Top > ライフ > 服装/ファッション/アパレル

おすすめしたいビジネスバッグ15選!選び方のコツも伝授






仕事に欠かすことができないビジネスバッグ。毎日使うものだからこそ、こだわりたいですよね。
でも、自分に合うバッグをどうやって探せばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、基礎知識としてビジネスバッグの種類や選び方のコツを解説していきます。
おすすめブランドバッグも紹介しますので、バッグ選びの参考にしてみてください!

【目次】おすすめしたいビジネスバッグ15選!選び方のコツも伝授

 

ビジネスバッグの種類を知っておこう

ブリーフケース

ダレスバッグ

3WAYバッグ

トートバッグ

アタッシュケース

ビジネスバッグを選ぶ5つのポイント

1. ビジネスネスシーンに合ったバッグを選択すべき

2. 何を収納するのかイメージすること

3. 移動手段に合わせて選ぶ

4. 素材から選ぶという選択肢も

5. 自立するビジネスバッグがおすすめ

ビジネスバッグのおすすめブランドまとめ

PORTER(ポーター)

BRIEFING(ブリーフィング)

Felisi(フェリージ)

TUMI(トゥミ)

Daniel&Bob(ダニエルアンドボブ)

Orobianco(オロビアンコ)

Orobiancoのおすすめバッグ|DENVER MAXI TT-C NYLON 4840

Samsonite(サムソナイト)

dunhill(ダンヒル)

PaulSmith(ポール・スミス)

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

ACEGENE(エースジーン)

LAGASHA(ラガシャ)

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

STEFANOMANOのおすすめバッグ|Art.2899

aniary(アニアリ)

ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)

<1万円以下!コスパに優れたビジネスバッグまとめ>

MOBUS(モーブス)|3WAYトートバッグ MBB

GERMANE GEAR(ジャーマンギア)|No.70967

GLEVIO(グレビオ)|ビジネスバッグ 2WAY

木村工房|a4 010

acrotri(アクロトライ)|トートバッグ フェイクレザー

 

 

ビジネスバッグの種類を知っておこう

 

自分に合ったビジネスバッグを選ぶためには、どんな種類のバッグがあるのかを知らなければなりません。

ビジネスバッグには色々な種類があり、昨今のオフィスカジュアルも影響してか、かなりカジュアルなものまで見られるようになっています。

ここでは、代表的なビジネスバッグについてご紹介していきます。

 

ブリーフケース

 

 

ビジネスバッグというと、まずはこの形を思い浮かべる人が多いかもしれません。

ブリーフケースはビジネスバッグの定番として、様々なブランドで多くのラインアップが揃っています。

ちなみに、ブリーフとは「書類」という意味。

つまり、書類を入れるためのバッグがブリーフケースだったわけです。

 

しかし、最近では収納力があり、機能性も十分なブリーフケースが多く見受けられます。

大きさや素材など種類が多いのが一つの特徴で、自分の使い方に合わせたバッグを探しやすいでしょう。

ビジネスバッグ選びに迷ったときは、まずブリーフケースから探してみてはいかがでしょうか。

 

ダレスバッグ

 

 

ブリーフケースと並んでビジネスバッグの定番といっていいのがダレスバッグです。

別名ドクターズバッグともいわれ、医者が往診の際に使用するバッグとしても知られています。

ちなみにダレスバッグとは、アメリカ第52代国務長官であるジョン・フォスター・ダレスが使用していたことから、ダレスバッグと呼ばれるようになりました。

口枠式または口金式の形状で、開口部が大きく開くこと、収納できる容量が大きいことが特徴です。

重量があるため、軽量なナイロン製のバッグに押されて気味ではありますが、機能性の高さと高級感あふれる雰囲気に憧れているビジネスマンも多く、根強い人気を誇るバッグです。

 

3WAYバッグ

 

 

自転車通勤の増加に伴い、多くのビジネスマンに選ばれているのが3WAYバッグです。通常時にはブリーフケースとして使用しながらも必要に応じて肩から掛けるショルダータイプや、背負えるリュックタイプとしても使用できるという機能性に溢れたバッグです。

