Top > ライフ > 服装/ファッション/アパレル

マタニティパンツの選び方や種類解説&おすすめマタニティパンツ20選






マタニティパンツは、春先や秋、冬場に大活躍してくれます。
普通のパンツよりもストレッチが利いていることはもちろん、細身え効果が期待できるデザインのものやカラーバリエーションだって豊富!

真冬の寒い時期には、裏起毛のついているマタニティパンツも発売されています。

夏にはマタニティパンツを履くメリットはない?いえいえそんなことはありません。
マタニティパンツの種類は豊富なので夏にだって大活躍しますよ!

今回はオールシーズン使えて便利なマタニティパンツをご紹介します。

【目次】マタニティパンツの選び方や種類解説&おすすめマタニティパンツ20選

 

マタニティパンツの気になる情報まとめ&マタニティパンツのおすすめ20選

マタニティパンツってどんなもの?

マタニティパンツとは?

マタニティパンツはどんなものを選ぶべき?

マタニティパンツは絶対必要なものなの?

マタニティパンツは絶対に購入しなければならないの?

マタニティパンツは自分でも制作できる

マタニティパンツにはメリットがたくさん!

圧迫感なく臨月でも着用できる安心感

上の子が元気盛りの方や、たくさんお散歩する方にぴったり!

マタニティパンツを着用するメリット

身体を冷やさず温かく過ごせる

細身え効果が期待できる

少しきっちりした場所にも着用可能

マタニティパンツにデメリットはある?

妊娠期間中や産後以外では着用の機会がない

着用期間が短いけれど値段が高いと感じることも…

オシャレママ必見!おすすめマタニティパンツ20選!

ジーンズタイプのマタニティパンツ5選

オフィスでも着用できる、キレイ目マタニティパンツ5選

暖かい時期や夏場に重宝するマタニティハーフパンツ5選

普段使いにおすすめのゆったりマタニティパンツ5選

マタニティパンツは色々な種類がある

 

マタニティパンツの気になる情報まとめ&マタニティパンツのおすすめ20選

 

maternityribbon

 

妊娠中期に差し掛かる頃には、普段来ている服が少し窮屈になってきます。

おなかが膨らんでくる頃合いには個人差がありますが、どんなにおなかが小さめの方でも妊娠後期に差し掛かる頃にはマタニティウエアを着用することになります。

筆者も妊娠7ヶ月くらいまでは普段着用している服で何とかなっていました。

 

おなかも小さめで、後ろから見れば妊娠していると気が付かないほどで、臨月でもほかの妊婦さんよりかなりコンパクトサイズのおなかのままでした。

それでも  マタニティウエア   は着用して、マタニティパンツにはお世話になりました。

真夏の出産でしたがデニムタイプのマタニティパンツを何度も使用したので、春や秋の出産の方はもちろん、冬のお産の方はマタニティパンツは手放せないアイテム!

ではマタニティパンツについての基本的な情報やメリットについてご紹介していきます。

 

 

マタニティパンツってどんなもの?

 

pants

 

マタニティウエアの一つである、マタニティパンツ。

マタニティ用のパンツとは、どのようなものがあるのでしょうか?

まずはマタニティパンツの特徴や使い方などを知り、メリットなども把握したうえで購入を検討しましょう。

何月の出産でも、おそらくマタニティパンツは最低1本は購入することになると思います。

ではマタニティパンツとは、どのようなものなのか見ていきましょう!

 

マタニティパンツとは?

 

マタニティウエアというと、全体的にゆったりとしたイメージ。

パンツを履いていて足元がすっきりしている妊婦さんを見ると、おなかに負担がかかっていないか不安になってしまうかもしれません。

しかしマタニティパンツは妊婦さんの強い味方!

おなかには負担がかからず、足元は温かくてつまずきの心配も非常に少ないものがたくさん販売されているのです。

 

マタニティパンツの特徴

 

マタニティパンツには、以下のような特徴が見られます。

 

  • ウエストのサイズが調整できる、「マタニティ用」と表記があるもの
  • 肌に優しい素材にこだわっているもの
  • 産前だけでなく産後も使用できるもの

 

マタニティパンツは、産前はもちろん産後も長く使用することができます。

産後はおなかがペタンコになるわけではありません。

一般的には、赤ちゃんや胎盤、出産時の出血などを含めると5kgほど排出されるといわれています。

しかしこれはあくまで「一般論」!

