Top > ビジネス > ビジネスマナー

ビジネスマナーの記事一覧

「ご愁傷様」の意味は二つある?場面に合わせた正しい使い方と類語集

取引先や友人、知り合いに不幸があったとき、どのような言葉をかければ良いのでしょうか。 な事柄であればあるほど、言葉の使い方に気をつけなければならない為、どんな言葉を選べばいいのか、これで本当に合っているのか、悩んでしまいますよね。 「ご愁傷様」という言葉は、人が亡くなった時に使うオーソドックスなフレーズ。 しかし、意味が二つある為、使う時に少し注意が必要です。 また「ご愁傷様」に代わる類語はあるのでしょうか。類語、例文も合わせてご紹介します。

「ご自愛」の意味と正しい使い方

皆さんは「ご自愛」という言葉を使ったことがありますか? 少し堅苦しい印象のある言葉なので使うことに抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれません。 そんな方に向けて、「ご自愛」は「あなた自身の身体を大切にしてください。」という意味であることに始まり、具体的な使い方、使う上でも注意事項やマナーについてまとめました。 番外編として類義語や英語表現についても記載しておりますので、是非参考にしてください。

役不足って何?力不足との違いと正しい使い方

役不足の語源から意味と正しい使い方、関連を紹介します。 皆さんは役不足という言葉を正しく使えているでしょうか? 役不足の成り立ちには歌舞伎など演技の役が関係しており、言葉の意味は役目が「実力不相応に軽いこと」です。 力不足との違いは実力が役目より上なのが役不足、下が力不足です。 類義語としては、朝飯前・楽勝。反対語は力不足、大役すぎるがあげられます。

「ご足労」の意味は?「ご足労おかけし〜」「ご足労いただき〜」の違いと正しい使い方

「ご足労」という言葉、ビジネスシーンの会話やメールでよく耳にしたり目にしたりしますよね。 なんだかかしこまった言葉のように感じますが、正しくはどのようなシーンで使う言葉なのでしょうか。 「ご足労」という言葉に込められた意味と、正しい使い方の基本を、例文を用いてご紹介します。

「弊社」ってどういう時に使うの?「弊社」「当社」「御社」「貴社」の違いと正しい使い方

ビジネスシーンや、取引先とのやりとりで頻繁に耳にしたり目にしたりする「弊社」という言葉。 耳慣れていますが、実際はどのような意味を持っているのでしょうか。 また、同様の場面でよく見る「当社」「御社」「貴社」とはどのように使い分けるのでしょうか。 実際に「弊社」を使う時の注意点を例文を用いてまとめてみました。

「御中」の正しい使い方は?「様」「各位」「殿」との違い

宛先と書くとき「御中」という宛名をよく目にしますが、「様」「各位」「殿」とはどんな違いがあるのでしょうか。 ビジネスシーンではよく出てくる「御中」ですが、実際使おうと思うと、どんな時に「御中」を使うのか、イマイチわからないという方は結構多いようです。 「御中」の意味、使い方、また「様」「各位」との意味や使い方の違いをまとめてみました。

ビジネスマナーの基礎!名刺交換で知っておきたいマナーや裏テクを紹介!

名刺交換にも、実はマナーがあることをあなたは知っていますか? 名刺交換は、いわば「あいさつ」みたいなものです。 マナーを知っておかないと、第一印象も悪くなり仕事に悪影響を及ぼす場合もあります。 そこで今回は、名刺交換の際に気を付けたいマナー。 さらに、自分の名刺作成をする際の裏テクを紹介します。 名刺交換のマナーを極めれば、あなたの第一印象もよくなり会社での評判も上がるかも。 ぜひ、基礎からしっかりと身につけましょう。

「確信犯」の使い方は間違っている?確信犯の本来の意味と現在の使い方

「確信犯」という言葉、みなさんどんな意味で使っていますか? 「悪いことだとわかっている上で行う行為」と思って使っている方が大半ではないでしょうか。 でも実は、本来全く違う意味なのです。 「確信犯」の本来の意味と共に、なぜ間違った意味の方が普及するのか、また、間違った使い方はしてはいけないのか、そして言葉の変化の原理についてなど、合わせてまとめてみました。

「承知しました」は目上の人だけに使う?正しい使い方と意味、例文

ビジネスシーンでは、毎日のように使われる「承知しました」というフレーズ。 メールでも使われますし、会話でも使われる、使い勝手の良い万能なフレーズですよね。 類語としては「了解しました」「かしこまりました」などがありますが、どのような違いがあるのでしょうか。 また、「承知しました」と「承知いたしました」はどのように使い分けるのでしょうか。 意味や使い方の違いを知り、正しい使い方を身につけ、ワンランク上のコミュニケーション力を身につけましょう。

「ご査収」の正しい意味と使い方。「ご査収」と「ご査証」の違いも

ビジネスシーンでよく目にする「ご査収」という言葉。 なんだか見たことはあるけど、自ら使おうと思うと使い方がよくわからない、というビジネスマンも多いかもしれません。 またビジネスシーンではあまり目にしませんが、類語に「ご査証」という言葉があり、混合している方も多いようです。 「ご査収」と「ご査証」正しい意味と使い方を理解し、ワンランク上のビジネスマンを目指しましょう。

取り急ぎはどういうときに使う?取り急ぎの意味と用例の解説

ビジネスマン同士のメール文章内で、たびたび使われる言葉「取り急ぎ」。 文末に「取り急ぎお礼まで」、「取り急ぎご報告まで」などと入力したことのある方も多いと思います。 しかし、むやみやたらと「取り急ぎ○○」とメール文章中に入力すると、場合によっては相手へ対して失礼に当たる場合もあるのです。 そこで今回は、取り急ぎの意味を紹介すると同時に、どのタイミングで「取り急ぎ」という言葉を使った方が良いかご紹介します。 ビジネスマンとして、一歩成長するためにも「取り急ぎ」の意味と使い方をしっかり理解しましょう!

ビジネスメールのルールとは?挨拶や催促、お詫びやお礼などの例文を紹介!

ビジネスメールとは、主に仕事上で使うメールを指します。 プライベートのメールと違い、仕事上のメールには細かいルールもあります。 場合によっては「ビジネスメールのルールを知らない人=仕事ができない人」と決めつけられ、出世に響くこともあるのです。 今回は、ビジネスメールのルールだけではなく、挨拶や催促、お詫びやお礼など用途別に例文集を紹介します。 例文を複数パターン覚えておくことで、仕事において役立つはずです。 ビジネスメールのルールを確認したい方は、ぜひ参考にしてみてください。



おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2017年08月16日 オフィス移転のお知らせ
2017年06月09日 FULL HOUSE運営メディアがRSS配信に対応致しました
2017年03月29日 FULL HOUSE公式メディアが就活アンサーと連携しました
2017年03月01日 株式会社FULL HOUSEが創業1年を迎えました!
2017年02月13日 TABI CHANNELが多言語対応しました

タグ一覧

ランキング(23)
転職(39)
面接(30)
就活準備(69)
人事/採用(37)
スマホアプリ(42)
iPhoneアプリ(42)
Androidアプリ(42)
出会い系/婚活/マッチング(28)
恋愛/デート(27)
ゲーム(10)
アニメ(8)
洋楽(4)
映画(4)