単なるリュックの場合だと、訪問先によってはふさわしくないこともありますが、3WAYを選んでおけば、フレキシブルに形態を変えることができるため重宝されています。

 

トートバッグ

 

 

オフィスカジュアルの増加の影響で、選ぶ人が増えているのがトートバッグです。

もともとトートバッグはアメリカのアウトドアブランド「L.L.Bean」社が開発した氷を運搬するための鞄でした。

 

しかし、次第に氷以外に物も運ぶようになると、ファッション的に注目されるようになり、アメリカの大学生が通学鞄として使用したことがきっかけで大流行。

現在ではファッションバッグの定番として浸透しているバッグです。

ビジネス使用の場合、本革や合皮素材のアイテムを選択すると、高級感が増しビジネスシーンでも問題なく使用することができるでしょう。

また、本来持つカジュアル性から、オン・オフ両方で使用できることも人気の秘密となっています。

 

アタッシュケース

 

 

映画で現金を運んだり、有名なスパイが持っていたりするアタッシュケースもビジネスバッグの一種です。

アタッシュケースは大使館員が書類を運ぶために使用していたことから広がり、大使館員のことをフランス語で「アタッシェ」と呼ぶことからその名が付きました。

実際にはアタッシェケースと呼ぶべきなのでしょうが、間違った読み方のアタッシュケースというのが一般に浸透しています。

耐久性があり、衝撃にも強いため精密機器や重要なものを運ぶ時によく使用されていますが、最近では若いビジネスマンがビジネスバッグとして使用しているケースもあるようです。

 

 

ビジネスバッグを選ぶ5つのポイント

 

たくさんの種類があるビジネスバッグから自分の好みに合わせたものを選ぶことも大切ですが、仕事で使用するバッグですから、機能や役割についてもよく検討してバッグを選ぶことが重要になります。

では、実際にどのようなことを考慮してビジネスバッグを選ぶべきなのでしょうか。

ここでは、ビジネスバッグ選びのポイントについてご紹介します。

 

1. ビジネスネスシーンに合ったバッグを選択すべき

 

まず考えなければならないことは、ビジネスシーンで使用するバッグであるということです。

フリーランスで仕事をしていたり、私服勤務で内勤の仕事をしている場合は構いませんが、仕事の関係上、相手先の企業によく訪問する場合や、スーツを着用して勤務する場合などは、TPOに合ったものを選ぶことが大切です。

相手が気になってしまうような派手なデザインのものや、カジュアルすぎるアイテムは避け、シンプルなものを選択しておけば間違いないでしょう。

あくまでも仕事で使用するものですから、バッグのせいでひんしゅくを買ってしまうようなことがないように気を付けてください。

 

2. 何を収納するのかイメージすること

 

次に大切なことは、自分がビジネスバッグに何を入れて使用するのかを良くイメージすることです。

デザインが気に入っていても、仕事をする上で使いにくければいい選択とは言えないでしょう。

小物をたくさん収納したい場合は、ポケットがたくさん付いている機能的なデザインのものを選ぶと良いです。

しかし、書類やパソコンをメインで収納する場合、ポケットが多いとかえって邪魔になってしまうこともあります。

自分が何を収納して持ち運ぶのかによって、選ぶべき機能やデザインも変化するということを覚えておきましょう。

 

3. 移動手段に合わせて選ぶ

 

ビジネスバッグを選ぶポイントとして、普段の移動手段を考慮することも大切です。

仕事での移動手段に焦点を当てると、徒歩で移動する人、社用車やマイカーで移動する人、電車をよく利用する人など実に様々です。

それぞれの移動手段によって選ぶべきバッグの種類も異なってきます。

 

徒歩の場合は重量が1kg以内のできるだけ軽いバッグを選んだ方が快適に使用することができます。

常に車で移動する場合は、鞄の大きさをそれほど気にする必要がありませんので、収納したいものに合わせて選ぶといいでしょう。

電車での移動が多い場合、常に座席に座れるわけではなく、バッグを電車の床に置くことも多いでしょうから、底鋲が付いた汚れにくいものを選ぶのはいかがでしょうか。

自転車で通勤する人は、3WAYバッグを選べば、自転車の運転にも邪魔にならないのでおすすめです。

 

