Top > キャリア > 就活

就活の記事一覧

インターンシップのすすめ!インターンに参加する意味や目的、インターンをするなら活用すべき就活サービスまとめ

就職を考えている就活生であれば、「インターンシップ」という単語は聞いたことがありますよね。 ただ、インターンシップと一口に言っても1DAYインターンや1週間のインターンなど、期間やその内容は企業によって様々です。 本記事では、就活を有利に進めるためにはインターンシップに参加した方が良いのかであったり、インターンシップに参加するとした場合はどのような期間や内容のものに参加した方が良いのかを記載していきます。 これから就職を目指す就活生や、インターンシップを検討している就活生は必見です。

就活大全!就職活動で注意したい履歴書、面接、メールや出来る就活生の特徴からおすすめの就活サービスまで解説

人生の中でも大切な一歩を踏み出すための就職活動。いわゆる「就活」。 漠然と就活を捉えている学生がいるかもしれませんが、一体どのような準備をして就職活動に臨めば良いのでしょうか。 就活スケジュール、インターン、履歴書、面接対策、スーツ、髪型、メイク、メールなど、就活は事前に考えて準備をしておくことがたくさんあります。 本記事では、これまで1万人以上の就活生を見てきたプロのキャリアコンサルタントが、就活に関するありとあらゆる情報をまとめていきます。 納得のいく就活をしたい方は是非ご覧ください。

自己PRの方法とは?履歴書や面接で生かせる自己PRのやり方を紹介!

就活をする人に、必ず抑えていただきたいのが「自己PR」です。 学歴がなく不安に思っている人でも、会社によっては自己PRで逆転を狙うのも可能です。 ただ、読者のなかには「上手な自己PR方法」ってどういうものか想像付かない人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、履歴書や面接で生かせる自己PRのテクニックを紹介します。

就活中で志望動機が書けない人必見!就活生・転職者向けに、志望動機の書き方と記載例文を解説!

多くの企業で、就職試験時に書類選考があります。 書類選考の際に注目されるのが、履歴書に記載された「志望動機」です。 過去の経歴が良くても、志望動機が採用担当者のココロに響かなければ、書類選考で落とされることもあります。 なかには、志望動機の上手な書き方が分からないと嘆いている人もいるはず。 でも、大丈夫です!ちょっとしたコツをつかめば、上手に志望動機を書くことができます。 今回は志望動機を書くコツと、志望動機の例文を紹介します。 就活生向けと転職者向けに分けてあるので、是非参考にしてみてください。

できる就活生とそうでない就活生の決定的な3つの違い

できる就活生とそうでない就活生の差は、地頭・経験・能力などが関係しているとこれまで思っていました。 しかし、それらは重要ではあるものの長期的な目線で見ると決定的な差を生み出してはいないと思い始めました。 今回はできる就活生とそうでない就活生の決定的な違いをいくつかご紹介していきます。

延べ3,000人以上の就活生と面談してきたキャリアコンサルタントが語る「こんな就活生はイヤだ」

私はこれまでたくさんの就活生とお会いする機会がありましたが、その中にはマナーのあまりよくない学生もいらっしゃいました。 今回は「こんな就活生はイヤだ」というテーマで、実体験をもとに私が面談の際にイヤだと感じた就活生の特徴について記載していきます。 普段から学生と接する機会が多い方にとっては少しばかり共感してもらえる部分があるかもしれません。 学生だけではなく社会人にも通ずることですので、自分への戒めも込めて執筆した次第です。

内定式の服装

企業に入社した後には必ず内定式という内定者のための式があります。 こういった内定式に参加する際にはどのような服装でいくのが望ましいのでしょうか。 あまり悩むことでもないかもしれませんが、内定式の服装に迷われた際は1つの参考にしてください。

内定している企業を辞退するときに取るべき行動

就活をしている中で複数企業から内定をもらえた場合に、いずれかの企業の内定を辞退しなければならないシチュエーションが出てきます。 今は就活生と社会人といった関係かもしれませんが、就活生が社会人になった後に内定辞退をした企業の人に会うことも出てくるかもしれません。 内定辞退をするときは誠心誠意、企業の人にその旨を伝える必要があります。 その際、どのように内定辞退をするのがその後の人間関係を円滑にする上でも良いかということを本記事では記載していきます。

