Top > キャリア > 転職

転職活動で抱きやすい不安の対処法を解説!悩みや不安を相談するのにおすすめな転職エージェントもご紹介






転職活動をしたいけど、不安なことがあって一歩が踏み出せないという方はいると思います。
しかし、一口に「不安なこと」と言っても、年代によって転職に対して抱く不安は異なります。

そこで今回は、年代別に転職活動に対して抱きやすい不安やその対処法を解説していきます。
もしかしたら自分と同じようなことで悩んだり、不安に思っている人がいるかもしれません。

さらに、悩みや不安を相談するのにおすすめな転職エージェントについてもご紹介します。

【目次】転職活動で抱きやすい不安の対処法を解説!悩みや不安を相談するのにおすすめな転職エージェントもご紹介

 

転職で抱えやすい不安を年代別に紹介

<20代の転職に関する不安>

<30代の転職に関する不安>

<40代の転職に関する不安>

転職で抱える不安の対処法を年代別に紹介

<20代の転職に関する不安の対処法>

<30代の転職に関する不安の対処法>

<40代の転職に関する不安の対処法>

不安な時に相談できる転職エージェントを活用しよう

マイナビジョブ20’s

第二新卒ナビ

リクルートエージェント

doda

JAC Recruitment

おわりに

 

 

転職で抱えやすい不安を年代別に紹介

 

転職で抱えやすい不安

 

転職活動をするにあたり、年代別に抱えやすい不安を紹介していきます。

同じ年代の人たちは、転職活動をする時にどのようなことに対して悩み、不安を抱くのでしょうか。

 

<20代の転職に関する不安>

 

経験やスキルが不十分で新しい会社で通用しないのではないか

 

自分の経験やスキルでは転職活動をして内定をもらえるような会社がないのではないか、あるいは転職先で自分のレベルではまだまだ通用しないのではないかという不安です。

特に新卒で入社して3年未満の人にとって、経験年数は2年や3年なので「もしかして経験が足りないと思われるかもしれない」と考えることもあるでしょう。

また、今の時点で転職活動をしても、履歴書や面接でアピールできる仕事の実績や経験がないため、無理ではないかとも考えることもありますよね。

 

やりたいことがわからない

 

今の会社にずっと居続けたいとは思わないので転職活動はしたいけれど「自分はどの業界、どの職種で、一体なにがしたいのだろう…」とやりたいことがわからず、一歩を踏み出せない20代もいらっしゃいます。

元々やってみたい仕事がある人や、今している業務の中でもっとやってみたいことが出てきた人は、ある程度転職活動の道筋が見えています。

しかし、経験年数の浅い20代では、転職活動をすると言っても自分のしたいことがわからずに動き出せず、転職活動を先送りしてしまう人もいます。

 

転職を決断するのが早すぎるかもしれない

 

「今転職活動をするのは時期尚早では?」と考えてしまい、転職活動することに二の足を踏んでしまう人もいます。

転職を決断するのが早いと考えてしまう理由としては、応募先企業に「また数年で辞めてしまうのでは?」と思われることを恐れていたり、あるいは「数年で転職を繰り返す癖がつくのでは?」と心配してしまうことがあげられます。

また「転職活動を考えているのは、自分が今の仕事から逃げているだけかも」と、思考を今の仕事に向けて転職活動を思いとどまってしまうこともあります。

 

次の会社で人間関係が上手くいかないのではないか

 

今いる職場の人間関係が問題で転職活動を検討している場合、「次の職場でも同じようなことが起こったら…」と不安に思ってしまうこともあります。

反対に、今いる会社のメンバーが大好きだけど転職活動を検討しなければならない時に、「次の職場の人間関係は大丈夫だろうか」と考える人もいます。

仕事は1人で行うものではなく、会社にいる以上、部署やチームのメンバーと連携を取りながら行うものです。

毎日顔を合わせてコミュニケーションを取ったり、周囲の人間関係を円滑にすることは、働く上で重要な要素となるでしょう。

 

