Top > ライフ > 英語

英会話は独学でマスターできる!基本の3ステップで無理なく楽しく習得しよう






就活や仕事でのステップアップ、海外に友達が欲しい、外国人と付き合いたい……など、いろんな理由で英語を話せるようになりたい!と思っている方は多いのではないででしょうか。

英会話というと、「英会話スクール」「聞き流すだけで英語が話せるようになるCD」「分厚い参考書」など、お金をかけなければ習得できないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はどれも必要はありません。

今回は、英語通訳・翻訳者として働く筆者も実践した「低コスト」で「楽しい」英会話のマスター方法をご紹介します!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】英会話は独学でマスターできる!基本の3ステップで無理なく楽しく習得しよう

 

英語を勉強しているのに、話せるようにならない理由

ありがちな理由1. 単語の暗記や文法メインの勉強ばかり行ってきた

ありがちな理由2. そもそもの勉強時間(英語に親しむ時間)が少ない

【前準備1】英語がしゃべるようになってどうなりたい?明確なルールを設定しよう!

【前準備2】環境を「英語環境」にチェンジする

英会話上達ステップ1:英文リーディングで目と頭を英語に慣れさせよう!

テキストは不要!自分が興味を持てるジャンルのテキストを使おう

英文は「かたまり」で読もう!

リーディングをしながら英単語と文法の基礎もおさえておくとベター!

英会話上達ステップ2:リスニングと発音を鍛えよう!

リスニングも自分が興味を持てるジャンルの音源・映像を使うとばっちり

「ディクテーション」のススメ

映画を使うのもおすすめ♪

英会話上達ステップ3:スピーキング力を鍛えよう!

「シャドウイング」のススメ

身の回りで起こっていることを英語で実況する

英語学習仲間との会話を全部英語にする

「ランゲージエクスチェンジ」の活用

楽しく英語を勉強して英会話をマスターしよう!

 

英語を勉強しているのに、話せるようにならない理由

 

why you can't speak english

 

「小中高ずっと英語を勉強してきたのになんで英語が話せないの?」と悲しむ人は一定数いらっしゃるようです。

でも、長期間英語を勉強してきたのに、なかなか話せるようにならないのは必ずワケがあります。

 

ありがちな理由1. 単語の暗記や文法メインの勉強ばかり行ってきた

 

いわゆる「受験英語」というもの。

英会話にあたり、単語を一生懸命暗記したり、文法をひたすら勉強するのは英語の読み書きの上ではとても役に立ちますし、TOEICや英検といった資格試験でもポイントが稼げます。

でも、英語を話す上で、

 

  • 耳で聞いた英語を瞬時に理解する
  • 脳内で素早く英作文を作り、実際に話す

 

といった、英会話に必要な要素にはあまり影響がありません。

というのも、英会話を勉強し始める上では、知識ばかり頭に詰め込んでも実践ができていなければあまり意味がないからです。

 

また、文法を詰め込みすぎると会話の細部が気になり、会話に集中できず、言葉が全く出てこない状況に陥りがち。

たとえば、

 

  • 「ん?今のは複数形の”s”がつくんじゃないの?」
  • 「will と be going to、どっちをつかえばいいんだっけ?」

 

など、会話にさほど必要がない文法やルールばかり頭に浮かびやすくなっちゃうんです。

 

また、

 

  • 「間違えていたらどうしよう」と恐れを抱いたり、
  • 「通じる/通じない」ではなく「正しい/間違っている」を重視してしまう

 

など、本当は言いたいことがきちんと伝えられる英語レベルのはずなのに、英文法やルールの正誤を恐れるあまり、何も英語で言えなくなった経験をされている方もいらっしゃるようです。

筆者も学生時代に同じような状況を経験し、これではなかなか英会話力は身につかないことを実感しました。

 

確かに文法を細部までマスターしようとするのはとても良い心がけです。

でも、難関大学入試に出てくるような難しいレベルではなく、ニュアンスが伝わる程度の中学レベル文法でも英語は十分相手に理解されますので安心してくださいね。

細かい文法は、ある程度英語が話せるようになってから身につけるくらいでも全然遅くない んです。

 