出産したのに3kgしか体重が減らないという方もいます。

それに出産したからといって、いきなり産前の体に戻るというわけではありません。

 

子宮は赤ちゃんを育てるために膨らみ、おなかの皮膚もめいっぱい伸びているのです。

10か月時間をかけて伸びた子宮やおなかの皮が、出産してすぐに縮んでくれるわけではありません。

産後はおなかの皮もたるんでいるし、産前に体重が増えた分だけ脂肪も蓄えられているので「赤ちゃんを産んだのに、一体このおなかの中には何が入ってるのか…?」と思ってしまうくらいふっくらしているという方も多くいます。

産後に産前の洋服がすぐに着られる方もいるかもしれませんが、伸びた皮や大きくなった子宮などの状態が落ち着くまではマタニティパンツを使用することになります。

 

マタニティパンツはどんなものを選ぶべき?

 

マタニティパンツを購入するのであれば、できるだけ長く使用できて使い易いものを選びたいですよね!

長く使用できるマタニティパンツを選ぶポイントについて、簡単にまとめていきます。

 

マタニティパンツのウエスト調節機能が十分なもの

 

マタニティパンツの最も重要なポイントは、ウエスト調節機能です。

赤ちゃんもそうですが、ママのおなかを圧迫してしまうようなデザインのものは、やはり選ぶべきではありません。

販売店のものを、まずは参考にしてみてください。

 

初めてマタニティパンツを手にした方は、おなかをすっぽりつつむ布の面積の多さに驚くと思います。

筆者も最初マタニティパンツを購入した時は驚いて、本当にこんなに布が必要なのか疑問でした。

それと同時にウエスト調節機能も、こんなにゆるゆるになるまで調節するのかと半信半疑でした。

 

しかし、ウエスト調節機能は妊娠後期に差し掛かると結構な頻度で触ることになり、一番大きくするまではなりませんできたが調節機能がなければパンツを買い直すことになっていました。

ウエストが緩めのゴム素材のスウェットならば代用できると思っている方もいるかもしれませんが、臨月に近づくにつれてそれも限界を感じるようになると思います。

 

おなかの小さめだった筆者でさえ、臨月ではつま先が見えなくなりました。

小さめのおなかでさえそれくらいは大きくなるので、普通の大きさや大き目のおなかの方の場合はマタニティパンツを持っていて損はありません。

マタニティパンツを購入するのであれば、ウエスト調節機能のしっかりとついたマタニティパンツを選びましょう!

 

肌に負担をかけない素材

 

マタニティパンツの特徴でも触れましたが、マタニティウエアはできるだけ肌に優しい素材のものを選ぶことをおすすめします。

女性は敏感肌の方も多くいて、衣類の素材でも肌がカサカサしてしまう場合があります。

乾燥する時期は、特に衣類と肌の摩擦に気を付けたいところです。

マタニティパンツは、常に肌に記事が触れている状態です。

 

足は肌荒れしないからと思っていませんか?

内ももは皮膚が薄いので、皮膚と生地がすれてしまってかゆみや痛みが出ることも…。

しかも妊娠すると色々なところにお肉がつきやすくなります。

もちろん太ももにもつきやすくなっているので、尚更摩擦が起こり確率は上がってきてしまいます。

皮膚と生地の摩擦を防いだり肌トラブルを回避する意味合いでも、肌に負担をかけない生地を使用しているかをチェックして購入してください。

 

ストレッチが効く丈夫なものを選びましょう

 

マタニティパンツはある程度ストレッチが効くものを選ぶと良いです。

妊娠中の体型変化は、妊娠している本人にさえ予想が全くつきません。

妊娠中吐きつわりなどで5kgしか体重が増加しきれなかったという人もいれば、食べつわりで妊娠初期から食べていなければ気持ち悪くなってしまい、トータル20kg近く妊娠前よりも体重が増えてしまう人もいます。

 

妊娠後期に入ると赤ちゃんも下がってきてごはんもおいしくなり、つい食べ過ぎてしまうこともあります。

臨月になると1週間ごとの検診になりますが、どの都度1kg増えていてお医者さんに怒られる人も少なくないのです。

そうなるとやはり体型も変化しやすくなるため、できるだけストレッチの効いたマタニティパンツを購入しておくことで、同じものを長く使用することができます。

何度も使用するということは、型崩れしにくいマタニティパンツを選ぶことも重要です。

 

ショップの場合は店員さんに型崩れの件を相談しても良いですね!

