Top > キャリア > 就活

就活生必見!自己分析の方法






就職活動の準備としてまずやっておいた方が良いと自己分析。

大学の就職課や企業の人事・リクルーターなどからもよく言われますよね。

しかし、自己分析とはいったいどのようにやれば良いのかわからない方もいらっしゃると思います。

今回はそんな就活生のために、自己分析をどのようにすれば良いか具体例を用いながらご説明致します。

就活の準備段階でまずは自己分析をして就活の軸を持った上で、業界研究や企業研究、OB・OG訪問などのアクションを起こしていければ良いですね。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


就活生必見!自己分析はどうのように進めればいいの?

 

就活をしていると一度は聞く「自己分析」という言葉。

自己分析をどのように進めるかですが、死ぬまでの人生を死ぬ気で考えてみると良いと思います。

 

仮に人生が長生きせずに60歳で終わるとして、60歳にどのような状態であれば何の悔いもないか?

それまでに死ぬでもやっておきたいことは何か?など、考えうることを列挙してみてください。

 

一旦60歳を終了地点だとして、そこから逆算して、55歳、50歳、45歳、40歳…のように、何年ごとに考えてみてもいいですが、それぞれのステージで自分がどのような状態になっているのがベストかを考えてみましょう。

また、理想の状態を考えてみた後は、それまでに必要なこと、やらなければいけないことは何か、それを成し遂げるためにどのようなことをすれば良いのかを徹底的に考えましょう。

 

そうすれば、自分の生きる意味が少なからず見えてくるはずです。

上記を考えるのは「決め」の問題でしかないので、気楽に考えてみると良いと思います。

 

人は日々学びます。学んで知識や経験が増えるとできることの幅が広がります。

できることの幅が広がると、やりたいことやなりたい自分が変わることが普通にあります。

 

したがって、将来の理想の状態は絶対的なものではなく、生きるに連れて変化していってもよいということです。

他人に「やりたいことを見つけるにはどうすればいいですか?」や、「どうすれば夢は見つかりますか?」のようなことは聞かないでください。

 

あなたの人生の主人公はあなたです。

その他の誰のものでもないですし、誰かにあなたのやりたいことや夢を決める権利はありません。

 

自分であれやりたいこれやりたいと思ったら、法に触れない限りはそれが正解です。

自分自身の道をひたすら信じて、突き進んでいってもらえればと思います。

頑張ってください。

 

 

この記事は 就活アンサー の提供記事です。

元記事は下記からご覧ください。

自己分析のやり方


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2020年08月18日 FULL HOUSE運営メディアに「Google Map」の情報が追加されました
2020年06月05日 FULL HOUSE運営メディアに「キーワード検索」が実装されました
2020年04月16日 グルメメディア「はらへり」、"テイクアウトや宅配が利用できるお店の特集"と"コロナに苦しむ飲食店の応援キャンペーン"を開始
2020年02月03日 【祝】株式会社FULL HOUSEはお洒落なリノベ一軒家にオフィスを移転しました!
2019年11月13日 株式会社FULL HOUSE、飲食費を支給する「グルメ手当」と美容費を支給する「コスメ手当」を導入

タグ一覧

ランキング(37)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)