このように移動手段に合わせたバッグを選択することで、より使いやすくなるということを理解しておきましょう。

 

4. 素材から選ぶという選択肢も

 

ビジネスバッグの素材に注目して選ぶというのもポイントの一つです。

ビジネスバッグに使用される素材としては、ナイロン・合皮・本革の3種類があります。

それぞれに長所短所がありますので、良く比較検討することが大切です。

 

ナイロン

 

現在ビジネスバッグの主流となっているのが、ナイロン素材でできたビジネスバッグであるといわれています。

そもそもナイロンという名称は、インビスタ社という企業の商品名でしたが、現在では一般名称として知られるようになっています。

ナイロン素材の特徴は軽量で丈夫であること、また撥水加工などの機能を備えている場合は、雨や水にも強い事が挙げられます。

汚れにもある程度強く、中性洗剤を含んだ布などでたたいてやれば汚れが落ちるので、お手入れがしやすいことも長所と言えるでしょう。

 

一方で、軽量であるがゆえに型崩れしてしまいやすい、日焼けをすると変色するなどの欠点もあります。

また、撥水加工が施されていたとしても、完全な防水機能があるわけではないので、長時間雨に濡れていると、内部に水がしみ込んでしまいますので注意が必要です。

 

合皮(合成皮革)

 

合成皮革は、ナイロンやポリエステルなど生地に、ポリウレタンなどの樹脂類をコーティングしてある素材のことをいいます。

天然皮革によく似ていますが、素材としては全く違うものと考えましょう。

合成皮革の特徴は水や汚れに強いことと、本革に比べて価格が安いことが挙げられます。

また、お手入れは水拭きをすればOKという手軽さです。

さらに、バリエーションが豊富なのでカラーや表面の風合いにこだわりがある人にはピッタリの素材です。

 

ただ、経年劣化が早い事が欠点として挙げられます。

合成皮革は使用頻度に合わせた「味」が出ることはなく、素材自体がダメになってしまいます。

そのため、同じカバンを長く使用したいという人にはおすすめできない素材です。

 

本革(天然皮革)

 

本革は動物の皮を利用して作られている素材で、豊富な種類があります。

本革の特徴はなんといっても使い込むほどに風合いが変化して行くことでしょう。

雰囲気たっぷりのバッグとして、長く使いたいという人にはおすすめの素材です。

 

欠点としては、重量があることと水に弱い事が挙げられます。

特に水対策は重要で、水に濡れるだけで素材が劣化してしまうので、防水スプレーなどの対策を欠かすことはできません。

また、お手入れも手間がかかるという点も人気が分かれるポイントになっています。

さらに、本格体なオールレザーのバッグは、価格が高いというのも欠点と言えるかもしれません。

 

5. 自立するビジネスバッグがおすすめ

 

ビジネスバッグを選ぶポイントの一つとして、バッグを床においた時に自立するかどうかを確かめてみるのもいいかもしれません。

営業職では名刺交換をすることがよくありますが、床に置いて倒れてしまうようなバッグなら気になってしまいますよね。

床においても自立しているということは、バッグにマチがあるということです。

マチがあると型崩れを起こしにくく、収納力もあるということになるので、使いやすいバッグといえるでしょう。

 

 

ビジネスバッグのおすすめブランドまとめ

 

数あるビジネスバッグブランドから、人気・機能に優れたブランドをご紹介していきます。

これを見ればきっとあなたのお気に入りが見つかるはずです。

 

PORTER(ポーター)

 

日本のビジネスバッグにおいて絶大な人気を誇っているブランドが、吉田鞄製作所の自社ブランドである『ポーター』です。

スタイリッシュなデザインに加え、日本製ならではの機能性に優れており、幅広い世代に支持されているブランドです。

ビジネスバッグとして嫌味がなく、安心して使えるのも人気の秘密と言えます。

また、ビジネスバッグは素材や機能など幅の広いラインアップが揃っているので、自分にピッタリのバッグを見つけることができると思います。

 

PORTERのおすすめバッグ|TANKER(タンカー)

 

 

ポーターのバッグの中でも随一の人気を誇るモデルが『タンカー』です。

特徴は柔らかさを感じる素材感と、それに反比例するような丈夫さ兼ね備えていること。

シンプルなデザインは持つ人を選ばず、オン・オフどちらでも使用できる優等生バッグといえるでしょう。

 