その際にウエストのことやサイズのことを相談して、不安を一気に解消しましょう。

通販でマタニティパンツを購入するのであれば、重要になってくるのが着丈や寸法をしっかり確認する事。

そしてレビュー欄もチェックして、着用感などの口コミも購入の際に参考にしてみると良いのではないでしょうか?

商品レビューは通販での購入でき科得られない情報!

実際に使用している方の商品を使用した時の感想なので、購入しようか迷った時はレビュー欄を参考材料の一つに取り入れてみるのも良いですね。

 

 

マタニティパンツは絶対必要なものなの?

 

summerpants

 

産前産後はマタニティ用のスカートやワンピースを着用するから、マタニティパンツの購入は考えていない。

マタニティパンツって絶対に購入しなければならないの?

マタニティパンツは赤ちゃんのおむつのように、絶対に購入しなければならにないものなのかを見ていきましょう。

 

マタニティパンツは絶対に購入しなければならないの?

 

マタニティパンツは、マタニティウエアのように必ずしも購入しなくてはならないというものではありません。

ゆったりとしたゴムウエストのズボンならば、マタニティでも使用することができます。

しかしマタニティ用ではないので、どうしてもおなかが苦しくなったり圧迫されている感じや締め付けなどが気になってしまうことはあるはず。

できるならばマタニティパンツを購入しましょう。

 

妊娠中や産後にしか使わないものかもしれませんが、その時期だからこそ楽しめるオシャレもあります。

自分の子どもが親になるというときに「こんなものがあるんだよ」と、色々な提案のできる素敵なママになるためにも、色々な経験を積むという意味合いも込めてマタニティパンツは使用してみても損はないものです。

持っていると、必ず使用する機会も出てきます。

 

マタニティパンツは自分でも制作できる

 

どんな人でも購入してそのままあまり使用していないパンツはあるはず。

マタニティウエアはどれも結構なお値段だから、赤ちゃんのものにお金をかけて自分のものはできるだけお金をかけたくない!

そんな方はお裁縫が得意ならば、自分の持っている使用していないパンツをリメイクしてマタニティパンツにしてしまうということも可能なのです。

 

作り方は色々なHPで公開されていて、必要なものもサイトごとに掲載しています。

わかりやすく図で作り方を紹介しているHPや、無料で型紙をダウンロードできるHPなど千差万別。

お裁縫が得意な方や、自作のマタニティパンツを製作してみたいという方は、自分に合ったHPを見つけてチャレンジしてみてください。

ミシンを持っていると、作業も楽で丈夫なものが仕上がります。

 

 

マタニティパンツにはメリットがたくさん!

 

OK

 

マタニティパンツは着用することで得られるメリットがたくさんあります。

ではどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

圧迫感なく臨月でも着用できる安心感

 

おなかがどんどん膨らんでくる妊娠後期は、普段着用していた服が完全に入らなくなってきます。

パンツはウエストが閉まらず、チャックも上がらなくなります。

少しおなかが大きくなってくるとパンツの場合はすぐにウエストに跡がついてしまい、気が付くとおなかにズボンの締め付けの後が思っている以上にくっきり入ってしまうこともあります。

 

赤ちゃんに何かあったらと不安になってしまいますし、そのまま着用し続けるのはママも苦しいはず。

マタニティパンツはおなかを圧迫することなく、大きくなったおなかもすっぽりと包み込んでくれる構造になっています。

ウエスト調節機能が充実しているパンツであれば、臨月でも安心して着用することが可能!

