Top > ライフ > 服装/ファッション/アパレル

結婚式に参加する女性の服装マナーと、今流行りのレンタルドレスについて解説






一生に一度の晴れ舞台。そんな結婚式という日にお呼ばれするというのはとても光栄な事です。

お友達の結婚式・披露宴に参列する際、女性の方が1番悩まれるのは当日に着るドレスではないでしょうか。
1着持っていると着回すこともできますが、結婚適齢期ともなってくると学生時代に仲良かったグループの子が次から次へと結婚し、毎回同じドレスで参加するのはちょっと…と思うことも。

そこで、今回は結婚式に参列する際の服装のマナーと“ドレスどうしよう…”と悩まれている方にオススメしたいレンタルドレスをご紹介したいと思います!

【目次】結婚式に参加する女性の服装マナーと、今流行りのレンタルドレスについて解説

 

これを読めばバッチリ!結婚式に参列するときの女性の服装マナーとは!?

1. 主役の二人より目立つ服装は着ないこと

2.白に近い色のドレスは着ないこと

3.黒に限りなく近い色のドレスは着ないこと

4.毛皮やファー、アニマル柄のアイテムは着ないこと

5.肌を露出する範囲が広い服は着ないこと

今流行りの「レンタルドレス」ってなに!?

レンタルドレスを利用するメリットは!?

レンタルドレスを利用するデメリットは!?

ドレスを借りるならここ!オススメサイト

おしゃれコンシャス

ワンピの魔法

DRERICH

Burie Robe

Dressy

 

これを読めばバッチリ!結婚式に参列するときの女性の服装マナーとは!?

 

結婚式にお呼ばれした時、まず悩むのは参加する服装ですよね。

フォーマルなイベントには意外とマナーが盛りだくさん。

本記事を参考に、恥ずかしくない格好でお友達の結婚式をお祝いしましょう。

 

1. 主役の二人より目立つ服装は着ないこと

 

せっかく参列するのだから…と気合いを入れすぎて、新婦より目立ってしまっているなんてことはありませんか?

 

red-weddingdress

 

大前提として、結婚式の主役はあなたではありません。

あくまで「結婚式を挙げる新郎・新婦」です。

新郎・新婦を引き立てる、くらいの気遣いをもった服装を心がけるようにしましょう。

 

2.白に近い色のドレスは着ないこと

 

なんといっても結婚式のドレス、ウェディングドレスといえば、みなさんが共通して想像するのは純白のドレスでしょう。

近年では、ミニ丈ウェディングドレスや長袖ウェディングドレスなど、個性をだすことができるドレスが増えてきましたが、「白色」というのは花嫁がまとうイメージが変わらず強いです。

 

white-weddingdress

 

その「白色」を参列者が着るというのは、結婚式の服装で最大のマナー違反とされています。

白に近い、オフホワイト、ベージュ、薄めのピンクなど、遠目で見たり写真で撮ったりすると白っぽく見える色味もマナー違反となりますので、出来る限り避けた方が無難です。

 

3.黒に限りなく近い色のドレスは着ないこと

 

黒のドレスは着痩せ効果があったり、着回しをしやすかったり便利なアイテムですが、結婚式ではお葬式などの不祝儀を連想させてしまうためマナー違反となっています。

 

black-weddingdress

 

もし、黒のドレスや黒に色味の近いドレスを着る場合は、明るい色の羽織ものやバッグ、コサージュなどを必ず合わせて身につけるようにしましょう。

 

※合わせて読みたい:  お通夜やお葬式で失礼にならない服装や持ち物とは。弔事の際の服装のルールとマナー。

 

4.毛皮やファー、アニマル柄のアイテムは着ないこと

 

ひとつでも身につけると一気に華やかになる毛皮やファーですが、結婚式の場では「殺生」をイメージしてしまうためにマナー違反とされています。

 

animal-design

 

結婚式の場では、落ち着いた色味、無地のものを身につけるよう心がけましょう。

 

5.肌を露出する範囲が広い服は着ないこと

 

極端に露出度の高いドレスや丈の短いスカート、身体のラインがしっかりとでるもの、肩が露出するオフショル、胸の部分が広くあいている服装などは、新婦より目立ってしまう可能性があるためマナー違反とされています。​

 

sexy-dress

 

特に協会での結婚式や明るい時間帯に行われる結婚式では、露出を最大限控えるのがベストと言えます。

スカートは膝丈、もしくは膝丈より少し長め、オフショルなどは羽織を合わせて着るようにしましょう。

 

しかし、夜の時間帯の披露宴に限っては、露出のあるドレスはマナー違反とはなりません。

夜間の礼装として「イブニングドレス」と呼ばれているものを着ることが一般的となります。

 

eveningdress

 

スカートはくるぶし丈、もしくは靴のつま先が隠れるほどのロング丈で、胸元、肩、背中などが大きく開いているノースリーブ型のワンピースとなっています。(イメージとしては海外セレブがよくパーティーなどで着ているドレスです)