就活が終わった学生に送る。社会人になる上で事前に準備しておくべきこと

内定をもらって就活が無事に終わった学生は、自身の未来に思いを馳せていることでしょう。 本記事では、社会人になる上で事前に準備しておいた方が良いと思うことを記載します。 学生という特権をフル活用しながら、社会人になったときにスタートダッシュが切れるよう、残りの大学生活を良い準備期間にしていきましょう。

内定後はどのように学生生活を送れば良いか

就活戦線を勝ち抜き、見事に内定を勝ち取った就活生。 内定後の学生生活は人それぞれです。 社会人になるにあたってはどのような学生生活を送れば良いのでしょうか。 本記事では、既に社会人の筆者が学生時代にしておくべきだと思ったことを記載していきます。 内定をもらって一息つこうとしている学生には是非読んでもらいたいです。

暗い性格でも面接を突破しやすくするための方法

人間は人それぞれ性格が全く違います。 面接で流暢に面接官とコミュニケーションの取れる就活生もいれば、そうでない人もいらっしゃいます。 今回は、暗い性格でコミュニケーション能力があるとは言えない就活生が面接を突破するための方法を記載します。 あまり人と話すのは得意ではないという就活生は是非見てくださいね。 きっと面接に役立つコミュニケーションのヒントが隠されていると思います。

大学の面接対策セミナーには参加するべきか

就活時期になると、面接対策として大学の就職課やキャリアセンターがセミナーを主催することがあります。 面接対策セミナーはその一環で行われるものです。 大学のOBやOGが面接官の役をして就活生と面接をし、面接後にOB・OGから就活生に対してフィードバックをするというものです。 本記事では、そのような大学主催の面接対策セミナー等のイベントに参加するべきか否かについて記載していきます。 メリット・デメリットを見極めた上で、面接対策セミナーに参加するようにしましょう。

面接の逆質問では何を聞けばいいのか

企業面接の終了間際に、面接官から「何か質問はありますか?」というように逆質問をされるケースがあります。 そのときに、面接の場ですぐに思いつかず「特に何もありません。」と返してしまう就活生もいますよね。 ただ、そのような返しをしてしまうと、中には企業側にマイナスの印象を与えてしまうのではないかと考え込む就活生もいます。 今回は、一度は逆質問について考えたことのある就活生に向けて、面接の逆質問で面接官に聞くべきことを記載していきます。

面接時の自己PR術

就活において自己PRする局面はたくさん出てきます。 例えば、エントリーシート(ES)・履歴書で自己PR欄の記入欄があったり、面接の場で面接官から自己PRをお願いされたりすることがあります。 このとき、パッと自己PRが書けたり言える人は強いですよね。 予め自己分析をした上でアピールポイントを整理しておかないとできないことです。 本記事では、自己PRをどのように書けば良いかを記載していきます。 エントリーシート(ES)・履歴書や面接の準備をするために確認しておきましょう。

就職面接時の質問内容を徹底解説!

面接において、面接官から質問される内容が気になってしょうがないという就活生はたくさんいらっしゃいます。 内定をもらえるかどうかの分岐点になることも多い面接ですので、出来る限り万全な状態で臨みたいですよね。 本記事では、面接官が質問する内容の意図について記載していきます。 どのような背景で質問がなされているのかをある程度理解することができれば、面接に対してきっちりと受け答え出来る確度はあがります。 面接の準備をする上で、どのような意図があって面接官が質問しているのかを理解しておきましょう。

面接はリクルートスーツで行かなければならないのか

就活シーズンになると良く目にする光景が、真っ黒なリクルートスーツに身を包んだ就活生たちです。 テレビでも合同説明会に参加するリクルートスーツをまとった就活生たちが放送されることがありますよね。 IT系のベンチャー企業を筆頭にスーツを着ない職場も増えて着ており、社会人=スーツの概念も壊れてきています。 今回は、企業面接の場で就活生はリクルートスーツを着るべきか否かについて記載していきます。

面接時に過去のことを聞かれる理由

面接時によく企業人事の方や面接官から過去のことを聞かれることってありますよね。 なぜ面接官は就活生の過去のことが気になるのでしょうか。 本記事では、そんな疑問に対する回答を記載していきます。 なぜ面接で過去のことを聞くのかという理由や、実際に聞かれた場合はどのような返しが望ましいのかも合わせてお伝えします。 すべての面接官の質問には聞く"意図"が必ずあります。 就活生はその意図を理解した上で、本番の面接に臨むようにしましょう。