BRIEFING(ブリーフィング)

 

アメリカ軍の軍用規格「ミル・スペック」に準拠した丈夫なつくりと、武骨さを感じるデザインで多くのビジネスマンの支持を集めているブランドが『ブリーフィング』です。

アメリカのブランドと勘違いされることが多いようですが、正真正銘のジャパンブランドです。

 

「ミル・スペック」とは、アメリカの国防省が定めている宇宙でも南極でも性能を100%発揮できるようにするための規格であり、ブリーフィングのバッグの品質の高さを証明するものになっています。

男らしくて格好いいイメージで、多くのビジネスマンが愛用しているバッグブランドです。

 

BRIEFINGのおすすめバッグ|NEO B4 LINER

 

 

ブリーフィングのビジネスバッグの中でも、定番中の定番なのが『NEO B4 LINER』です。

従来のB4LINERよりも軽量化されながら、丈夫なつくり、機能性はそのままキープしているという、ビジネスマンも納得のバッグとなっています。

 

Felisi(フェリージ)

 

お洒落なビジネスバッグの代表格ともいえるブランドが『フェリージ』です。

1973年にイタリアで誕生して以来、ヨーロッパを中心に日本でも人気の高いブランドです。

落ち着いた雰囲気と遊び心がちりばめられたデザインは高い年齢層に人気があり、「質が良く、人と同じものは持ちたくない」という人にはぜひおすすめできます。

価格は少々お高いですが、素材がしっかりしており長期間の使用にも耐えることができるため、長く愛用できる大切な相棒となってくれるでしょう。

 

Felisiのおすすめバッグ|8637/2/DS

 

 

フェリージでビジネスバッグといえば『8637/2/DS』でしょう。

フェリージの中でも高い人気を誇るフェリージの代名詞的モデルです。

大小異なるポケットと嫌みの無いデザインで、印象はスマートに、収納を機能的にといったスキのないビジネスバッグです。

 

TUMI(トゥミ)

 

ナイロン素材で丈夫かつ収納力抜群のビジネスバッグを世に送り続ける『トゥミ』は、アメリカ発祥のバッグブランドです。

防弾チョッキに使用されていた素材を使ったバッグを発表したことがきっかけで一躍有名になり、多くのファンを獲得するようになりました。

多くのラインアップが揃うトゥミのバッグは、本物志向のビジネスマンからの支持が厚く、デジタル機器も気にせず収納できる使い勝手の良さから世界中の人々に愛用されています。

 

TUMIのおすすめバッグ|ALPHA2 BUISINESS 26141

 

 

トゥミのバッグを選ぶなら、外すことができないのが『ALPHA2 BUISINESS 26141』です。

発売当初から大人気で、現在も一番人気が高いモデルと言われています。

トゥミならではの丈夫さに加えて、大容量かつパーテーションが豊富でバッグの中を整理しやすく、使い勝手に優れたモデルとなっています。

 

Daniel&Bob(ダニエルアンドボブ)

 

イタリアンレザーの聖地、フェラーラにて産声を上げたブランド、『ダニエルアンドボブ』。

中でも有名なのが、波を打つようなシワが特徴的なオリジナルレザーの「ローディー」。

唯一無二の質感は、皮革に対するノウハウと革職人の高い技術力によって実現されています。

 

ダニエルアンドボブでは、革製のトートバッグのラインアップが豊富なことが特徴。

カジュアルに見えそうなトートバッグをシンプルで高級感のあるデザインに昇華し、ビジネスシーンでも違和感なく使用できるモデルとなっています。

 

Daniel&Bobのおすすめバッグ|LEVIN RODI

 

 

豊富なトートバッグの中で、ローディレザーを使用しシンプルなデザインで人気を博しているのが『LEVIN RODI』です。

大人の男性の色気を感じさせながら、A4サイズが難なく収納できる3層構造となっており、機能性も抜群のバッグに仕上がっています。

 

Orobianco(オロビアンコ)

 