おなかの赤ちゃんを圧迫せず、ママも楽ちんで安心感が持てます。

 

上の子が元気盛りの方や、たくさんお散歩する方にぴったり!

 

上の子が2歳や3歳という年齢の場合、元気盛りでいたずらだってすることもありますよね。

子どもの成長は嬉しいことですが、いたずらや失敗の多い元気いっぱいな時期の子どもはママも手を焼き体も思っている以上にたくさん動かします。

活動的な毎日を送る妊婦さんは、やはりスカートやワンピースよりもパンツスタイルの方が動きやすくて生活しやすい!

 

筆者の子どもは一人ですが、筆者自身妊娠中にできるだけ身体を動かしたくてマタニティパンツで行動していることが多くありました。

散歩は一日4km、できる限り毎日歩いていました。

仕事をしていなかったということもありますが、つわりが酷く4か月ほど寝たきり状態だったためお産に向けて体力をできる限り付けておきたかったという理由もあります。

そのおかげか、陣痛から胎盤排出時間トータル約3時間のスーパー安産でした!

身体を動かす機会の多い妊婦さんは、転倒防止の面でもパンツが断然おすすめ!

 

 

マタニティパンツを着用するメリット

 

couple

 

マタニティパンツを着用することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか?

マタニティパンツの購入を検討している人も、購入は検討していなくて手作りを考えている方も必見です!

 

身体を冷やさず温かく過ごせる

 

妊娠中は体を冷やしたくないですよね。

夏も冷房が効いている場所などでは、スカートやワンピースだと冷気が足元から侵入してきて寒くなってしまうかも。

秋や冬、春なども寒さ対策を行う上ではマタニティパンツがぴったり!

裏起毛タイプのマタニティパンツも販売されているので、真冬の寒さにも負けません。

 

細身え効果が期待できる

 

マタニティウエアは、全体的にゆったりふっくらとしている印象です。

おなかの赤ちゃんやママの体には負担がかかりませんが、やはり女性ならば少しでもスタイルを良く見せたい!

マタニティパンツには保温効果とは別に、細身え効果も期待できるタイプのものも発売されています。

足元がすらりとしているだけで、全体がすっきり見える効果に期待が持てます。

かわいいだけではなく、マタニティパンツにはかっこよさを演出することもできるアイテムです。

 

少しきっちりした場所にも着用可能

 

オフィスで働いている方やマタママの勉強会など、少しきっちりとした場面にもマタニティパンツは着用していけます。

その際には、素材やデザインにこだわったものを選びましょう。

きれい目で色味の押さえられたものがおすすめです。

 

 

マタニティパンツにデメリットはある?

 

 

どんなに優れているのもでも、メリットばかりではありません。

マタニティパンツにもデメリットがあります。

ではマタニティパンツのデメリットについても、まとめてご紹介します!

 

妊娠期間中や産後以外では着用の機会がない

 

マタニティパンツは妊娠期間中、しかも中期から産後少しの期間しか着用する機会がありません。

マタニティのトップスであれば授乳口がついているものを購入すれば授乳期の間も使用することができますが、パンツとなると話が変わってきます。

産前よりも体にお肉がついたといっても、妊娠とは体系が異なります。

 

マタニティパンツについているおなかをすっぽりと覆う布は、やはり産後ずっと使用するのは難しいかもしれません。

次の妊娠を考えているのであれば多めに持っていても損はないかもしれませんが、複数人出産する予定がないという方はマタニティパンツをたくさん購入しても着用の機会がなくなってしまいます。

産後以外に着用する機会がぐっと減ってしまうのは、デメリットといえますね。

 

着用期間が短いけれど値段が高いと感じることも…

 

マタニティパンツは、非妊時に着用することが難しいという特徴があります。

しかし値段は安いとは言えません。

通販サイトでも店頭販売でも、トップスのようなお値段で購入していることはあまり多くないのが実情です。

価格的にパンツの方が若干トップスよりもお高めの設定になっているので、トップスを充実させてパンツは最低限の枚数を所持するという方法もあります!

 

 

オシャレママ必見!おすすめマタニティパンツ20選!

 

heartmaternity

 

せっかくのマタニティ期間!