面接の準備に必要なこと

就活において、面接は企業側にとっても学生側にとっても非常に重要なものとなります。 はじめて面接をする就活生にとっては、面接は緊張するかもしれませんね。 本記事では面接の準備に必要なことを記載していきます。 自分で主観的に面接の準備をしていかないように、企業側の目線に立って面接の準備ができるようにしましょう。 そのために、まずは企業が面接でどのようなポイントを見ているのかをお伝えします。 就活生には面接の意義を理解してもらいながら実際の面接に臨んでほしいです。

SPI対策は就活に必須か

企業が選考の過程でSPIを課すところもあるため、就活生の中にはSPIを勉強している人がいるかもしれません。 本屋に行くとよくSPIの対策本も売られたりしていますよね。 本記事では、実際にSPIが就活に必要なのかどうかを記載します。

就活の際にインターンには参加した方が良いのか

就業体験であるインターンシップの募集は年々増えていっているように思えます。 学生の中には、大学1年生のうちからインターンシップに参加する人もいるほど浸透してきていますよね。 就活をする上で有利になるという話もあげられたりしますが、インターンシップには参加しておいた方が良いのでしょうか。 本記事では、インターンシップに参加するべきか否かや、仮にインターンに参加するとしたらどのような種類のインターンに参加するべきかを記載していきます。

エントリーシート(ES)の書き方を徹底解説!

企業選考の第一関門として頻出しているエントリーシート(ES)。 自己PRやこれまでの経験を踏まえ、上手く自分を企業の人にアピールしなければなりません。 中にはエントリーシート(ES)をどのように書けば良いのかわからない就活生や、もっと質を良くするためにどうすれば良いかを考えている方もいると思います。 本記事では、具体例を出しながらエントリーシート(ES)の書き方を徹底的に解説していきます。 特に、どうしてもエントリーシート(ES)で選考に落ちてしまうというような就活生はご覧ください。

合同説明会には参加すべきか

就活シーズンになると、真っ黒なリクルートスーツを着て合同説明会に参加する就活生が出てきます。 それを横目に、就活をまだ始めていない学生は焦りを感じるかもしれません。 また、合同説明会に行く意味を見出し切れていない就活生もいるかもしれません。 実際のところ、合同説明会に行く意義は本当にあるのでしょうか。 本記事では、たくさんの企業が集まり業界研究や企業研究にも役立つ合同説明会に行く意味について記載していきます。

志望業界を絞りながら就活するべきか

就活生の中には、はなから「広告業界に特化して就活しています!」や「人材業界だけを見て就活しています。」などのように、志望する業界を絞りながら就活をする学生がいます。 対照的に「そもそもどの業界に興味があるのかもっと深く見てみないとわからない。」というように志望する業界が全く定まっていない就活生もいます。 就職活動においては、予め志望業界を絞って就活する方が効率的なのでしょうか。 本記事では、その解について言及していきます。

顔採用は実際にあるのか

学歴フィルターの話題と同様に、就活生の中で話題として出てくる顔採用。 ミスコンに参加している可愛い子や、ミスターコンに出場しているイケメンだからという理由で、本当に企業から内定をもらえる就活生はいるのでしょうか。 本記事では、そんな顔採用の真相について記載していきます。

就活において学歴フィルターは実在するのか

就活生の間でよく話題に出る学歴フィルター。 本当に企業は学歴の良い学生を優遇するのでしょうか。 反対に、学歴の低い学生は就活に不利なのでしょうか。 本記事では、学歴フィルターに関する真相を記載していきます。 誰もが認める有名大学に通っている就活生には向いていない記事ですが、学歴コンプレックスを持っていたり、学歴フィルターについて気になる就活生は一度目を通しておいてください。

コネがなくてもOB、OG訪問をする方法

就活のし始めでOB訪問をしようとしているものの、知り合いに社会人がいなくてどのようにOB訪問をすれば良いかわからない就活生もいると思います。 本記事では、そんな就活生のためにコネがなくてもOB訪問をする方法をお伝えします。 OB訪問相手を探している学生は参考にしてみてください。