ただし、ここで一点注意していただきたいのは、「挙式」は昼夜問わず、どの時間帯でも露出を控えめにすることがマナーとなっていますので、イブニングドレスを着ていても羽織などは必ず持ち合わせておくようにしましょう。

 

garden-wedding

 

最近の結婚式は、型にはまった結婚式ではなく、パーティー形式のものやガーデンウェディング、レストランウェディングなどカジュアルなものも増えていますが、「親しき仲にも礼儀あり」で、メリハリをつけてその場にふさわしい服装を選ぶようにしましょう。

服装も徐々に変化しており、女性のパンツドレスなども流行っていますので、チェックしてみるのもいいでしょう。

 

結婚式は老若男女、また新郎・新婦の大切なご家族、お友達、会社の方が揃う場です。

節度ある服装とマナーに心がけることに越したことは無いと思います。

 

 

今流行りの「レンタルドレス」ってなに!?

 

お友達の結婚式に呼ばれるのは光栄なこと。

ただ、毎回毎回新しいドレスを買っていては家計に響いてしまいますよね…。

なおかつ、フォーマルドレスですから少し良いものをと思って購入し、合わせて靴やバッグ、小物まで揃えていたら、あっという間に3〜6万円がかかってしまうのが現実。(女性は、ヘアアレンジメントやネイルにもお金がかかってしまいますよね…)

 

その上、ドレスは色落ちや保存場所など気を遣うアイテムになっています。

「あんまり着る機会がないのに毎回購入したくはない!でも、毎回同じドレスで参列するのはちょっとな…」と思っている方必見!

その願い、叶える方法があるんです。

 

dress-coordinate

 

それは、質の良いワンピースやドレスを必要なときだけ、安価で借りることができる「レンタルドレス」。

結婚式にお呼ばれし服装に困ったら、「レンタルドレス」を視野にいれてみてはいかがでしょうか。

今回は、注目の「レンタルドレス」について、メリット・デメリット、オススメのサイトについてまとめてみました。

 

レンタルドレスを利用するメリットは!?

 

購入と比較すると非常に安価

 

これは本当にありがたい!

お店によっては、2900円〜レンタルできるところもありますので、毎回の結婚式のコンセプトや雰囲気によってドレスを選ぶことができます。

 

種類が豊富

 

レンタルドレスを扱っているサイトの中には、3000種類以上のドレスを取り揃えているところも!

また、ドレスに合わせるアクセサリーやバッグ、靴などもセットで扱っているサイトや店舗も多いため、一緒に選ぶことが可能になっています。

 

メンテナンスが必要ない

 

ちょっと良い物を買うと、かかってくるのがメンテナンスの費用。

女性モノのドレスは特に型崩れ、色落ち、保存場所など、着用する機会があまりない割には手間がかかってしまいます。

しかし、レンタルドレスは利用したあと、そのまま返却可能のところがほとんど!すごく便利なシステムですよね。

 

自分自身の体形によってサイズを選ぶことができる

 

「最近ちょっと太ったな…」と感じる時、「以前購入したドレスが入らない!」なんてこともあるかもしれません。

また、妊娠中の参列はお腹周りにゆとりのあるものがいいですよね。

レンタルドレスのお店の多くは、SS〜XXLまで取り揃えていますので、現在のご自身の体形に合わせてレンタルできるのでとても便利です。

 

レンタルドレスを利用するデメリットは!?

 

新品の扱いはほとんどない

 

これはどのレンタルアイテムにも言えることだとは思いますが、レンタルショップに新品はほとんどありません。

潔癖症の方や中古ものに理解の無い方には、不向きなシステムといえるでしょう。

 

イメージと違う

 

ショップの中には、サイトと実店舗どちらも兼ね備えているところもありますが、中にはサイトのみの運営の場合もあります。

「ネットの写真ではこういう色、生地のように見えたのに…実物を見たらイメージしていたのとは違った!」なんていうこともあるかもしれません。

 

日にちが合わない

 

レンタルドレスは自分のものになり得ることがないため、「かわいい!」と思ってもレンタルしたい日に、その商品が他の方にレンタルされていたら着用することは不可能です。

 

dress-coordinate2

 

以上、メリット・デメリットをあげてみましたが、いかがでしたでしょうか。

人によって感じ方は様々だと思いますが、社会人ともなればフォーマルドレスを一着持っておくことは、急に必要となったときを考えると無難かもしれません。

気分を変えたいときやお呼ばれが続くときは、ぜひドレスレンタルを選択肢のひとつにいれてみてはいかがでしょうか。

最後にオススメのレンタルドレスサイトをまとめてみましたので、気軽に利用してみてくださいね。

 

 

ドレスを借りるならここ!オススメサイト

 

おしゃれコンシャス

 

 

20代〜50代と幅広い年齢層をターゲットとした業界最大のレンタルドレスショップ。

おしゃれコンシャスの最大の魅力はなんといっても価格のやすさ!