ありがちな理由2. そもそもの勉強時間(英語に親しむ時間)が少ない

 

  • 英会話クラスを受講している方
  • 聞き流すだけで英語が話せるCDを使って勉強している方

 

にあてはまりがちなのがこのケースです。

 

たとえば、英会話クラスを週末だけ受講している方の場合、1コマ1時間のクラスに週末2日通ったとしても、月に最大8時間しか英語を勉強できていないことになりますよね。

週末の英会話クラスに通うかたわら、教材を使って個人でちゃんと英語学習ができている方をのぞき、月8時間のレッスンに参加しているだけの人の場合、レッスン外で英語を話せるようになるまで相当の時間を要します。

ほとんど先生が話す時間が多いクラスなら、もっと話せる機会は減ってしまいます。

 

また、聞き流し系CDだけの英会話レッスンに頼っている場合も同じことが言えるでしょう。

聞き流すだけでは、頭のなかに英語が蓄積されるだけで、話す練習をしない限りインプット中心の学習になってしまうため、英語を話せるようにはなりにくいんです。

集中して聞くのはまだしも、聞き流していると実際に英語が必要になった際に、なかなか英語が出でこないことが多いかと思います。

 

英会話は、自分の頭で英作文を作成して相手にアウトプット(伝える)する作業が不可欠。

インプットだけではアウトプットはいつまでたってもできるようにはなりません。

そのため、常に自分の頭で英作文を作成できるような勉強をすることが一番大事です。

 

でも、どうやって学習を進めていけば良いのでしょうか?

実際に、日本生まれ日本育ち、留学経験0で現在英語の通訳・翻訳者として働いている筆者が、英会話をマスターすべく実践した準備方法と、飽きずに楽しくローコストでトライできた英会話学習方法をご紹介します!

 

 

【前準備1】英語がしゃべるようになってどうなりたい?明確なルールを設定しよう!

 

vision

 

みなさんは、英会話をマスターしてどんなことがしたいですか?

ただ漠然と英会話習得に向けて勉強するのと、明確なゴールを決めて勉強するのとでは気持ちの入り方が違ってきますよ。

 

たとえば、

 

  • 英語ペラペラになって今の職場で昇進して、年収1,000万目指したい!
  • 社内公用語が英語になったので、ミーティングや通常のコミュニケーションに困らないようになりたい
  • 同じクラスの留学生の子と英語でコミュニケーションができるようになり、あわよくば付き合いたい
  • 英語で海外美女をナンパしたい
  • 英検のスピーキングテストで満点取りたい!

 

……など、どんな目標でも良いので、ゴールを設定してモチベーションを保ちましょう。

語学勉強は毎日の継続で習得度が変わってくるため、「継続のために必要なモチベーション」を作っておくのは必須ですよ!

 

 

【前準備2】環境を「英語環境」にチェンジする

 

english environment

 

留学したら英語が話せるようになるのは、勉強のほか、「英語に触れている時間が長いから」という理由もあるんですよね。

でも、「英語が話せるようになるなら留学したいけど、時間もお金もない!」という人が英会話学習者の大半かと思います。

ならば、自分をとりまく環境を全部英語仕様にしちゃいませんか?

 

たとえば、

 

  • スマホの設定を全部英語にする
  • 家でテレビを観る時間は全て英語のラジオ時間にする
  • 音楽は洋楽にする
  • 映画は絶対英語音声で観る

 

……など、日常のあらゆるものや環境は英語にチェンジできるんです。

 

筆者も、自分のスマホの言語を英語にしたり、自宅で仕事をする際はイギリスのラジオをBGMにしておくなど、極力英語に触れられる環境づくりを心がけてきました。

英語の勉強をしていない時でも英語のある空間づくりさえできていれば、少なくとも耳も頭も英語に抵抗がなくなり、日に日に英語がある空間が当たり前になってきますよ。

 

〜無料利用できるおすすめラジオ〜

 

海外の英語ラジオを聴くなら、  TuneIn  がおすすめ。

ラジオサイトを探してあちこちジャンプしなくても、このサイトで世界中のラジオ局にアクセスできるため、あれこれ探す時間も手間も省けます。

 

 

英会話上達ステップ1:英文リーディングで目と頭を英語に慣れさせよう!