転職活動自体のやり方がいまいちわからない

 

そもそも「転職活動って何からすればいいの?」「新卒の就職活動とやり方は同じ?」など、転職活動そのもののやり方がわからないという悩みです。

同じ会社の人に「転職活動ってどうすればいいの?」と聞くわけにもいきませんし、できれば効率よく活動して、自分の希望する条件にあった働きやすい職場を見つけたいと思う人は多いはずです。

しかし、効率よく活動するには、または良い職場を見つけるためにはどうしたらいいのか方法がわからず、結局何もしていないという人も一定数います。

 

<30代の転職に関する不安>

 

30代というのが転職活動に不利かもしれない

 

20代に比べて30代の人を募集している企業の数は少ないのではないか?という不安です。

求人の中には「29歳まで」というように、「長期的なキャリア形成を目的としているため」などの理由で求人に年齢制限をつける企業もあります。

そういった意味では、20代の頃よりも転職活動しづらくなってくるのが30代です。

 

年収が下がってしまう?

 

転職活動をして年収が上がれば嬉しいですが、反対に転職したばかりに年収がダウンしてしまうケースもないとは言えません。

30代なら家庭を持っている人もいるでしょうし、30代らしい付き合いや遊びをするためのお金が必要になる年代です。

年収が下がることにより、家族を支えることが困難になったり、生活の質を下げることになるのではないかという不安はつきまといます。

 

転職をしてキャリアアップができるか

 

自分が望んでいるようなキャリアアップが、転職によって本当に実現できるだろうかという不安です。

30代の転職活動は未経験業種や職種へのチャレンジや年収アップ、人間関係だけが目的ではなく、自らのキャリアアップを目的として活動する人も多くいます。

そのため、転職先の企業の業務内容や職種には、強いこだわりを持っている人もいます。

 

<40代の転職に関する不安>

 

年齢制限のある求人ばかりでないか?

 

一般的に日本では「転職は最低でも35歳まで」という言葉が信じられていたほど、歳を経れば経るほど転職活動が難しくなります。

すべての企業にそれが当てはまるわけではありませんが、やはり今でも40代になってくると一概に「選択肢が多い」とは言えない年代です。

そのため、「応募できる求人が少ないのではないか」「40代だと採用されにくいのではないか」と不安に思う方は多くいらっしゃいます。

 

この転職に失敗したら、やり直しが効かないかもしれない

 

年齢も重ねてきているため、40代を最後の転職活動と考える人もいます。

「次の転職でキャリアアップができなかったら……」「人間関係の悪い会社だったら……」「やりたい仕事を任せてもらえなかったら……」と、もし転職活動に失敗したらやり直しが効かないかもという不安を抱く人もいます。

20代のように失敗しても「若いからやり直しが効く」のような後ろ盾が少なくなるため、40代での転職活動は慎重になる人が多いです。

 

 

転職で抱える不安の対処法を年代別に紹介

 

転職で抱える不安の対処法

 

転職活動をするにあたり湧いてくる不安には、どのように対処していけば良いのでしょうか。

年代別の不安に対する対象法をご紹介していきます。

 

<20代の転職に関する不安の対処法>

 

当然の不安であることを自覚する

 

20代は初めて転職活動を行う人が最も多い年代です。

初めてのことに様々な疑問や不安、悩みを持つのは「当たり前」のことだという自覚をして冷静になりましょう。

そして、自分が考えている不安や悩みは、一体なぜ起こっているのかを追究してみてください。

原因がわかれば、あとは原因を解消するための行動を1つずつ起こしていくだけです。

 

転職活動の目的を明確にする

 

自分自身がなぜ転職活動を行うのか、何が変われば、どんな条件が満たされれば転職活動は成功と言えるのか、転職活動の目的を明確に言語化しましょう。

「なんとなく今の職場が嫌だから」というような理由では、なかなか次の会社を見つけたり、内定を貰うことは難しいでしょう。

転職活動は自分の働く環境を変えるという行為です。

自分がなぜ環境を変えたいと思っているのか、目的を明確にすることで次の会社や業種、職種選びなどもスムーズに行うことができるでしょう。

 