若いビジネスマンの間で人気となっているブランド、『オロビアンコ』。

1996年にイタリアで設立されたブランドで、イタリアカラーのリボンがトレードマークとなっており、オシャレに敏感なビジネスマン憧れのブランドに成長しつつあります。

日本では多くのセレクトショップで取り扱われ、デザイン性と機能性を併せ持ったバッグに人気が沸騰しました。

また、耐久性に優れるなど品質も非常に高く、長く使えるビジネスバッグとしての評価も高いのが特徴です。

 

Orobiancoのおすすめバッグ|DENVER MAXI TT-C NYLON 4840

 

 

オロビアンコならではのデザイン性と機能性を両立させた『DENVER MAXI TT-C NYLON 4840』が人気No.1モデルとなっています。

スマートでスタイリッシュなデザインに加え、収納力も高いのが特徴。

どんなシーンでも幅広く対応できるため、持つ人を選ばないビジネスバッグといえるでしょう。

 

Samsonite(サムソナイト)

 

スーツケースが有名なイメージのある『サムソナイト』ですが、定番のブリーフケースなどビジネスバッグでも高い人気を誇るブランドです。

ブランドの歴史は古く、1910年にアメリカのコロラド州デンバーで誕生しました。

主に旅行鞄の制作に力を入れており、斬新な方法と革新的な素材を採用し、非常に丈夫で軽量化されたスーツケースは世界中で愛用されています。

 

Samsoniteのおすすめバッグ|EPID PLUS

 

 

非常にシンプルで美しいデザインが特徴の『EPIC PLUS』。

持ち手に施されたオレンジのラインがスタイリッシュさを演出しています。

サムソナイトならではの衝撃耐久性に加え、高撥水素材を採用したボディで、タフなビジネスマンの見方となってくれるモデルとなっています。

 

dunhill(ダンヒル)

 

イギリスが誇る高級紳士ブランドといえば『ダンヒル』でしょう。

馬具の製造卸売業から、自動車のアクセサリー製造に経営方針を転換したことをきっかけに、様々なビジネスを展開。

現在では、世界的ファッションブランドとして認知されるまでになりました。

日本においては特にミドル層に人気が高く、若い世代が持つと「背伸びをしている」ように感じられてしまうイメージを持たれるようです。

品格のあるデザインと品質の高さで、ダンディズムに溢れた大人が持つからこそ格好いいバッグと言えます。

 

dunhilのおすすめバッグ|サイドカーダブルドキュメントケース

 

 

機能性とデザインを兼ね備えた『サイドカーダブルドキュメントケース』は、ダンヒルのビジネスバッグの中でも高い人気を誇る商品です。

傷・汚れ・水に強いレザーを使用しており耐久性は抜群。オールブラックの佇まいで、大人の雰囲気溢れるバッグとなっています。

 

PaulSmith(ポール・スミス)

 

イギリス発祥の『ポール・スミス』は、日本で確固たる地位と人気を誇る大人気ブランドです。

日本に上陸したのは1984年。

その後、様々な賞を受賞しながらその知名度は着実に上昇していきました。

ビジネスバッグは、若い世代に人気で堅苦しすぎず、真面目過ぎないデザインが多くのビジネスマンの支持を集めています。

また、価格がブランドの中でも比較的お求め安いということも人気の秘訣と言えるでしょう。

ポール・スミスといえば印象的なストライプが有名ですが、ビジネスバッグに関してはクラシックでシンプルなデザインのものも豊富です。

 

PaulSmithのおすすめバッグ|エッジダイレンジ ブリーフケース

 

 

全体的なバランスの良さと素材のコントラストが印象的な『エッジダイレンジ ブリーフケース』はどんなスタイルにも合わせやすく人気の高い商品です。

バッグのサイドまでジッパーが施され、開口部を大きく広げられる機能性も持ち合わせています。

 

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

 

日本の人気メンズファッションブランドとして、多くのファンを獲得している『タケオキクチ』。

幅広い層に支持されており、お洒落かつ落ち着いた雰囲気の商品を数多く世に送り出しています。

特にビジネスバッグは、フレッシャーズからの人気が高いのが特徴です。

嫌みがないデザインは女性からの印象もいいので、安心して選ぶことができるでしょう。

 