 

reading skill

 

さて、準備ができたら英会話の学習に移りましょう。

初っ端からいきなり話し始めるのではなく、まずはリーディングで目と頭を英語に慣れさせていきます。

 

「英会話なのになぜリーディング?」

と不思議に感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、リーディングをすることで英会話力は飛躍的に伸びます。

大量に英文を読むことで、アウトプットできる量も自ずと増えるからです。

 

テキストは不要!自分が興味を持てるジャンルのテキストを使おう

 

まずはテキスト選びから。

テキストといっても、お堅めの、学校でもらうようなテキストだと飽きちゃいますし、モチベーションもいまいち上がりませんよね。

なら、自分が興味・関心のある内容のテキストを選んじゃいましょう!

 

たとえば、

 

  • 美容サイトは日本のキュレーションサイトじゃなく海外の英語サイトのものを読む
  • ハリウッドゴシップニュースは現地のニュースサイトや雑誌を利用する
  • 英語に翻訳された日本文学小説を読む
  • 新聞を読むなら英語ニュースサイトを読む、もしくは英字新聞を購読する

 

……など。

 

今の時代ならインターネットで海外のニュースサイトもなんでも英語で、無料で読めますね。

 

〜おすすめの英語ニュースサイト〜

 

・  The Japan Times

 

日本のニュースを英語で伝えているニュースサイト。

すでにテレビで放送されているニュースも多いため、英語でニュース内容をおさらいするように読むと良いですね。

コラムも充実していますよ!

 

・  News In Levels

 

英語の習熟度別に易しい英語で書かれたニュース。

英語力を試したい時に読むのもおすすめです。

 

英文は「かたまり」で読もう!

 

英語を読む際にやってしまいがちなのが「訳しながら読むこと」。

文が長ければ長いほどやってしまいがちな読み方です。

これだと、英語を読んでいるのに日本語の文法や読み方、考え方が定着してしまい、英語が身につきませんし、なにより文全体を読み終わるのに相当時間がかかってしまいます。

 

英語を読む際は、

 

  • 英語の語順で
  • 英語で考える

 

作業が必要です。

まずは、英文全体をかたまりごとに区切って読みましょう。

 

〜区切り方のポイント〜

 

区切る際は、「文のつながり」を意識すると良いですね。

 

たとえば、

 

  • コンマ「,」セミコロン「;」コロン「:」
  • 長い主語
  • 前置詞(at, in, on など)
  • 関係詞(what, when, where など)
  • that説

 

などで区切ると文章がわかりやすくなりますよ!

これらの練習を続けることで、どんどん英語の内容理解ができるようになり、

 

  • 単語
  • 英語表現
  • フレーズ
  • 文法

 

がバランス良く身につくようになります!

 

読む量が増えるにつれ、英語を読むスピードと理解スピードが速くなる ため、頭の中で英作文も組み立てやすくなりますよ。

 

リーディングをしながら英単語と文法の基礎もおさえておくとベター!

 

冒頭で英単語と文法は必要以上に覚えなくてもOKと説明しました。

でも、ある程度英会話力をつけるためには最低限の英単語と文法は必要ですよね。

リーディング練習と並行しながら単語力と文法力も徐々に身につけておきましょう。

……といっても、ただ単語帳を暗記したり文法本を読み漁るのは苦痛に感じる方も多いはず。

(筆者もそうでした)

 

そこでおすすめなのがアプリ!

スマホで隙間時間にできるため、勉強のハードルも下がりますよね。

 

〜単語力・文法力を鍛えるのにおすすめの無料アプリ〜

 

・  早打ち英文法

 

中学・高校英語の基礎文法を早打ちで答えるクイズアプリ。

間違えやすいポイントの解説もあるので、楽しく基礎固めするには最適です。

 

・  スタディサプリ英単語

 

中学英語から「読む」「聞く」「話す」」「書く」セクション別に単語勉強ができます。

「ゲーム感覚でサクサク覚えられる!」と英語学習者に人気のアプリですよ。

 

 

英会話上達ステップ2:リスニングと発音を鍛えよう!