短いからこそオシャレしたいものですよね。

色々な種類のマタニティパンツをご紹介するので、どれが好みのものかご参考にしてみてください。

お出かけや普段使いなど、上手にマタニティパンツを使用使用していきましょう。

 

ジーンズタイプのマタニティパンツ5選

 

いろいろなトップスと併せられるジーンズタイプもマタニティパンツは、絶対に重宝します。

レジャーや上の子の参観会など、使用する場面は多数アリ!

どんな場面でも使用できることも良い点ですが、オールシーズン着用できて流行にも流されにくいのが嬉しい点でもあります。

 

  • p・パンツ ストレッチデニムスキニー 5,983円(税込)

 

 

楽天のマタニティパンツ デニム部門で、堂々第1位を獲得!

オールシーズン使用でき、スキニータイプなので冬にはブーツインできる便利さが魅力的。

すっきり見えるスタイルに加えて、おなかの部分にはゆったりと布があるため、おなかもすっぽり覆ってくれてます。

おなかの部分は生地が多いため、早い段階でおなかが出てきた場合でも心地よく着用していけます。

 

  • マタニティ テーパード ボーイフレンドデニムパンツ 3,996円(税込)

 

 

スキニータイプのジーンズは、足にぴったり生地が引っ付くから苦手という方におすすめ!

おなかも足もゆったりとしたジーンズは、春から秋までの幅広い期間着用できます。

楽ちんの履き心地で締め付けがないため、暑い時期でも着用してお出かけ可能です。

産後も着用できるオリジナルのゴムひもをウエスト部分に内蔵しているため、産前から産後以降も長く使用できる1枚!

 

  • マタニティ ワイドデニムパンツ 4,680円(税込)

 

 

オールシーズン着用できる、マタニティのワイドパンツです。

夏は涼しく、冬はお家でゆったり過ごすときに着用できる幅の広いタイプのパンツになります。

下半身の体型カバーもでき、裾に向けて幅が広くなるのではなく幅の広さはストレート気味なのが特徴です。

 

  • マタニティスキニーパンツ 2,797円(税込)

 

 

妊娠してもママになってからも、おしゃれは絶対楽しみたい!

スキニーよりもぴっちりせず、程よくフィットする生地の履き心地は抜群というレビューも見られます。

ダメージジーンズということで、かっこよくコーデをまとめたい時やシンプルコーデのアクセントにもぴったり。

おなかの生地がたっぷりあるので、トップスは長めのものがおすすめです。

 

  • マタニティデニム 9分丈 8,424円(税込)

 

 

デニムというと、硬い生地と思ってしまっている。

いえいえ、そんなことはありません!

こちらのデニムパンツは生地も柔らかく、ストレッチも効いているため履きやすい1枚となっています。

9分丈ということで、夏場は裾を折ってサンダルなどと合わせると季節感も出てよりおしゃれ感が際立ちます。

 

オフィスでも着用できる、キレイ目マタニティパンツ5選

 

オフィスでは、どうしてもパンツスタイルが基本という会社もありますよね。

妊娠しているということを周囲の方に知らせる意味合いを込めて、マタニティウエアを早めに着用する方もいます。

オフィスでも着用できる、きれい目デザインのマタニティパンツをご紹介します!

 

  • センタープレス マタニティパンツ 3,855円(税込)

 

 

冬に嬉しい裏起毛付きのマタニティパンツ。

普段仕事をしているというマタママさんからのレビューが、たくさん寄せられています。

生地そのものはストレッチが効き、着用していると温かいという口コミが多数!

ただしスーツとマッチする生地ではないようなので、購入の際には注意しましょう。

 

  • マタニティパンツ スラックス 3,996円(税込)

 

 

20代よりも30代の働くマタママからの書き込みの多いパンツです。

ストライプ柄ですらりと見せる効果があり、薄手なので夏も快適に着用することができます。

生地そのものが薄いため、冬になると寒いかもしれないので上手に着用していきましょう!

 

  • pパンツストレッチセンター プレスストレート 6,458円(税込)

 

 

細身のデザインとなっているマタニティパンツです。

もともとほっそりしている方におすすめ!

