Top > キャリア > 仕事

PDCAサイクルとは?教育やビジネスの現場でも使われるフレームワークを、例と図を使って解説!






日本の教育現場やビジネス現場で広く活用されるフレームワークであるPDCAサイクル。
「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」の4つのサイクルを回しながら経営改善を進めていく考え方です。

この記事では、PDCAサイクルを回す意味や、PDCAサイクルをうまく回すためのコツや事例を図解で紹介。
対抗馬としてのOODAループにも触れながら、PDCAサイクルの歴史も合わせて解説します。

PDCAサイクルとは?

 

PDCAサイクルとは、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」の4つからなるサイクルを差します。

 

(1)Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する。

(2)Do(実行):計画に沿って業務を行う。

(3)Check(評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを評価する。

(4)Action(改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて改善をする。

 

元々は品質管理手法の考え方として生まれましたが、現代ではビジネスの現場におけるマネジメント手法としても語られています。

これら4つの要素を繰り返し実行していくことで、経営を進めていくという考え方になります。

本記事では、PDCAサイクルの成り立ちに触れながら、現代においてPDCAサイクルがどのように作用しているのかを解説します。

 

 

PDCAの成り立ち

 

PDCAサイクルは、もともと品質管理の手法として日本に持ち込まれた考え方でした。

第二次世界大戦後に、品質管理の基本的な理念として、エドワーズ・デミング博士が日本に持ち込んだとされています。

 

上記のような背景から、PDCAサイクルは「デミング・サークル」または「デミング・サイクル」と呼ばれることがあります。

デミング自身はウォルータ・A・シューハートに学び、この考え方を「シューハート・サイクル」と呼んでいました。

日本においては、1950頃に「シューハート・サイクル」や「デミング・サイクル」という名前で登場してきたと言われています。

 

その後、品質管理手法として登場してきたPDCAサイクルは、管理一般のサイクルとしても論じられるようになりました。

日本では「品質管理手法としてのPDCAサイクル」または「管理一般手法としてのPDCAサイクル」のように、2つの文脈で語られます。

この記事では特に後者の、管理一般手法としてのPDCAサイクルについて説明します。

 

 

管理一般手法=ビジネスフレームワークとしてのPDCA

 

品質管理手法として登場してきたPDCAサイクルは、1954年のジュラン博士の来日講演によって注目され始めます。

ジュラン博士は、品質管理を「品質規格を設定し、これの実現に用いるあらゆる手段全体のこと」と定義した上で、経営管理を下記3つのプロセスから成り立つとした。

 

(1)Plannning:何をなすべきかを計画すること

(2)Operation:実際に作業を行うこと

(3)Controlling:計画に即して作業が行われたかどうかを看視すること

 

ジュラン博士は、経営管理はこれら3つのプロセスの繰り返しであると語ります。

ただ品質管理をするためではなく、品質管理の実現のための管理手法としてこのサイクルを説いたのでした。

この考え方を受けて、ビジネス・マネジメントとしてのPDCAサイクルの考え方が萌芽し、日本で発展していくことになります。

今から70年ほど前に、PDCAサイクルという考え方が生まれていたのですね。

 

 

マネジメント手法としてのPDCA

 

その後、マネジメント手法としてのPDCAサイクルが生まれ、現代では一般的な考え方として多くのビジネス書に記載されるまでになりました。

PDCAに関する書籍は本屋に多く積まれ、新卒研修でもかなりの確率で登場する考え方となってきています。

現代人にとって、「PDCAサイクルとはなにか」というのは、さながら必修科目のようになっていますよね。

 

冒頭で紹介した通り、一般的にPDCAサイクルとは「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」の4つからなるサイクルを指します。

これら4つのサイクルを繰り返し反復していくことで、経営を進めていくという考え方です。

それぞれのフェイズでは、特に下記のポイントが重要になってきます。

 

Plan(計画)

 