 

listening and pronunciation

 

さて、ここからリスニングと発音のセクションに移ります。

 

リスニングと発音を聞き分ける力が不足していると、

 

  • 相手が話す内容がよくわからない
  • 発音がわからず、内容を間違えて認識してしまう

 

などのトラブルに陥りがちです。

 

でも、継続してリスニングと発音を勉強することでそんなトラブルとは無縁に!

継続しやすいおすすめの勉強方法をご紹介します。

 

リスニングも自分が興味を持てるジャンルの音源・映像を使うとばっちり

 

リスニングも、リーディングと同じく

 

  • 自分が興味・関心をもてて
  • 楽しく感じられるもの

 

を選びましょう!

たとえば、

 

  • 日本の芸能人が英語を話しているYoutube動画(宇多田ヒカルさんや赤西仁さん、Yoshikiさんなど)
  • ハリウッドセレブのインタビュー動画
  • 英語ニュース動画

 

などが取り掛かりやすいかと思います。

 

聞き方のコツ

 

聞き方にも、読み方と同じようにコツがあるんです。

 

1回目:まず、音声を途中で停止せずに全部聞く

 

聞こえた音を頭の中で繰り返しましょう。

聞き取れなかった場所があっても、止めずに最後まで聞いてください。

 

2回目:1回目のリスニングで意味や発音がわからなかったところを書き出す

 

なんとなくわからなかったところは、何度も聞き直しましょう。

何度も聞いて音を覚え、発音がわからなかったところはその単語を辞書で調べ、発音記号をチェックしておくと良いですね。

 

3回目:文全体のリズムをキャッチする

 

日本語は抑揚がなくてもリズムが一定でも通じますが、英語の場合は

 

  • アクセント
  • イントネーション
  • 文全体のリズム

 

が大きな意味を持ちます。

 

3回目のリスニングになると、

 

  • 特に大事な単語は大きく発音されること
  • 弱い音と強い音でリズムが生まれていること

 

がわかってくると思います。

声の強弱やリズムに注意して聞いていると、会話の大事なポイントが把握できるようになってきますよ。

 

「ディクテーション」のススメ

 

ディクテーションは、聞こえてきた文章を書き起こす作業のこと。

 

これを繰り返すと、

 

  • 英語独特の発音変化がわかるようになる
  • わからない単語も重点的におさえられる
  • 書き起こすことで内容がすらすら頭に入ってくる

 

ようになります。

書き取る際は、PC入力でも紙に書き込むのでもどちらでもかまいません。

 

〜英会話上達におけるディクテーションの手順〜

 

  1. まずはお好みの音声を再生します。
  2. 1文が終わったら停止し、内容を書き起こしましょう。

 

2. のあとに、再生された音声を聞いて復唱するとより内容が頭に入りやすいですよ。

もし、わからない場所があれば繰り返し聞きましょう。

 

映画を使うのもおすすめ♪

 

「音声だけのリスニング、飽きてきた〜」

という方はいらっしゃいませんか?

そんな方には、洋画DVDを使ったリスニング・発音勉強がおすすめです!

 

〜洋画DVDを使った学習方法〜

 

まず、自分が好きな洋画DVDを用意して3回観ましょう!

 

1回目の視聴:英語音声と日本語字幕で観る(内容を把握する)

2回目の視聴:英語音声と英語字幕で観る(英文と英語の音で内容を把握する)

3回目の視聴:英語音声だけで観る(リスニングの強化)

 

1回目の視聴で、まず映画の内容を把握します。

 

2回目は、英語の音声と英語の字幕でストーリーを追いかけ、

「さっき字幕で ”wake up”って出てたけど、あの人、”ウェイカッ”って言ってたなぁ」

「さっきの日本語字幕英語音声、言ってる内容が違うよ?」

など、発音変化や英文の構造を確認するのが目的です。

 

3回目は、2回目の視聴で英文字幕でおろそかになっていた耳を英語漬けにするためのステップ。内容はすでに頭に入っているので、リスニングを重視して観てみてくださいね。

時間があれば、2回目と3回目を2回繰り返してみてください。

映画のシーンや登場人物とセットでフレーズや単語を覚えられたら、なかなか忘れにくいはずです。

また、 3回目の視聴でディクテーションをするのもリスニング力強化にとっても役立ちますよ!

