Top > ビジネス > ビジネスマナー

「打診」の正しい意味と使い方は?ビジネスシーンでの適切な表現を学ぼう






「担当の方に打診しておいて」「先方から打診されました」など、よく耳にする「打診」という言葉。
医療の言葉かと思えば、ビジネスシーンでも頻繁に使われています。

そんな「打診」の正しい意味と使い方を正確に理解していますでしょうか。

今回は使用する際の注意点も踏まえ、「打診」の意味や使い方を解説します。

【目次】「打診」の正しい意味と使い方は?ビジネスシーンでの適切な表現を学ぼう

 

「打診」の意味

「打診」の基本的な使い方、例文

「打診」を使用する際の注意点

「打診」は「依頼」ではない

答えを求めているわけではない

「打診」を使いこなそう

 

「打診」の意味

 

meeting

 

「打診」は「だしん」と読み、以下2つの意味があります。

 

  1. 医者が患者の胸や背などを指先や打診器でたたき、その音で診察すること」
  2. 相手の意向を確かめるために、前もってようすをみること」

 

1つ目の意味は「打つ」という字と、「診察」の「診」という字から成り立っているため、文字通り医者が診察することは想像しやすいですよね。

しかし、最近ではビジネスの場において2つ目の意味で使われることの方が一般的になっています。

 

 

「打診」の基本的な使い方、例文

 

man

 

「打診」には、何か物事や意見について相手に持ちかけるという意味合いがあります。

ここでは、実際に「打診」という言葉を使った例文を紹介します。

 

「先方の担当者に打診してみましょう。」

「依頼する前に、先方に打診しましたか?」

「まずは君の提案を先方に打診してみたらどうか?」

「新規プロジェクトについて、先方から打診されました。」

「次の異動について、人事部から打診されました。」

 

 

「打診」を使用する際の注意点

 

woman

 

「打診」は「依頼」ではない

 

「打診」は、たびたび「依頼」の意味と混同されることがあります。

しかし、「用件を人に頼む」「他人をあてにする」という意味の「依頼」とは異なります。

「打診」はあくまでも「ようすをみる」、つまり、相手の考えを聞いてみるニュアンスなので、混同しないように注意しましょう。

 

答えを求めているわけではない

 

「打診」は、相手の意見や考えを伺うときに使うので、必ずしも答えも求めているわけではありません。

決定事項を求めるときに「打診」という言葉を使うと、相手を誤解させてしまうことがあります。

したがって、「打診」は「提案する」「意見を問う」と言い換えることもできます。

 

 

「打診」を使いこなそう

 

man

 

ビジネスシーンでのやり取りに欠かせない、「打診」という言葉について紹介しました。

定番のビジネス用語として定着しているため、意味を正しく理解した上で使いこなしてください。


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2019年09月17日 FULL HOUSE運営メディアに「ページトップへ戻るボタン」が追加されました
2019年03月19日 株式会社FULL HOUSE、キングソフト株式会社が運営するポータルサイト「StartHome(スタートホーム)」と提携し記事配信をスタート!
2019年01月07日 より可愛く、より美しくなりたい女性のための総合情報メディア「torothy」をリリース
2018年11月20日 食・グルメの総合情報メディア「はらへり」のタイアップ型記事広告をリリース
2018年11月16日 旅行・観光の総合情報メディア「TABI CHANNEL(タビチャンネル)」のタイアップ型記事広告をリリース

タグ一覧

ランキング(36)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)