Top > テクノロジー > プログラミング

20代・30代なら知っておくべき!コスパ最高のおすすめスーツブランドまとめ






ビジネスシーンに欠かせない存在、それはスーツ。バリっと着こなすことで仕事へのスイッチが入り、ほどよい緊張感をまとい、時には周りの女性たちを虜にする(?)仕事とは切っても切れないアイテムです。

しかしいざスーツを選ぶとなると、数多のブランドがあり、価格もピンキリでどれを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、コスパに優れたスーツブランドに絞っておすすめのものを紹介します。
また、スーツを選ぶ際のポイントについても紹介するので、新しいスーツ選びの参考にしてみてください。

【目次】20代・30代なら知っておくべき!コスパ最高のおすすめスーツブランドまとめ

 

スーツ選びのポイントは何よりサイズ感を重視すべき

スーツは肩で着るものと心得る

ベントが開いているジャケットはサイズが小さい

袖口からシャツが少し見えているか

Vゾーンから手のひらが入るくらいの余裕を

着丈はお尻がちょうど隠れるくらいを目安に

ウエストは少し余裕があっても大丈夫

スーツのスタイルによって裾の長さは変わる

コスパに優れたおすすめスーツブランドまとめ

ORIHICA

SUIT SELECT

THE SUIT COMPANY

P.S.FA(パーフェクト・スーツ・ファクトリー)

ONLY

green label relaxing

UNIQLO

はるやま

SAKAZEN ONLINESHOP

gotairiku

低価格オーダースーツブランドをご紹介

BIGVISION

UNIVERSAL LANGUAGE

Global Style

さいごに

 

 

スーツ選びのポイントは何よりサイズ感を重視すべき

 

ファッションの流行は毎年のように変わっていきます。

流行の色、流行のアイテム、そして流行のサイジング。

近年ではビッグシルエットなる大きめのサイズの洋服が流行しています。

 

しかし、スーツにおいてはサイズの流行はありません。

いつの時代でも変わらず、スーツはジャストサイズが一番であると言われています。

自分の体に合っていないスーツを着ているだけで、動きにくくて窮屈さを感じるだけではなく、野暮ったい印象を相手に与えてしまうことになります。

 

スーツ選びのポイントは、何を差し置いてもとにかくサイズ感を最も重要視するようにしましょう。

スーツには、自分の体に合っているのかどうかをチェックするポイントがいくつかありますので、それぞれをくまなくチェックしながらピッタリのものを探していきましょう。

 

スーツは肩で着るものと心得る

 

自分の体に合ったスーツかどうかを見極める最初のポイントは、自分の肩幅にスーツがあっているかどうかを確認することです。

肩幅が合っているスーツなら、スーツの重みが均等に肩にかかり、着心地が良くなります。

 

一方で、肩に合っていないサイズのスーツを選んでしまうと、肩が不自然に落ちてしまったり腕周りに窮屈さを感じたりするでしょう。

昔から「スーツは肩で着るものである」と言われており、スーツ選びの基本中の基本と言えるためぜひ押さえておきましょう。

 

ベントが開いているジャケットはサイズが小さい

 

ジャケットを羽織ってボタンを留めた時、背中側のジャケットの切れ目(=ベント)が開いている場合は、サイズが小さいことを意味しています。

この場合は、ワンサイズ大きいジャケットを選ぶようにしましょう。

 

袖口からシャツが少し見えているか

 

ジャケットを羽織り、身体をリラックスさせたときに、袖口からカッターシャツの袖が1.5cm~2.0cmほど見えている状態が最も美しいとされています。

目安としては、手首の骨から指一本分程度のところまでジャケットの袖口があるのが理想です。

 

Vゾーンから手のひらが入るくらいの余裕を

 

