」ということです。

 

採用してから全く仕事をしてくれないのであれば意味がありませんからね。

具体的にどれほどの時間を記事執筆に割けるかどうかや、最低どれほどの期間ライターとして活動できるのかをお聞きします。

ライター募集に応募してくる場合は、あらかじめライターとしての活動時間を確保しておくようにしましょう。

 

②報酬に納得してくれるか

 

お金の話は必ずどれほどお渡しできるかという範疇は事前にお伝えさせて頂いております。

また、弊社の場合は所属しているライターの方がどれほど稼いでいるかもお伝えしています。

 

弊社には他企業に在籍しているライターの方も多く、私としては他企業よりも多くの報酬をお渡しできるようにライターの方とコミュニケーションをとっています。

その上で、もらう金額感に納得して頂けないと一緒に働くことはできません。

 

もし報酬に納得できない場合は、事前に「これだけのことをやるので最低これほどの報酬はください」というような交渉が採用担当者に対してできると良いですね。

建設的にお金の話ができる方が望ましいです。

 

③ライターの方の将来像にマッチしているか

 

せっかくライターとして活動して頂けるのであれば、ライターの方の将来に弊社が役に立てるようでなければならないと思います。

例えば、ライターの方が「将来的に自分でブログやメディアを作って収益を出せるようにしたい」というのであれば、それに伴って必要な知識を供給するように弊社としては務めます。

 

このように、ライターの方が目指す方向性に弊社がお力添えできるようでなければお互いのためにならないと思っています。

もしそうでなかった場合、ライターの方の働くモチベーションも一定に保たれませんよね。

お互いにとってwin-winとなるような関係の構築を目指します。

 

 

ジャンル別、ライターを募集中のメディア一覧

 

これまで採用担当者目線で、ライターの方を見極める上で重要な要素を洗い出させて頂きました。

勘の良いライターの方はお気付きになられたかもしれません。

 

そうです。「ライターがメディアを見極めること」と「採用担当者がライターを見極めること」は同じような目線なのです。

この目線が、どちらが優位という関係性ではなく、対等であることを物語っていると思います。

ライターもメディアを選びますし、メディアもライターを同様に選ぶということですね。

 

前置きが長くなってしまい大変申し訳ありませんが、ライターの方はこれまでお伝えしてきたメディアの見極めポイントやメディアの採用担当者の目線を踏まえて、ご自身にあったメディアを探していってほしいと思います。

本題に戻りますが、今回はライターを募集しているメディアをまとめていきます。

 

中には既に知っているメディアの名前や、実際に働いたことのある・働いているメディアもあるかもしれません。

「こんなメディアもあるんだ!」というような発見がライターの方にあれば、私としては嬉しいです。

 

早速メディアのご紹介をして参りますので、気になるメディアがあれば是非コンタクトをとってみてください。

(もちろん、弊社メディアに興味を持って頂いた方は私が責任を持って対応させて頂きますよ!)

それでは順に見ていきましょう!

 

 

ペット・動物系メディア

 

PECO

 

 

すべてのペットを愛する飼い主さんの「ペットとの毎日がもっと楽しくなる」世界を作りたいという想いで運営されているメディアです。

 

 

Tsunayoshi

 

 

犬との暮らしを楽しむ人のための、犬との毎日が豊かになるような情報がまとまっているメディアです。

 

 

PETomorrow

 

 

ペットとの生活をより楽しく充実させるためのノウハウをお届けしてくれるメディアです。

 

 

旅行・観光系メディア

 

TABI LABO

 

 

世界中で起きているあらゆるトピックを扱っているメディアです。

 

 

TABIPPO

 

 

世界一周を経験したバックパッカーが、世界一周旅行に必要な準備やおすすめの絶景などをご紹介してくれているメディアです。

 

 

itta

 

 

旅好きライターが実際に行った場所を紹介してくれるメディアです。

 

 

グルメ系メディア

 

macaroni

 

 

食に関する情報や、簡単に作れる料理レシピなどが集まっているメディアです。

 

 

えん食べ

 

 

美味しい食べ物やレストラン、コンビニの新商品などを届けてくれるメディアです。

 

 

favy

 

 

全国の美味しいお店に関する情報が集まっているメディアです。

 

 

エンタメ系メディア

 

ROCKET NEWS 24

 

 

海外のニュースや面白ニュース、編集部の取材記事など見ていて思わず笑ってしまう情報が盛りだくさんなメディアです。

 

 

grape

 

 

心に響く動画や画像を中心に、日々コンテンツを提供してくれるメディアです。

 

 

しらべぇ

 

 

気になることを大調査してくれたり、話題になっているニュースを独自の視点で深堀ってくれるメディアです。

 

 

女性系メディア

 

by.S

 

 

忙しい女性のために、隙間時間で知っておきたいお得な情報をまとめているメディアです。

 

 

ハウコレ

 

 

女の子のために、恋愛やメイクのハウツーを共有してくれるメディアです。

 

 

女子カレ

 

 

女の子の体の悩みやゴシップ、ネイルデザインに至るまであらゆる情報をお届けしてくれるメディアです。

 

 

WEB、ビジネス系メディア

 

ZOO online

 

 

金融情報を中心にお届けしてくれるメディアです。

 

 

TechCrunch Japan

 

 

テック業界、スタートアップ業界の情報に特化したメディアです。

 

 

#mayonez

 

キャリア、ビジネス、テクノロジーと幅広い情報を扱っているメディアです。

 

 

ここに掲載されていないメディアで、掲載をご希望の企業様はお気軽に お問い合わせ よりご連絡くださいませ!

加瀬のtwitter にメッセージを頂くかたちでも大丈夫です。

 

 

ライター募集をしているメディアまとめ:おわりに

 

それぞれのジャンルでメディアをご紹介させて頂きました。

本記事をもとに、ライターの方が新たな一歩を踏み出すことになれば私としては嬉しいです。

 

FULL HOUSE ライター募集詳細

 

また、弊社でもライターは絶賛大募集しておりますので、ライター志望の方は下記をチェックしてみてください。

もし弊社メディアのライターをやって頂くことがあれば、私とメインでやり取りをさせて頂くことになります!

 

どしどしご応募ください!


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2017年03月29日 FULL HOUSE公式メディアが就活アンサーと連携しました
2017年03月01日 株式会社FULL HOUSEが創業1年を迎えました!
2017年02月13日 TABI CHANNELが多言語対応しました
2017年01月09日 【祝】Petpedia のFBいいね数が1万を突破しました!
2017年01月01日 【謹賀新年】2017年もFULL HOUSEをよろしくお願い致します。

タグ一覧

転職(10)
面接(13)
採用(13)
アプリ(7)
iPhoneアプリ(6)
Androidアプリ(6)
ゲーム(5)
アニメ(5)
洋楽(4)
映画(4)
本(2)
トレーニング(1)