Top > ビジネス > ビジネスマナー

「当方」の読み方や正しい意味は?ビジネスシーンでの使い方を学ぼう






ビジネスシーンにおいて、口頭やメールでよく使われる「当方」という言葉。
丁寧な印象があるので、特に仕事ではよく使う人も多いのではないでしょうか。

普段何気なく使っている「当方」という言葉ですが、中には正しく使えていない方もいるかもしれません。
本記事では「当方」に焦点を当て、読み方から正しい意味、使い方までを解説していきます。

【目次】「当方」の読み方や正しい意味は?ビジネスシーンでの使い方を学ぼう

 

「当方」とは

「当方」の意味・読み方

「当方」の例文

ビジネスシーンではこんな使い方もできます

「当方」を使用する際の注意点

「当方」は一人称として使用しない

ビジネス文書で「当方」は使用しない

「当方」を言い替えよう

「私ども」

「手前ども」

「当方」を使いこなそう

 

 

「当方」とは

 

writing

 

ビジネスの場でよく使われる「当方」という言葉。

特にビジネスメールで頻繁に使われることがあります。

 

しかし、本当に意味を理解し、正しく使えていますか?

今回は「当方」の意味や使い方を、例文を交えながらご紹介します。

 

 

「当方」の意味・読み方

 

woman

 

「当方」は、「こちら」「私たち」という意味があります。

会社員のように組織に属している方が仕事中に使う場合は、「自分の所属している部署や会社」を表します。

 

そして、気を付けたいのは読み方です。

正しくは「とうほう」と読み、「とうかた」とは読まないので注意しましょう。

 

 

「当方」の例文

 

man

 

「当方」は男性・女性どちらでも使用でき、ビジネスシーンで幅広く使うことができます。

 

「当方の不手際でご迷惑をお掛けし、申し訳ありません。」

「当方がそちらに向かいます。」

「当館内でのトラブルにつきましては、当方は一切の責任を負いかねます。」

「商品発送の準備ができ次第、当方より商品到着日をメールにて連絡致します。」

 

ビジネスシーンではこんな使い方もできます

 

meeting

 

「当方」は「こちら」「自分の属している組織」などを意味するので、様々な場面で使うことができますが、当事者や該当者が未確定な場合、あるいは多数の場合にも使うことができます。

 

「当方より後ほど連絡致します」

 

「当方」は、担当者が誰なのか確定していないときにも使用することができます。

お客様方からの質問や問い合わせがあった際、担当者が決まっていない場合にも、このように使うことで、「まだ誰が対応するかは決まっていないが、その者より後ほど連絡する」という意味で伝えることができます。

 

「当方にて調査中です」

 

自分が所属している部署や会社の他、他社や他部署と共に調査をしているときなど、すべてを合わせて「当方」という言い方をすることもできます。

 

 

「当方」を使用する際の注意点

 

notebook

 

「当方」は一人称として使用しない

 

会社員のように組織に属している人が使う「当方」は、基本的にはその組織や部署全体を表す言葉になります。

したがって、自分個人の考え方や意見を述べるときに「当方は~と考えています」と伝えると、会社や部署の意向として受け取られかねません。

自分一人の意見として述べるときは、「当方」を使用せず、「私は~」と発言することが適切です。

 

ビジネス文書で「当方」は使用しない

 

「当方」は、「自分の属している会社」「自分の属している組織」を意味することができますが、きちんとした書面では使用しません。

ビジネス文書では、自分の属している社の謙称である「弊社」を使いましょう。

 

 

「当方」を言い替えよう

 

woman

 

「私ども」

 

「私ども」は一人称代名詞で、自分あるいは自分の家族、属している組織や団体をへりくだっていう言葉です。

「当方」からの言い換えが可能ですが、より優しい印象のある言葉となります。

 

「私ども」を使用した例文

 

「私どものミスでお手数をお掛けし、申し訳ありませんでした。」

「こちらが私どもの開発した商品でございます。」

 

「手前ども」

 

「手前ども」も、「私ども」と同様に一人称代名詞で、へりくだって使う言葉です。

 

「手前ども」を使用した例文

 

「本件に関しましては、手前どもで確認させて頂きます。」

「お忙しい中、手前どもにご連絡を頂き誠にありがとうございます。」

 

 

「当方」を使いこなそう

 

man

 

今回は「当方」という言葉についてご紹介しました。

「当方」は、ビジネスライクな印象を与えることができるためよく耳にしますが、意味をきちんと知ることで、より正しく使うことができます。

正しい場面で正しい使い方をするだけで、相手にきちんとした印象を与えることができるでしょう。


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2019年03月19日 株式会社FULL HOUSE、キングソフト株式会社が運営するポータルサイト「StartHome(スタートホーム)」と提携し記事配信をスタート!
2019年01月07日 より可愛く、より美しくなりたい女性のための総合情報メディア「torothy」をリリース
2018年11月20日 食・グルメの総合情報メディア「はらへり」のタイアップ型記事広告をリリース
2018年11月16日 旅行・観光の総合情報メディア「TABI CHANNEL(タビチャンネル)」のタイアップ型記事広告をリリース
2018年04月25日 ペット・動物の総合情報メディア「Petpedia(ペットペディア)」のタイアップ型記事広告をリリース

タグ一覧

ランキング(36)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)