ジャケットを羽織ってボタンを留めた時、Vゾーンから手を入れて手のひらが入るくらいのサイズ感が、ジャストフィットし美しいサイズであると言われています。

あまりにも余裕がある場合や手を入れる余裕がない場合は、サイズが合っていないということになりますので、ワンサイズ上下のタイプを選びましょう。

 

着丈はお尻がちょうど隠れるくらいを目安に

 

ジャケットの着丈は、お尻がちょうど隠れるくらいがピッタリのサイズです。

チェック方法としては、手を間下におろした時に、ジャケットの裾を指の第1・第2関節を自然に曲げて掴むことができれば程よい着丈となります。

 

ウエストは少し余裕があっても大丈夫

 

パンツは体にぴったりフィットしている方がシルエットも美しくなりますが、職種や業種によっては立ったり座ったりを繰り返すこともあり、窮屈さを感じてしまうこともあるでしょう。

そういう場合はパンツのボタンを締めた時に、軽く手が入るくらいの余裕を持っておいた方が楽になります。

 

また、スラックスを試着した時には、スラックスのサイズがきつすぎないか、もしくはゆるすぎないかを確認するために屈伸をしてみましょう。

この時に、スラックスの生地が張り過ぎておらず、適度なゆとりを感じることができれば、程よいサイズ感であると言えます。

 

スーツのスタイルによって裾の長さは変わる

 

パンツの裾丈は、ビジネスシューズを履いたときに、足の甲の上でワンクッション(=スラックスのたるみのこと)するのが一般的と言われています。

ただ、最近では細身のスーツが好まれる傾向にあり、この場合はやや短めの裾丈が好まれます。

 

一方、太めのパンツの場合は逆に裾を長めにした方がバランスが良いと言われていますので、どのようなスタイルのスーツを選ぶかによって変わるということを理解しておきましょう。

また、どんなスタイルでもたるみ過ぎているような場合は、裾丈が長すぎますのでサイズを変更した方が良いでしょう。

 

 

コスパに優れたおすすめスーツブランドまとめ

 

自分の体に合ったスーツ選びのポイントがわかったところで、ここからはおすすめしたいコスパに優れたス―ツブランドについて紹介していきます。

自分に合ったスーツが手頃な価格で手に入りますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ORIHICA

 

 

紳士服販売の大手である洋服の青木がプロデュースしているスーツブランドである「ORIHICA」。

ブランド名のORIHICAとは、「ORIGINAL」(独創的で)、「HIGH」(ハイレベルで)、「CATEGORY」(違う切り口で)という3つのキーワードの頭文字をとって命名されています。

1着で3通りの着こなしが楽しめる「ONE BY TEREE」というカテゴリでは、18,000円という低価格からスーツが手に入る手軽さがあり、ほかにも、「ゆるすぎず堅すぎない」をコンセプトにした「THE THIRD SUIT」など、さまざまなスーツが揃っているのが特徴です。

 

※ORIHICAの公式サイトは こちら から

 

SUIT SELECT

 

 

「SUIT SELECT」は人気クリエイティブ・プロデューサーの佐藤可士和氏が店舗設計から商品開発までを一貫して手掛けるスーツブランドです。

「仕事に臨む」という意識と「服を楽しむ」という意識の両方を理解している人が、自覚的に選ぶスーツを目指し、進化した仕事服として「リアルスーツ」をコンセプトに掲げています。

2つボタンのシングルスーツが18,000円台から手に入るほか、様々なスタイルのスーツがリーズナブルな価格で揃っている人気ブランドです。

 

SUIT SELECTの公式サイトは こちら から

 

THE SUIT COMPANY

 

 

洋服の青山で有名な青山商事が手掛けるスーツブランド「THE SUIT COMPANY」。

品質に妥協せず、確かな生地、こだわりの縫製、ファッション性の高さを、フェアな価格で提供することをコンセプトに、リーズナブルながら高品質なアイテムを提供しています。

新作のスーツが19,000円台から購入でき、幅広い年齢層に人気のブランドとなっています。

 