すっきりとした印象で、通勤時に使用しているという口コミも寄せられています。

 

  • マタニティストライプ柄スラックス 4,104円(税込)

 

 

通勤用でオフィスに着用していくものの中に、1枚くらい明るい色のものがほしい。

そんな方におすすめな、ホワイトカラーのオフィス向けマタニティパンツも販売されています。

2色展開で、オフィスの状況にもよりますがブルーカラーも販売されているので、少しいつもと違うカラーのオフィス用パンツを探している方はぜひチェックしてみてください。

 

  • テーパード マタニティパンツ 4,212円(税込)

 

 

4色展開のきれい目パンツで、普段使いももちろんOK!

上の子の行事やちょっとしたお出かけなどにもぴったりです。

サイズが少し小さめというレビューが寄せられているので、購入の際はサイズをしっかりと確認してから購入しましょう。

 

暖かい時期や夏場に重宝するマタニティハーフパンツ5選

 

初夏が見え始めたころから、秋中盤までを中心に大活躍するハーフパンツ!

マタニティ用のものも、かわいいデザインのものがたくさんあります。

ハーフパンツ単体でも楽しめるしタイツやレギンスと合わせることで、コーデの幅も広がるので数着持っておくととても重宝しますよ!

 

  • p・パンツ ストレッチ起毛 カラーハーフパンツ 2,484円(税込)

 

 

ハーフパンツといえば春や夏のイメージかもしれませんが、こちらのハーフパンツは秋冬用です。

厚手のタイツやレギンスを合わせて、もこもこのムートンブーツを合わせると秋の終わりから冬のはじめや初春にも着用可能。

5色展開も嬉しいですね!

パンツのカラーに合わせてトップスのカラーもチョイスしましょう。

 

  • pパンツ シルク混ストレッチツイードショートボトム 2,800円(税込)

 

 

こちらのパンツも秋冬ものになります。

とはいっても下にタイツやレギンスを合わせなければ、春も着用することができるので幅広い期間着用できます。

上品な仕様でどんなトップスとも合わせることができる、とっても便利な1枚。

 

  • pパンツ ストレッチカラーチノタックハーフパンツ 3,900円(税込)

 

 

1年通して使用できる、万能ハーフパンツ!

生地がしっかりとした作りになっているので、普段使いもお出かけにも使用できます。

ハーフパンツはつまずいて転んでしまう心配もなく、すぐに着用できて脱ぎやすいという特徴もあります。

夏場は涼しく過ごせるので、妊娠中に夏を乗り切るのであれば要チェックのアイテム!

 

  • ストレッチリネンパンツハーフパンツ全3色 3,990円(税込)

 

 

通気性と伸縮性に特化した、真夏にぴったりのハーフパンツです。

生地が非常に薄いため、真夏のは手放せないアイテム!

妊娠中の真夏はとにかく暑いものです。

筆者は8月に出産しましたが、7月の時点でいつも感じている夏の暑さよりも暑く感じていて、8月に入ってからはとにかく早く生まれてくれと思うくらいに暑かった記憶があります。

マタニティ用のウエアは薄手のものが少なく、薄すぎると透けてしまうものもあります。

こちらのハーフパンツは透けることもなく、生地も薄いとのことで夏に大活躍の予感!

 

  • Pパンツ ファンシーラメツイードハーフパンツ 5,918円(税込)

 

 

短めのパンツハーフパンツで、ゆったりとしたデザインなので足の細見え効果が期待できます。

きめ細かなラメを生地にプラスすることで、上品かつ爽やかな仕上がりになっています。

夏にぴったりのハーフパンツで、同じツイード生地のトップスを合わせることでさらに程よいエレガントさを加えることが可能!

普段使いはもちろん、お出かけにも着用できるハーフパンツとなっています。

 

普段使いにおすすめのゆったりマタニティパンツ5選

 

マタニティウエアは、お出かけの時のみではなく普段から使用するという方が多くいます。

妊娠後期に入ると普段着用していた服が入らなくなり、パンツはマタニティ用のものに切り替えるという方もたくさん!