就活生はみんな行ってる?OB、OG訪問には行くべきか

OB訪問は業界研究や企業研究をする上で大切なアクションです。 就活をする学生の中には、100人の方とOB訪問をしたというツワモノもたまにいらっしゃいます。 それとは反対に一度もOB訪問をせずに企業から内定をもらっている就活生もいます。 実のところ、就活生はOB訪問をする必要があるのでしょうか。 今回はOB訪問の意義や、実際にOB訪問をする際に注意すべきポイントなどをまとめて記載していきます。

OB、OG訪問をする上で事前に準備しておくべきこと

就活生がする業界研究や企業研究の一環としてOB訪問があります。 実際に社会人のお話を聞いて、業界や企業のことを学ばせてもらう機会を得ることですね。 OB訪問は社会人の方からわざわざお時間を頂きますので、何も準備をしないのでは相手に対して失礼に値してしまいます。 しかし、OB訪問の準備とは具体的にどのようなことを行えば良いのでしょうか。 本記事では、これからOB訪問をしようと考えている就活生に対して、事前にどのような準備をすれば良いかをお伝えします。

企業を詳しく知るために取るべき行動

就活生が企業を詳細に知るためにはあらゆる手段があります。 例えば、合同説明会に参加したり就活セミナーやイベントに参加したりなどがあげられます。 その他にも、OB訪問を行ったりインターンシップに参加したり、ありとあらゆる方法がありますよね。 たくさん方法があげられる中でも、就活生はまず企業を知るためにどのような行動を取るべきなのでしょうか。 現状を踏まえた上でベストなアクションを起こせると良いですね。

企業が採用したいと思う就活生

就活生にどういう企業に就職したいと聞けば、それぞれ自身の理想を語ってくれます。 しかし、逆に企業が採用したいと思う就活生はどんな人間かと問いかけると、明確な答えは返ってくることは多くありません。 本記事では、就活生が企業目線で物事を考えられるように、企業が採用したいと考える就活生について記載をしていきます。 難しいかもしれませんが、仮に自分が企業の経営者になった気持ちで考えてみると、答えにぐっと近付くことができます。

志望企業はどう決める?入社する企業は人で選んでもいいのか

就活をする際、就活生が企業を見定める軸(選社軸)は人それぞれたくさんあります。 例えば、給料が良いか、一部上場をしていたりサービスが広まっており企業の知名度が高いか、福利厚生が充実しているかなど。 選社軸の1つに会社を人で選ぶ就活生もいらっしゃいます。 人で選ぶとは、働いている人が人生のロールモデルとなるような人なのかや、性格的に相性が良くて仲良く働けそうかなどですね。 本記事では、人で会社を選ぶことに対する真偽を追求していきます。 企業選びに迷っている就活生は参考にしてください。

志望企業はどう決める?就活で受ける企業の選定の仕方

いざ就活を始めようと思っても立ちはだかるのが業界研究や企業研究です。 そもそもどのように業界や企業を調べればよいのかわかりづらいですよね。 本記事では、これから就活を始める就活生でも業界研究・企業研究が出来るように手解きをします。 時間は有限なので選考を受ける企業も絞られてくることと思います。 ツールを用いながら業界研究と企業研究をすることで、効率的に選考を受ける企業を選べるようにしましょう。

グループディスカッションで気を付けること

企業の選考の過程においてよく取り入れられているグループディスカッション。 就活生は個の力だけではなく、チームで力を合わせて議論をしていかなければなりません。 限られた時間の中でグループディスカッションを成功させるために必要なこととは何でしょうか。 本記事では、その答えとなるようなヒントを散りばめていきます。 企業がグループディスカッションを行う意義から、実際にどうグループディスカッションを行っていけば良いかをお伝えしますので、是非とも選考の準備にお役立てください。

就活の始め方

就活シーズンになって、就活しなければと思っても何から着手すれば良いかわからない人もいますよね。 業界研究・企業研究・エントリー・合同説明会など、アクションは起こそうと思えばいくらでも起こせます。 しかし、一番優先すべきことが明確に定まっている就活生は多くないかと思います。 そんな就活生のために、就活を始める際にはまず何からすべきかということを提示していきます。 本記事で就活の始め方を理解し、より良い就職活動が行えることを願っています。