THE SUIT COMPANYの公式サイトは こちら から

 

P.S.FA(パーフェクト・スーツ・ファクトリー)

 

 

紳士服販売の大手であるはるやま商事が手掛けるスーツブランドが「P.S.FA(パーフェクト・スーツ・ファクトリー)」です。

とにかくリーズナブルな印象のこのブランドは、ベーシックなスーツが20,000円台から揃っているほか、オンラインストアを利用すると11,000円からスーツが手に入るという驚きの価格を誇っています。

また、洗練性とバランスを突き詰めた「COLLECTION MODEL」、旬のトレンドを取り入れたP.S.FA人気の「CLASSICO MODEL」、上質な全量と素材を使用した大人向けスーツの「URBAN MODEL」の3つのカテゴリを用意しています。

 

P.S.FA(パーフェクト・スーツ・ファクトリー)の公式サイトは こちら から

 

ONLY

 

 

京都の北山にオープンしたショップからスタートしたスーツブランド「ONLY」。

かつては「The @ SUPER SUITS STORE」として、ロープライスでの2価格帯スーツのパイオニアとして事業を展開していました。

 

「ONLY=ほかにはないもの」というコンセプトのもと、裁量で最適なスーツを作ることを目指しています。

現在でも19,000円、28,000円、38,000円の3つの価格帯のみでスーツを販売しており、リーズナブルな価格ながらも、非常の高い品質のスーツを提供し続けています。

 

ONLYの公式サイトは こちら から

 

green label relaxing

 

 

人気アパレルブランドUNITED ARROWSが手掛けるスーツブランド「green label relaxing」。

洗練されたデザインのスーツが上下で30,000円を切る価格で手に入ることから、お洒落に敏感な若者を中心に人気を集めるブランドです。

 

green label relaxingの公式サイトは こちら から

 

UNIQLO

 

 

大人気アパレルブランド「UNIQLO」でもセットアップを販売しています。

定番のジャケットを5,990円~12,900円、合わせるパンツも5,990円で購入できるというコスパの良さは、ほかのアイテム同様にさすがUINQLOといったところでしょうか。

 

また、オーダーメイド感覚で選べる「ストレッチウールジャケット」が人気で、2112通りのサイズから自分に合った一着を選ぶことができます。

このジャケットがオンラインで購入できるのですから、便利な時代になったものです。

 

UNIQLOの公式サイトは こちら から

 

はるやま

 

 

はるやま商事が手掛ける紳士服販売の大手「はるやま」でも、ビジネススーツをリーズナブルな価格で手に入れることができます。

大きな特徴は、指定商品に限りスーツ2着を18,900円で販売している「スーツまとめ買いサービス」を展開していること。

その他にも、自宅で洗濯でいるスーツやツーパンツスーツ、完全ノーアイロンシャツなど、バラエティに富んだ商品を取り扱っています。

 

※はるやまの公式サイトは こちら  から

 

SAKAZEN ONLINESHOP

 

 

大きいサイズの服でなじみの「SAKAZEN ONLINESHOP」でも低価格でスーツを購入することができます。

ツーボタンのビジネススーツが1万円前後から販売されているほか、機能性に富んだスーツから海外ブランドのスーツまで幅広く展開しているのが特徴です。

 

SAKAZEN ONLINESHOPの公式サイトは こちら  から

 

gotairiku

 

 

日本を代表する人気アパレルメーカー、オンワード樫山が展開するビジネススーツブランドが「gotairiku(五大陸)」です。

スーツの価格は54,000円からとこれまでに紹介してきたブランドと比較すれば高額に感じるかもしれませんが、品質の高さと素材にこだわっており、耐久性は抜群で長い目で見れば間違いなくコスパの良い商品であると言えるでしょう。

 