TAKEO KIKUCHIおすすめのバッグ|シャドーアーガイルジャガードビジネスバッグ

 

 

『シャドーアーガイルジャガードビジネスバッグ』は、無駄を省いたシンプルなデザインが特徴のビジネスバッグです。

ポリエステル素材に撥水加工を施してあり、タフに使えることに加えて収納力も充実しており、使いやすさ抜群のモデルに仕上がっています。

 

ACEGENE(エースジーン)

 

日本のビジネスバッグ界を牽引しているとも言われているブランドが『エースジーン』。

常に新しいものを取り入れながら、価格を抑えた使いやすいビジネスバッグの企画製造を行っています。

エースジーンのビジネスバッグの特徴は、「どんな人が持っても間違いがない」ということ。

機能性を耐久性はもちろん、シンプルなデザインで、多くの人から信頼されているブランドであるといえます。

 

ACEGENEのおすすめバッグ|EVL-2.5 45813

 

 

エースジーンが誇る人気商品が『EVL-2.5 45813』です。

シンプルな要素のみで構成されたデザインは全く嫌みがなく、ビジネスシーンならどこにでも持っていける優良モデルとなっています。

さらにパソコンまで収納できる機能性と耐久性を兼ね備えており、多くの人に愛用されています。

 

LAGASHA(ラガシャ)

 

シンプルながらもディテールにこだわりを見せるジャパンブランド『ラガシャ』。

株式会社トーリンが展開するバッグブランドで、「徹底したユーザー視点」をコンセプトに、快適で使いやすいビジネスバッグを多く手掛けてきました。

ラガシャの特徴は、ブランドラインが3つに分かれている上に、さらにそこから多くのモデルが展開されているため、ラインナップが非常に豊富である点です。

そのため、バッグの機能性に加えて、ビジネススタイルのトータルコーディネートをするにはもってこいのブランドと言えるでしょう。

 

LAGASHAおすすめのバッグ|R&D 7494

 

 

LagashaRELAXINGラインの『R&D 7494』が一番人気のモデルとなっています。

グレーを基調したカラーリングは、どんなスタイルにも合わせやすいのが嬉しいところ。

ボディ内部にはウレタンを使用し鞄を自立するように工夫されている他、収納物を保護する効果も抜群です。

 

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

 

現在ビジネスバッグに多く取り入れられている、ナイロン素材とレザー素材の組み合わせ。

その先駆けともいえる商品を発表し、その人気に火が付いたブランドが『ステファノマーノ』です。

元はミシン販売業を営んでいたこともあり、ステッチワークに対する評価が高いブランドです。

パーツによってミシンを変えるほどのこだわりで、特にハンドル周りは使いやすいさと丈夫さを兼ね備えており、愛用者たちがこぞって絶賛するほどです。

 

STEFANOMANOのおすすめバッグ|Art.2899

 

 

ステファノマーノを世に知らしめたモデルで、今でも高い人気を誇る超定番モデルが『Art.2899』です。

軽さと耐久性を兼ね備えた2WAYバッグの王道となっており、素材のコントラストが見事なモデルです。

さらに、ボディは2層式で収納力も申し分ありません。

 

aniary(アニアリ)

 

メイドインジャパンに徹底したこだわりを見せるブランド『アニアリ』。

独特の透明感を持った独自のオリジナルレザーと細部まで作り込んだ金具を採用し、幅広い層に人気を誇っています。

本物志向の若い層からの人気は絶大で、一度使用すると他のバッグを使えなくなるという程の品質の高さから、多くのリピーターを生み出しています。

 

aniaryおすすめのバッグ|アニアリ トートバッグ ニューアイディアルレザー 11-02002

 

 

アニアリ独自のオリジナルレザー「ニューアイディアルレザー」を採用した『アニアリ トートバッグ ニューアイディアルレザー 11-02002』は、シンプルでシックなデザインのトートバッグです。

トートバッグならではの収納力はもちろんのこと、天部にファスナーを施しセキュリティー対策も万全。

オン・オフ問わずに使用できるモデルに仕上がっています。

 

ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)

 