 

ただし、映画を英会話学習に使う場合注意点もあります。

それは映画ジャンル選び。

基本的に映画は好きなジャンルを選んでOKなのですが、英会話に向かないジャンルもあります。

 

  • 裏社会系…放送禁止用語が多い傾向にあり、実際の英会話には向かない内容がほとんど。
  • 政治や経済系…専門用語が多いことが予想されるジャンルは、呼び知識がないと内容理解が難しい場合があります。

 

もし時間がなくて映画を最低3回観るが難しい場合は、

 

  • ディズニーなどの子供向けアニメ
  • 海外ドラマ
  • 日本アニメ映画(ジブリなど)の英語版

 

を観るのもおすすめです。

繰り返しリスニング対策練習をすることでリスニング力が鍛えられたら、発音の変化も徐々に身につき、知らない音を「雑音」として聞き取っていた脳も徐々に変化していきます。

「知っている音」が増えれば増えるほど、英語が聞き取れる範囲も広がるだけでなく、自分が英語を話す時にも発音が上達します。

リスニングとスピーキングはこうしたところで深く結びついているんですね。

 

他の記事「  英語のリスニング力にお悩みの方必読!リスニング力UPに必要なコツを知って英語力を上げよう  」でもリスニングスキルを上げるための方法や、「  あなたの英語がどんどん流暢に!英会話に役立つ英語発音改善方法  」という記事では発音方法の改善方法の詳細もご紹介しています。

お時間のある方はぜひ読んでみてくださいね。

 

 

英会話上達ステップ3:スピーキング力を鍛えよう!

 

speaking

 

最後のステップです。

ここまできたら、英単語も文法も、リスニングも発音方法もかなりマスターできているのではないでしょうか。

 

ここのステップで、

「いろいろ英語が分かるようになったし、楽しいぞ!」

と感じられているなら、英語ペラペラになる日もきっと近いはず。

楽しく勉強でき、ストレスなく喋れるのがベストですよね。

 

では、スピーキングにあたり、どんな勉強を進めていけば良いのでしょうか?

 

「シャドウイング」のススメ

 

さきほど、聞こえてきた音声を書き取る「ディクテーション」をご紹介しました。

ディクテーションに使った音声を「シャドウイング」にも使ってみましょう。

 

シャドウイングは、聞こえてきた音声を追いかけるように声に出すこと。

音声が聞こえてきた1秒後(1単語が目安)くらいに聞こえてきた音声をリピートしましょう。

(周囲の雑音が気になる場合はヘッドホンをして実践してくださいね)

 

シャドウイングをすることで、

 

  • 正しい発音が身につく
  • 発音変化(連音など)がもっと身につく
  • 会話内容がよりはっきり記憶できるようになる
  • 英語のリズムや強弱、イントネーションが身につく

 

といった効果が得られます。

 

コツは、

 

  • 誰かに伝えるようにリピートする
  • ネイティブスピーカーになりきる

 

こと。

 

ただリピートするのではなく、誰かに情報を伝えるようにリピートすると、1人で練習していても軽い擬似会話体験になりますよ。

また、知っているハリウッド俳優でもアイドルでも誰でも良いのでネイティブスピーカーになりきることで、英語を話している自分にもっと自信が持てるはずです。

もし詰まるところがあったり、発音が微妙なところがあれば、徹底的に聞き直してわからないところをなくしておきましょう!

 

身の回りで起こっていることを英語で実況する

 

たった今見聞きしたことを英語に変えて言ってみましょう。

なんでも英語に変えて言うことで、実際にネイティブスピーカーと話すときに英文を組み立てやすくなりますよ。

 

また、

 

  • これまで読んだ英文で気に入ったフレーズ
  • これまでに聞いてきた英文で知った決まり文句
  • 好きな映画の決め台詞
  • 日常会話表現

 

など、思いつくフレーズを全部口に出して丸暗記するのもスピーキング力強化に効果的。

丸暗記できるレベルまできたら、実際の英会話でも何も考えずにスラスラ英語表現ができるようになります。

文法も語順も考えなくて良くなるので、英語を話すときの「え〜と、ah〜, なんだっけ? You know……」など、言いたい単語などが出てこないストレスも解消できますね。