計画の段階では目標を設定します。

目標を設定した上で、目標達成のために何をするべきかという具体的なプランを策定し、「何を実行するか」を決めていきます。

ターゲットや締切の設定・現実性など、ビジネスとして重要な計画設定がここで求められます。

 

Do(実行)

 

計画をもとに実行することです。

もともとは品質管理における「作業」を差す工程でしたが、現代ではビジネスプランの遂行の意味で語られます。

Plan(計画)で立てた計画をその通りに実行し、きちんとCheck(評価)に繋げられるよう、定量的・定性的な記録を残すことが重要です。

 

Check(評価)

 

計画に沿った実行が出来ていたのかを測定・評価をしたり、実行した結果が良かったのか悪かったのかを判断します。

定量的・定性的の2つの観点から測定することが重要であり、行為を客観的に判断します。

次の改善にも繋がる重要な工程なので、客観的に良し悪しを判断することが重要です。

 

Action(改善)

 

検証結果で見えた、課題の解決策を考え改善することです。

実行した結果、この計画を続けるか・止めるか・改善して実行するかなどをこの段階で考えます。

この時に、次のサイクルの「Plan」を考慮することが重要なポイントです。

 

 

PDCAサイクルをうまく回すためのコツとポイント

 

PDCAサイクルをうまく回すためには、以下のポイントに気をつけることが重要です。

 

(1)定量化(数値化)すること:全体像と進捗を可視化し、客観的に振り返ることができるようにする

(2)定期的に観測し、レポートすること

(3)必要な場合には目標を見直すこと

 

特に(1)が重要です。

後述しますが、PDCAサイクルは「目標があやふやでは機能しない」という欠点があります。

 

例えば、「楽しく毎日を過ごす」といった目的では、どうなれば達成といえるのか、測定しにくくなってしまいますよね。

測定しにくい目標に対しては改善策も立てにくいもので、まず初めに測定可能な目標を立てることが重要になってくるのです。

定量的な目標を立てて、定量的かつ定期的に測定をしていくことが、PDCAサイクルを回す上で最も重要になってきます。

 

また、マネジメントを行う場合にも定量化は非常に重要です。

自分が監督すべきメンバーが目標を達成しているのか、進捗はどうなのか、きちんと測定することができます。

 

 

PDCAサイクルの具体例

 

では、具体的にPDCAサイクルを回していくために例を考えてみましょう。

 

例えば、「早寝早起きをしたい!」を目標にするとします。

この目標を定量化して、測定可能なようにPDCAサイクルに落とし込んでいきます。

 

Plan:朝は6時までに起床し、夜は22時までに寝ることとする。(目標の定量化)

Do:1カ月の間、起床時間と就寝時間を記録する。(進捗の測定)

Check:毎週月曜日に先週の記録を確認し、達成率を確認する。

Action:達成出来ていなかった場合、何が原因だったかを深掘りし、改善策を考える。

 

このように、具体的にPDCAサイクルを定めることができます。

起床時間や就寝時間といった客観的な目標を立てているため、達成 or 未達成が測定しやすいですね。

もし達成できなかった場合は、根本的な原因を深堀して改善していきましょう。

 

飲み会が多くて夜眠るのが遅いから朝起きれない?それなら、飲み会の数を減らしてみるとか。

睡眠時間は足りているのに、朝起きれない?それなら、枕や目覚まし時計を変えてみるとか。

 

なぜ達成できなかったのかを深堀りして、原因を改善していくことで、目標が達成できるようになっていきます。

このようにPDCAサイクルを使うことで、自分の達成したいことを成し遂げていくことができるのですね。

 

 

PDCAサイクルの利点と欠点

 

現代ではビジネスマネジメント手法として特に語られるPDCAサイクルですが、どんなフレームワークも完璧ではないように、PDCAサイクルにも利点と欠点があります。

ここではそれぞれの点にフォーカスをしながら解説していきます。

 

PDCAサイクルの利点

 