商品の中には、軍用にも採用される高耐久ナイロン糸であるコーデュラを使用しているものがあり、通常のスーツの10倍以上の耐久性を誇るのだとか。

長く愛用できるスーツをお探しなら、こちらのブランドもおすすめです。

 

gotairikuの公式サイトは こちら から

 

 

低価格オーダースーツブランドをご紹介

 

どうせスーツを買うなら、自分のピッタリ合ったサイズのものを手に入れたい!という方のために、低価格でオーダーメイドのスーツを提供しているブランドを紹介します。

 

BIGVISION

 

 

オーダーメイドのスーツを低価格で提供する筆頭格が「BIGVISION」。

上質な生地を現地にて直接仕入れてストックしており、さらに自社にて縫製工場を抱えていることから、オーダーメイドスーツを20,000円台からという驚異的な低価格で提供しているブランドです。

 

トレンドにも敏感で、様々なスタイルのスーツを提供できるのも強みの一つ。

もちろん、高級生地も扱っており、オーダーメイド初心者から上級者まで幅広く対応できるおすすめブランドです。

 

BIGVISIONの公式サイトは こちら から

 

UNIVERSAL LANGUAGE

 

 

THE SUIT COMPANYがプロデュースするオーダーメイドスーツブランド、「UNIVERSAL LANGUAGE」。

1着39,000円、2着で49,000円というリーズナブルな価格でオーダースーツを購入することができます。

本来であれば有料オプションとなるケースが多いスーツのディテール加工を標準装備。専属スタイリストによるこだわりのフィッティングと、さらにこだわりぬいた豊富な種類の生地で、他にはないあなただけにフィットする最高の一着をわずか3週間で手に入れることができます。

 

UNIVERSAL LANGUAGEの公式サイトは こちら から

 

Global Style

 

 

東京を中心に大阪・京都・の呉屋・福岡に店舗を展開しているオーダースーツブランド「Global Style」。

1着38000円という低価格ながら、本格的なオーダースーツが手に入ります。

老舗生地問屋直営店という強みを活かし、國内外のメーカーから5000種類以上の生地を用意。

さらに「Modern Classic Model」「Vintage Classic Model」「Slim Fit Model」など12のモデルから好きなタイプを選択することができます。

また、多数の有料オプションも用意されており、自分だけのこだわりを詰め込んだスーツを制作することができます。

 

Global Styleの公式サイトは こちら から

 

 

さいごに

 

今回は、スーツ選びのポイントとコスパに優れたスーツブランドについて紹介しました。

製法や素材にこだわっているスーツが低価格で手に入るようになり、スーツを選ぶ選択肢が増えているのは、私たちにとっても嬉しいものですよね。

スーツ初心者はもちろん、これまでさまざまなスーツを着こなしてきたスーツスタイル上級者でも満足できるラインアップが揃っているので、きっとお気に入りの一着を見つけることができるでしょう。

 

また、よりこだわりを持ったスーツを選びたい場合は、オーダーメイドスーツに挑戦してみてはいかがでしょうか。

世界に一つだけのスーツは、仕事における最高の装備となることでしょう。

サイズもスタイルも自分にピッタリ合ったスーツを選べば、気持ちよく仕事ができるようになります。

ぜひあなたらしいスーツを手に入れてください。


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2018年04月25日 Petpediaのタイアップ型記事広告をリリース
2017年08月16日 オフィス移転のお知らせ
2017年06月09日 FULL HOUSE運営メディアがRSS配信に対応致しました
2017年03月29日 FULL HOUSE公式メディアが就活アンサーと連携しました
2017年03月01日 株式会社FULL HOUSEが創業1年を迎えました!

タグ一覧

ランキング(35)
転職(67)
面接(46)
就活準備(102)
人事/採用(64)
スマホアプリ(54)
iPhoneアプリ(54)
Androidアプリ(54)
出会い系/婚活/マッチング(37)
恋愛/デート(35)
ゲーム(13)
アニメ(10)
洋楽(4)
映画(6)