普段使いするものだからこそ、楽で気兼ねなく使用できるものを選びたいですよね。

お家で普段着用するものや、ちょっとしたお買い物にも着用していけるマタニティパンツをまとめました。

 

  • 微起毛ツイルタックパンツ 5,994円(税込)

 

 

ゆったりとした履き心地で、生地はやや厚め。

秋から春まで長く着用でき、下半身を締め付けないので心地よく長く着用可能!

妊娠後期になると赤ちゃんも大きくなりますが、ママも産後の授乳に向けて身体が脂肪を蓄えようとするため太りやすくなります。

下半身のカバーもできるため、妊娠後期から産後授乳期と体型が気になる期間の体型カバーもできるアイテム。

 

  • コットンチノマタニティワイドパンツ 4,644円(税込)

 

 

カジュアルで普段使いにぴったり!

トップスを替えるだけで、色々なコーデを楽しむことのできるパンツです。

夏にも着用できるものなので、日焼け防止のためにも長ズボンを着用したいという方は是非チェック!

ボーイッシュにもかわいらしくもなれるワイドパンツなので、1本あると重宝します。

 

  • やわらかストレッチコットン チノテーパードパンツ 3,186円(税込)

 

 

コットンチノ素材で、柔らかくて履きやすいパンツです。

着用した時のシルエットが美しく、すらりとして見えて裾を折って使うと夏っぽいコーデに早変わり!

若干大きめというレビューも寄せられているので、サイズの寸法には気を付けて購入しましょう。

 

  • 裾ロールアップのタックショートパンツ 3,996円(税込)

 

 

カラーバリエーションが豊富で、季節問わずに着用できる嬉しいショートパンツ!

控えめな光沢がかわいらしさを引き立てていますね。

タイツやレギンスを合わせてもよし、パンツのみで着用しても涼しくて快適なので、何着かほしくなる方もいます。

ゆとりのあるシルエットでお尻や太ももをカバーしてくれる部分も注目ポイント。

 

  • レディースボトムス エアーパンツ◆zootie 3,132円(税込)

 

 

ぴったりしすぎず、ダボっとしすぎない、ちょうどいいゆとりがあるマタニティパンツ。

おなか部分の布でおなかもすっぽり包み込むので、安心感もあります。

ずっと着用していても疲れないくらいに履き心地が良いというレビューも、多数寄せられています!

 

 

マタニティパンツは色々な種類がある

 

prettymaternity

 

マタニティパンツと一口に言っても、色々な丈のものがあります。

季節や好みに合わせて、マタニティパンツを購入しましょう。

ネットでの購入は、サイズ感がつかみづらいというデメリットがある半面、色々な種類のパンツを一気に見ることも可能!

購入の際には、サイズ等の再度確認しましょう。

 

わかりづらい場合は、レビュー欄を参考にするのも良いです。

レビュー欄の口コミの中には、妊娠の月数や身長と体重、妊娠前の体重と現在の体重にどんなサイズを購入して履き心地がどうだっかか等の細かい情報を書き込んでいる方もたくさんいます。

今の自分の状態と照らし合わせながら購入する方法も選択肢に入れておくと、迷わずに購入できるかも!

手にできる情報はフル活用して、納得できるマタニティパンツを手に入れましょう。

 

▼関連記事

 

・  マタニティウエアのブランドや選び方は?オシャレなおすすめマタニティウエアをご紹介!

・  産前に揃えておきたいマタニティパジャマ!必要な枚数はどれくらい?


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2018年04月25日 Petpediaのタイアップ型記事広告をリリース
2017年08月16日 オフィス移転のお知らせ
2017年06月09日 FULL HOUSE運営メディアがRSS配信に対応致しました
2017年03月29日 FULL HOUSE公式メディアが就活アンサーと連携しました
2017年03月01日 株式会社FULL HOUSEが創業1年を迎えました!

タグ一覧

ランキング(35)
転職(55)
面接(38)
就活準備(86)
人事/採用(52)
スマホアプリ(54)
iPhoneアプリ(54)
Androidアプリ(54)
出会い系/婚活/マッチング(37)
恋愛/デート(35)
ゲーム(13)
アニメ(9)
洋楽(4)
映画(5)