PDCAサイクルの利点は、どんな作業プロセスや経営管理にも当てはまる汎用性です。

来月のダイエットから企業の経営管理まで幅広く使える汎用性の高い考え方であり、多くの社会人が「PDCAサイクルを回そう!」と言える便利なワードですね。

品質管理手法をベースに生まれてきたこともあり、作業工程をクリアにして管理することができるところもメリットです。

 

PDCAサイクルの欠点

 

反面、PDCAサイクルにも欠点が大きく3つあります。

第一に、PDCAサイクルはPlanのロジックが明確でない場合に機能しにくいという点。

PDCAサイクルの重要性を説いている多くの書籍でも、「最も重要なのはPlanの工程である」とされます。

PDCAサイクルの起点であるPlanの時点で計画が破綻していた場合、そもそも実行が不可能であり、正確な評価や改善ができないためですね。

 

第二に、計画者と実行者が同一である点が欠点とされます。

元々、品質管理から生まれてきたPDCAサイクルでは、PlanとDoは同じ主体が行うことを想定されています。

しかし、マネジメント手法として考えたとき、経営管理の場合は計画者と実行者は別々であることが多々あります。

これは、PlanとDoが同じ主体である場合は、どうしてもPlanが現実的な計画に寄ってしまう可能性が高いためです。

日常的に行っている業務に囚われてしまうことで、戦略的な計画づくりが難しくなってしまうのですね。

 

最後に、環境要因の変動に弱いという欠点があります。

PDCAサイクルは、立てた計画を厳密に遂行し評価を行い改善していくというもの。

現実には、経営の場面では環境要因によって柔軟に計画を変更する必要が出てくる場面が多々あります。

急激な外的要因の変化が起こった場合に、柔軟に計画を変更しにくいのがPDCAサイクルの欠点でもあるわけですね。

 

これらの欠点が指摘されている中で代替として登場してきている「OODAループ」という考え方もあります。

 

 

OODAループとは

 

OODAループはアメリカ空軍のジョン・ボイドによって提唱されました。

OODAループはObserve(観察)、Orient(情勢判断・方向づけ)、Decide(決心)、Action(実行)という4つのプロセスからなります。

アメリカ空軍から生まれた現実に即した考え方であり、いかに変化する環境に適応するのかを重視されています。

 

PDCAサイクルだけでは適応できない、変化の速い時代。

これからの時代にこそ、より高速で状況を観察し改善していくOODAサイクルが必要とも言われています。

一つのビジネスフレームワークにのみ囚われることなく、柔軟に発想を転換していくことがこれから求められるスキルなのかもしれません。

 

 

PDCAサイクルは目標達成のためのフレームワーク

 

1950年頃に日本へ持ち込まれたPDCAサイクルの考え方は、現代のビジネスシーンでも大きな存在感を放っています。

基礎的なビジネスマネジメントの考え方であるPDCAサイクルは、まず業務を進める上で必ず覚えておくべきフレームワークと言えますね。

 

弱点があるとはいえ、目標達成のために汎用的に使えるのがPDCAサイクルの強みです。

現代ではPDCAへの対抗としてOODAループという考え方も台頭していますが、汎用的なフレームワークとしては圧倒的にPDCAサイクルが使われ続けています。

 

「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」の4つのサイクルを回し経営を進めていくという考え方は、何事にも通用します。

知っている人でも意外とつかいこなせていないPDCAサイクル。知っていた方も、これを機に振り返ってみては?


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2017年08月16日 オフィス移転のお知らせ
2017年06月09日 FULL HOUSE運営メディアがRSS配信に対応致しました
2017年03月29日 FULL HOUSE公式メディアが就活アンサーと連携しました
2017年03月01日 株式会社FULL HOUSEが創業1年を迎えました!
2017年02月13日 TABI CHANNELが多言語対応しました

タグ一覧

ランキング(27)
転職(41)
面接(30)
就活準備(71)
人事/採用(38)
スマホアプリ(46)
iPhoneアプリ(46)
Androidアプリ(46)
出会い系/婚活/マッチング(32)
恋愛/デート(31)
ゲーム(11)
アニメ(8)
洋楽(4)
映画(4)