「UNTEDLED」「GRACE CONTINENTALのような国内ブランドドレスから、「ARMANI」「Ralph Lauren」のような海外ブランドドレスまで、6泊7日2900円からレンタルできます。

 

  • 取扱い:ドレス、バッグ、ボレロ、ネックレスなど
  • ドレス数:約3000着 総商品数:約6200点
  • サイズ:XS〜4L
  • 実店舗:✕
  • 試着サービス:✕(クリーニングしたてのドレスをレンタルしていただくため)

 

ワンピの魔法

 

 

NHKや日テレでも紹介された安心のレンタルドレス店。

各年代ごと、またマタニティなど細かなジャンル別にランキングを見ることが可能です。

季節ごとのトータルコーディネートのサンプルもありますし、「慣れないドレスのコーディネートが不安…」という方向けに、ドレス3点セット、ドレス4点セットなどのまるごとレンタルが可能となっています。

 

  • 取扱い:ドレス、羽織り、コート、バッグ、ネックレスなど
  • ドレス数:約900着 総商品数:約1200点
  • サイズ:SS〜4L、マタニティ
  • 実店舗:✕
  • 試着サービス:✕

 

DRERICH

 

 

ドレリッチでは、ドレスはもちろん、靴やバッグ、アクセサリーにいたるまで多数を取り揃えており、その全てのアイテムを雑誌やテレビで活躍するスタイリストがロサンゼルスやニューヨークで買い付けてきたオリジナルかつハイセンスなアイテムとなっています。

また、実店舗も幅広く展開しており、直接ドレスを見に行くことも可能です。

 

  • 取扱い:ドレス、バッグ、ボレロ、靴、アクセサリーなど
  • ドレス数:約650着 総商品数:約2000点
  • サイズ:サイズは全て無料でお直し可能
  • 実店舗:◯ 東京・福岡・大阪・埼玉・神奈川・愛知に展開中
  • 試着サービス:◯

 

他店と異なる魅力として、ブライズメイドや小さいお子様のドレスの取り揃えもあり、店舗の場合は、写真撮影やネイルなどのサービスも充実しています。

 

Burie Robe

 

 

Burie Robe最大の魅力は、ネットレンタルなのに「おうちで試着」が可能!

レンタル前に一度自分に似合うかご自宅で試すことができるので、すごく安心ですね。

また、小さなお子様向けのベビードレスなども、なんとご試着が可能となっています。

 

  • 取扱い:ドレス、バッグ、ボレロ、ストール、アクセサリーなど
  • ドレス数:約250着 総商品数:約500点
  • サイズ:S~L
  • 実店舗:✕
  • 試着サービス:◯

 

Dressy

 

 

Dressyでは、華やかな色味、個性的なドレスを多数取り揃えています。

華やかなパーティ形式の披露宴などに行かれる際はもってこいのサイトです。

サイズや価格だけでなく、テイストで選ぶことができるのも、すごく便利ですね。

また、Huluオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」で主演をつとめた佐々木希さんが着用していたことでもSNSで盛り上がりを見せています。

 

  • 取扱い:ドレス、バッグ、ボレロ、ファー、靴、髪飾り、アクセサリー、ヌーブラなど
  • ドレス数:約750着 総商品数:約1000点
  • サイズ:XS~XL
  • 実店舗:✕
  • 試着サービス:◯(有料、予備ドレス)

 

以上、それぞれの特徴別に選んでみました。

メリット、デメリットをしっかりと把握し、賢く利用すれば、新しい選択肢のひとつとして非常に素敵なサービスです。

 

dress-coordinate3

 

フォーマルドレスは人生のなかで必ず必要となってくるもの。

ドレスのネットレンタルだと手元に届くまでに平均1週間ほどかかりますので、「突然、必要になった!!」という場合を考えて、一着は自分のドレスを準備しておくことをオススメします。

手持ちのドレスではなく、気分を一新したいな、と思った時、ぜひレンタルドレスを活用してみてください。


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2018年11月20日 食・グルメの総合情報メディア「はらへり」のタイアップ型記事広告をリリース
2018年11月16日 旅行・観光の総合情報メディア「TABI CHANNEL(タビチャンネル)」のタイアップ型記事広告をリリース
2018年04月25日 ペット・動物の総合情報メディア「Petpedia(ペットペディア)」のタイアップ型記事広告をリリース
2017年08月16日 オフィス移転のお知らせ
2017年06月09日 FULL HOUSE運営メディアがRSS配信に対応致しました

タグ一覧

ランキング(36)
転職(77)
面接(49)
就活準備(113)
人事/採用(76)
スマホアプリ(55)
iPhoneアプリ(55)
Androidアプリ(55)
出会い系/婚活/マッチング(38)
恋愛/デート(36)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)