起業する前に就職はしておくべきか

就活生の中には野心があって起業したいと考えている人もいます。 すぐに起業することはせずに、まずは就職して成長し実力を付けてから起業したいと考えている人もいますよね。 はたして、起業をする前に就職することは良いことなのでしょうか。 本記事では、就職してから起業を考えている就活生のために、その回答を記していきます。

就活のためにパソコン、PCは必要か

昔と違い、就活はインターネット上で企業にエントリーをしたり選考に応募するようになりました。 中にはエントリーシート(ES)や履歴書もデータで送付をお願いされるケースもあります。 そのため、就活生はパソコン・PCで作業をする時間も増えてきていますよね。 本記事では、パソコンやPCは就職活動をするにあたって必要かどうかを記載していきます。

就活にはいくらかかる?就活かかる費用、お金を分析!

就活にはスーツ代・交通費などお金のかかる場面が多いです。 まだ社会人として働いていない就活生にとっては痛い出費が続きますよね。 今回は、そんな就活にかかる費用やお金が一体どれほどあるのかということを記載していきます。 もちろん、企業の集中している首都圏の学生と地方の学生ではかかる出費も違ってきます。 事前に就活にかかるお金を把握した上で、事前に就活の準備ができると良いですね。

就活にTOEICは必要なのか、何点からエントリーシート(ES)や履歴書に書けるのか

入社基準の1つとしてTOEICの点数取得を提示する企業も中にはあります。 英語が苦手な就活生にとっては厄介なことですよね。 しかし、TOEICでの高得点を最低限の基準とするほど、グローバル化に向けて動いている企業もあるのです。 そんな中、はたして就活生全員がTOEICの点数を取るべきなのでしょうか。 本記事では、就活におけるTOEICの必然性と、TOEICで何点取ればエントリーシート(ES)や履歴書に書けるのかを記載していきます。

説明会や面接はいつから?就活のスケジュールを把握しておこう

就活の準備段階として、就活のざっくりとしたスケジュール感を把握しておくことは非常に重要です。 選考期間を一度逃したら、二度と受けられないような企業は意外と多いですからね。 就活生の機会損失とならないよう、本記事では就活スケジュールを記載していきます。 就活スケジュールは、学生の志望する業界・業種や企業規模によって大きく変動します。 事前にどの業界・業種や企業規模の選考を受けたいかを考えておけると良いですね。 その上で、就活スケジュールを踏まえて就職活動できるように準備しましょう。

資格を取れば就活に役立つのか

就活生と話をしているときによく聞かれる質問の1つが「就活に資格は必要なのか?」というものです。 その質問に対する回答が本記事には詰まっています。 企業によってはTOEICの点数がある程度要求されたり資格が必要だったりしますが、果たして本当に取っておかなければならないものなのでしょうか。 TOEICで高得点を取らなきゃいけないと思っていたり、何かしらの資格が就活に必要だと考えている人は予め目を通しておくと良いでしょう。

就活における院進学のメリットとデメリット

院進学をした学生の中には、就活に不安を抱く方がいるかもしれません。 学部時代に就活を経験していたら良いですが、就職活動を経験していなかったらなおさらですよね。 また、現在学部生で今後院進学を考えている学生もいると思います。 本記事では、就活をするという前提で院進学を考えている人に対して、院進学のメリットとデメリットを記載していきます。

海外留学しておくと就活の役に立つのか

昔に比べると、海外に行くハードルはどんどん下がってきました。 そのため、学生生活で海外留学や海外インターンを経験する方が増えてきています。 TOEICの点数を求める企業もありますし、中には就活に有利になるためだとか就活のある種ネタ作りのために海外留学や海外インターンに行こうとする学生もいます。 しかし、そうなってしまっては本末転倒です。 本記事では、海外留学が就活に有利に働くかについて言及していきます。 これをきっかけに、海外留学について再考して頂けると幸いです。

何も経験がない就活生でも武器を身に付ける方法

就活をしているとエントリーシート(ES)や面接などで「学生時代に頑張ったことは何ですか?」というように、過去の経験を問われることがありますよね。 普段は遊んでばかりいて、特に何に対しても精を出していなかった就活生はいることと思います。 本記事では、学生生活においてとりわけ頑張ったことや目ぼしい経験・能力がない方でも、就活の武器を身に付ける方法を記載していきます。 正確に言うと、就活の武器を身に付ける方法というより、武器を身に付けるためのマインドセットをしてもらうという形です。