1つ1つ小さなことから行動していくしかない

 

「あれが不安だ」「これが不安だ」と不安なことばかりを考え、心配していても不安は一向に解消されません。

20代のうちは求人数もたくさんありますから、少しくらい失敗しても「次がある」くらいの気持ちで、とにかく小さなことでもいいので1つ1つ行動へ移していくことをおすすめします。

誰かに相談してみたり、ひとまず 転職サイト に登録をして、どんな求人が出ているのか見てみるでもいいでしょう。

まずは自分が手の届く範囲で、簡単なことからでも行動してみることが大切です。

 

20代の転職に強いエージェントに相談してみる

 

「転職活動のやり方がわからない」「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」というような不安を持っている人は、20代の転職活動に強い転職エージェントに一度相談してみましょう。

第二新卒の需要も伸びてきていますから、自分のスキルや経験だとどんな仕事にチャレンジできそうか、どんな仕事に合っていそうかまで、無料で相談に乗ってくれます。

また、心配な履歴書や職務経歴書などの応募書類の準備の仕方や、面接での受け答えの方法もアドバイスしてくれます。

 

<30代の転職に関する不安の対処法>

 

在職中から転職活動を開始する

 

「退職を申し出たはいいものの、転職先が決まらない!」「転職先に納得がいっていないけれど、退職日が決まっているから、もうこれ以上転職活動を延長できない」などの事態を防ぐために、在職中から転職活動を開始しましょう。

在職中に転職活動を行っておけば、万が一、納得のいかない内定先でも辞退して再度転職活動を行うこともできます。

退職を考えている日の3ヶ月ほど前から具体的な行動をスタートすると良いでしょう。

 

必要な知識やスキルを磨く

 

持っていた方が良い資格やスキル、あるいは仕事上での実績など、自身が希望する転職活動をするにあたって必要なものがある場合には、まずはその知識やスキルを磨くことに専念しましょう。

自分の希望する会社や職種に就くために、転職活動を成功させるためであるなら、転職活動を意識した知識やスキルを身につける努力をすることが必要です。

あるいは、転職活動と並行して勉強をスタートし始めても良いでしょう。

 

プライドを捨てて素直に学ぶ

 

30代になるとできること、知っていることも増えてくるため、自分から人に聞かなくなったり相談せずに転職活動を進めてしまう場合があります。

転職活動を成功させるためには、プライドを捨てて素直になり、知っている人や詳しい人から学ぶ姿勢を持つようにしましょう。

転職経験のある友人に体験談を聞いてみたり、転職エージェントから積極的に情報をもらえるよう質問するのが効率的です。

 

<40代の転職に関する不安の対処法>

 

初心を忘れず謙虚に活動する

 

過去にどのような役職・立場・企業規模で働いていも、転職活動をして新しい職場へ行ったら「新人」となります。

初心に戻って頑張らなければ「あの人、扱いづらいかも」と周囲に思われてしまい、自分自身が転職先の人間関係を悪くしてしまいます。

それは選考の時点でも同じです。

とにかく初心を忘れず謙虚な姿勢で面接に臨むことで、「この人はうちでも新しいことを勉強して活躍してくれるかも」と採用担当者にイメージを抱かせることができるかもしれません。

 

非公開求人を狙って転職エージェントに相談する

 

「40代はやっぱり求人数が少ないな」と思いながら転職サイトを眺めている方もいるかもしれません。

実は40代にもなるとある程度年収や役職のある募集が多くなってくるため、そもそも求人を公開していないこともあります。

自分が希望する求人が非公開求人があるかもしれませんので、ぜひ転職エージェントに登録して相談してみることをおすすめします。

 

 

不安な時に相談できる転職エージェントを活用しよう

 

転職エージェント5選

 

転職活動に関して、不安な時に力になってくれるおすすめ転職エージェントをご紹介します。

 

マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20's

 

新卒の就職活動で「マイナビ」を使ったことがある人もいると思います。

マイナビジョブ20'sはマイナビと同じく、株式会社マイナビが運営している第二新卒向けの求人サイト・エージェントです。

通常のエージェントサービスのみならず、面接セミナーや女性の事務職セミナーなど、直接相談や対策をしてくれるイベントも開催しています。

都心のイベントに参加できない地方在住の人向けにも、WEBから参加できるセミナーを実施しています。

 

※マイナビジョブ20'sは  こちら  から

 

第二新卒ナビ

 

第二新卒ナビ

 

20代の第二新卒・既卒・フリーター向けの就職や転職を支援しているのが第二新卒ナビです。

第二新卒ナビがおすすめな理由は、その圧倒的なサポート体制にあります。

キャリアコンサルタントが、相談者1人あたりにトータルで20時間以上かけてじっくり話を聞くほど親身になってくれ、「そもそも転職すべきなのか?」からエージェントが一緒に考えてくれます。

初めての転職でとにかく不安だらけという人には、心強い味方となって転職活動をサポートしてくれるでしょう。

 

※第二新卒ナビは  こちら  から

 

リクルートエージェント

 

リクルートエージェント

 

リクナビやリクナビネクストを運営している、株式会社リクルートキャリアが運営しているのがリクルートエージェントです。

人材業界では業界最大手のリクルートは大手企業との様々な繋がりもあり、求人数も業界1位を誇っています。

幅広い業界や職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けることができるため、転職活動が初めての20代から、キャリアアップを狙う40代まで、どの年代にも総じておすすめできるエージェントです。

 

※リクルートエージェントは  こちら  から

 

doda

 

doda

 

パーソルキャリア株式会社(旧株式会社インテリジェンス)が運営する転職サイトがdoda(デューダ)です。

dodaの特徴は、dodaサイト1つで「求人サイト」と「エージェントサービス」の2つが備わっているところです。

そのため、dodaのエージェントサービスに登録を行うことで、求人サイトに掲載されている会社にもエージェント経由で応募することが可能です。

求人サイトと転職エージェントは同じ会社が運営していても、サイトが別に作られていることが多いので、1つのサイトでどちらも利用したい人にはdodaがおすすめです。

 

※dodaは  こちら  から

 

JAC Recruitment

 

JAC Recruitment

 

30代から50代の方まで、しっかりとキャリアアップを狙って転職活動をしたいのであればJAC Recruitmentがおすすめです。

外資系転職エージェントのため、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内No.1の実績を誇ります。

 

また、キャリアコンサルタントの質が高く提案力があるので、自分に合った求人やキャリアをコンサルタントが提案してくれます。

「自分の希望以外に、自分の適性にあった求人をおすすめしてほしい」など、転職の選択肢の幅を広げたい人にはおすすめです。

 

※JAC Recruitmentは  こちら  から

 

 

おわりに

 

それぞれの年代で抱きやすい転職活動に対する不安とその対処法、また、困った時に悩みや不安を相談できる転職エージェントをご紹介しました。

キャリアを積んでいく中で出てくる悩みは年代ごとに違うため、転職エージェントをはじめとする周囲の人々に相談しながら、転職活動をすることをおすすめします。


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2019年03月19日 株式会社FULL HOUSE、キングソフト株式会社が運営するポータルサイト「StartHome(スタートホーム)」と提携し記事配信をスタート!
2019年01月07日 より可愛く、より美しくなりたい女性のための総合情報メディア「torothy」をリリース
2018年11月20日 食・グルメの総合情報メディア「はらへり」のタイアップ型記事広告をリリース
2018年11月16日 旅行・観光の総合情報メディア「TABI CHANNEL(タビチャンネル)」のタイアップ型記事広告をリリース
2018年04月25日 ペット・動物の総合情報メディア「Petpedia(ペットペディア)」のタイアップ型記事広告をリリース

タグ一覧

ランキング(36)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)