多くのビジネスマンから「ゼロハリ」の愛称で親しまれている『ゼロハリバートン』。

安全性と信頼性が高く、世界的に認知度の高いブランドです。

アポロ計画の月の石を持ち帰るために、同社のバッグが使用されたのですが、市販されているバッグに少し加工をしただけでNASAの規格をパスしたという逸話が残っており、当時から収納物を安全に持ち運べるバッグとして認知されていたようです。

 

ZERO HALLIBURTONおすすめのバッグ|SL Series アタッシェ

 

 

ゼロハリバートンでは一般的なブリーフケースも多く販売していますが、やはりアタッシュケースは外すことはできません。

『SL Series アタッシェ』はゼロハリの代名詞的モデルで、収納物を安全かつ確実に運ぶことができ、これぞゼロハリバートンとわかるデザインと存在感を誇るアタッシュケースです。

 

 

<1万円以下!コスパに優れたビジネスバッグまとめ>

 

「ブランドバッグはカッコいいけど、高くて手を出せない…」このようにお悩みの方に、1万円以下で手に入れられるコスパに優れたビジネスバッグを紹介していきます。

 

MOBUS(モーブス)|3WAYトートバッグ MBB

 

 

ドイツのスポーツブランド『モーブス』は、丈夫かつ価格を抑えたバッグに定評があります。

『3WAYトートバッグ MBB』は撥水性と強度に優れたターポリン素材を使用し、タフな使い方にも十分耐えうる耐久性があります。

また、3WAY使用が可能で機能性にも優れたモデルになっています。

 

GERMANE GEAR(ジャーマンギア)|No.70967

 

 

ビジネスバッグでありながら、カジュアルな雰囲気も残したバッグを手掛ける『ジャーマンギア』。

ブラックで落ち着いた印象の『No.70967』は、雨や傷に強いポリカーボネートコーティング加工が施された素材を採用。

さらにボディ内部にウレタンを使用し、収納物をしっかり守ってくれる優れものです。

 

GLEVIO(グレビオ)|ビジネスバッグ 2WAY

 

 

シンプルで使いやすいビジネスバッグをリーズナブルな価格で提供しているブランド、『グレビオ』。

『ビジネスバッグ2WAY』はパソコンも入れられる収納力と2WAY使用できるショルダーベルト付き。

これで何と4,000円を切るのですから驚きです。

就活生やフレッシャーズにもおすすめできる一品です。

 

木村工房|a4 010

 

 

日本製の天然皮革を使用し、高い品質を保ちながらもリーズナブルというのが魅力の『木村工房』。

バッグ本体や持ち手に本革を使用した『a4010』はシンプルで高級感のあるデザインとなっています。

また、マチが広いため収納力も十分。

文句なしの優良コスパモデルです。

 

acrotri(アクロトライ)|トートバッグ フェイクレザー

 

 

『アクロトライ』が販売している『トートバッグ フェイクレザー』もコスパに大変優れたモデルといえます。

特徴はA4サイズを横に入れられる大容量の収納力。またちょうどいい持ち手の長さで手提げバッグとしても使用可能です。

飽きのこないデザインでオン・オフともに活躍してくれること間違いなしのトートバッグです。

 

 

ビジネスバッグの種類、選び方、おすすめブランドについて紹介してきました。

ビジネスバッグは、選び方コツと種類を把握しておけば、自分に合った使いやすいモデルに出会うことができます。

各ブランドで多くのラインナップを揃えていますから、じっくり比較して最高の相棒を見つけてみてください。

 

※合わせて読みたい:  【3万円以内で買える!】高コスパな20代〜30代向けメンズ&レディースカバン


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2019年03月19日 株式会社FULL HOUSE、キングソフト株式会社が運営するポータルサイト「StartHome(スタートホーム)」と提携し記事配信をスタート!
2019年01月07日 より可愛く、より美しくなりたい女性のための総合情報メディア「torothy」をリリース
2018年11月20日 食・グルメの総合情報メディア「はらへり」のタイアップ型記事広告をリリース
2018年11月16日 旅行・観光の総合情報メディア「TABI CHANNEL(タビチャンネル)」のタイアップ型記事広告をリリース
2018年04月25日 ペット・動物の総合情報メディア「Petpedia(ペットペディア)」のタイアップ型記事広告をリリース

タグ一覧

ランキング(36)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)