学生団体に所属していることは就活に有利か

就活生を見ていると、様々な学生団体に所属している方がいます。 例えばビジネスコンテストを運営していたり、就職活動の支援をしていたりと種類もたくさんあります。 学生生活において、大学生には無数の選択肢がいっぱいあります。 部活動・サークル・インターンシップ・アルバイト・起業など。 大学生にとって1つの選択肢である学生団体に所属するということ。 はたして、学生団体に入っていることで就活は有利に進められるのでしょうか。 本記事では、企業目線で評価に値する就活生を記載します。

強みがないなら作れ!?就活の自己PRにおけるアピールポイントの作り方

就活において企業から求められるのが自己PR。 自分のアピールポイントをしっかりと理解した上で、すらすらと自己PRを書いたり言えたりする就活生は問題ありませんが、中には自己PRが思いつかないという学生もいます。 本記事では、自分のアピールポイントがない就活生でも自己PRを作成するにはどうすれば良いかを記載していきます。 自己PRはエントリーシート(ES)や面接で非常に重要となってくるので、いつ聞かれてもすぐに回答できるように今のうちから準備をしておきましょう。

就活生必見!自己分析の方法

就職活動の準備としてまずやっておいた方が良いと自己分析。 大学の就職課や企業の人事・リクルーターなどからもよく言われますよね。 しかし、自己分析とはいったいどのようにやれば良いのかわからない方もいらっしゃると思います。 今回はそんな就活生のために、自己分析をどのようにすれば良いか具体例を用いながらご説明致します。 就活の準備段階でまずは自己分析をして就活の軸を持った上で、業界研究や企業研究、OB・OG訪問などのアクションを起こしていければ良いですね。

就活の軸の見つけ方

就職活動をする上で人事の人からES・面接や選考でよく聞かれる質問として「あなたの就活の軸は何ですか?」というものがあります。 はっきり言って就活の軸は定まっていない就活生の方が多いですよね。 就活の軸が決まっていたら、はなから就職活動にそれほど苦労はしません。 本記事では、就活の軸を見つけるにはどのように考えたら良いかということを記載していきます。 企業の選考を受ける上で、ある程度は就活の軸を持った上で臨むようにしましょう。

就活面接では定番の質問!将来やりことを見つける方法

就活生と話をしている際に「将来やりたいことがまだ明確に決まっていないため、選社軸がわからない。」という声をよく耳にします。 本記事では、将来がぼんやりとしていてまだ定まっていない就活生に対する処方箋として、やりたいことを見つけやすくなる方法を記載していきます。 就活の先を見据えて、将来的に自分がどうなりたいかをある程度思い描きながら、就職活動に臨めるようになると良いですね。 内定獲得をゴールにするのではなく、就活を目的達成のための手段にするため、一度ご自身の将来についてじっくりと考えてみ

就活はいつから始めればいいの?就活の開始時期とスケジュールを知ろう

就活はしなければいけないと思いながらも、実際はいつから就活を始めれば良いかわからない方がいると思います。 2016年卒から就活が後ろ倒しになり、準備期間少ないために焦りを感じている就活生もいるのではないでしょうか。 本記事では、まず就活スケジュールの全体感を掴んで頂くために、採用情報解禁・企業説明会・ES提出や選考(筆記試験、グループディスカッション、面接など)・内定までを含めた一般的な就活期間を記載していきます。 その上で、就活に臨む上での心構えを整えていってもらえればと思います。



おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2017年08月16日 オフィス移転のお知らせ
2017年06月09日 FULL HOUSE運営メディアがRSS配信に対応致しました
2017年03月29日 FULL HOUSE公式メディアが就活アンサーと連携しました
2017年03月01日 株式会社FULL HOUSEが創業1年を迎えました!
2017年02月13日 TABI CHANNELが多言語対応しました

タグ一覧

ランキング(20)
転職(36)
面接(30)
就活準備(66)
人事/採用(35)
スマホアプリ(40)
iPhoneアプリ(40)
Androidアプリ(40)
出会い系/婚活/マッチング(27)
恋愛/デート(26)
ゲーム(10)
アニメ(8)
洋楽(4)
映画(4)