 

英語学習仲間との会話を全部英語にする

 

学習環境によっては難しいかもしれませんが、筆者にとても効果的だったのがこのスピーキング練習法。

ふだん日本語で話している友達でも、会話は全部英語にするルールを設けてみると、外国人がそばにいなくても英会話の対人練習が可能になりますね。

 

「もしうっかり日本語を話してしまったら、メンバーみんなにコーヒーをご馳走する」

など、ちょっとしたペナルティーをつけると盛り上がります。

 

「ランゲージエクスチェンジ」の活用

 

ランゲージエクスチェンジは、学習パートナーを作り、パートナーの母国語を教えてもらう代わりに、自分の母国語を教える学習方法です。

「でも、相手なんてどこで見つけるの?」と思ったあなた!

アプリがありますよ!

 

〜おすすめ無料ランゲージエクスチェンジアプリ〜

 

「  ハロートーク  」は、全世界に7万人ものユーザーがいる、言語学習に特化したSNSアプリです。

チャットベースで学習を進めていきますが、

 

  • 相手のチャットでの文法ミスやミススペルの修正機能
  • 通話機能

 

など、言語学習に特化した機能が盛りだくさん!

 

パートナー候補は数万人いるので、パートナー選びにも困りません。

また、相手のプロフィールページでは

 

  • プロフィール写真
  • 年齢
  • 職業
  • 興味があること
  • 趣味
  • 母国語のレベル
  • 勉強したい言語の習得レベル

 

といった記載事項もありますので、好きな話題や趣味を中心にした学習も可能ですし、お互いのレベルに応じた教え方ができるのも嬉しいところ。

筆者もこのアプリを使っていますが、パートナーがいることで「この子がせっかく教えてくれているんだから、もっと頑張らなきゃ!」と、モチベーションがさらに高まりました。

また、「あれ、英語で日本語の〇〇はどうやって説明したら良いかな?」など、日本語をいかに英語でわかりやすく伝えるかなど、英会話ができないと成立しない場面も多々あるため、「英語で何かをわかりやすく伝えるスキル」ももれなく習得できるはずです。

もちろん、言語を通じたお友達作りも可能ですよ!

 

 

楽しく英語を勉強して英会話をマスターしよう!

 

success

 

ローコストで楽しく飽きにくい英会話勉強法をご紹介しました。

まずは自分のレベルを知って、楽しく勉強を継続することで英語力は必ず身についてきます。

最初は「難しいな」と思っても、目標を掲げて継続することでだんだん英語が話せるようになりますよ。

 

ちなみに、英語を話せるようになるには最低でも1,000時間必要といわれています。

まずは週末3時間、1ヶ月続け、英語を勉強できる時間を増やしていきましょう。

 

徐々に「自分話せるじゃん!」と感じられてきたら、すでに英会話を楽しめている証拠。

このまま他の英語学習者と差をつけながら、英語をどんどん身につけていきましょう!

 

▼関連記事

 

・  あなたの英語がどんどん流暢に!英会話に役立つ英語発音改善方法

・  英語のリスニング力にお悩みの方必読!リスニング力UPに必要なコツを知って英語力を上げよう

・  件名から締めまで英語メールはこれでバッチリ!英語のビジネスメールの送り方や頻出フレーズを解説

・  英語"で"勉強したいときにおすすめの参考書3選


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2020年08月18日 FULL HOUSE運営メディアに「Google Map」の情報が追加されました
2020年06月05日 FULL HOUSE運営メディアに「キーワード検索」が実装されました
2020年04月16日 グルメメディア「はらへり」、"テイクアウトや宅配が利用できるお店の特集"と"コロナに苦しむ飲食店の応援キャンペーン"を開始
2020年02月03日 【祝】株式会社FULL HOUSEはお洒落なリノベ一軒家にオフィスを移転しました!
2019年11月13日 株式会社FULL HOUSE、飲食費を支給する「グルメ手当」と美容費を支給する「コスメ手当」を導入

タグ一覧

ランキング(37)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)