Top > エンタメ > アニメ

アニメ映画総まとめ!おすすめのアニメ映画を青春、ファンタジー、アクション、恋愛、ロボットなどのジャンル別にご紹介






アニメ映画とは、映画館で公開することを前提として製作されるアニメーション映画のことです。
略称の一つとしてアニメ映画と呼ばれています。
アニメ映画という呼称の他には、劇場版アニメ、劇場版アニメーション、劇場用アニメーション等の表記をされることが多いです。

アニメは観たいけれど、まとまった時間が取りづらいのでサクッと観れるアニメ映画を観たいときってありますよね。
しかし、アニメ映画と言ってもその種類は様々です。

そこで!本記事ではアニメ映画を観尽くした筆者が、ジャンル別にアニメ映画をご紹介していきます。

恋愛/ラブコメのアニメ映画

 

恋愛や、恋愛を主軸にしつつもコメディ要素のあるアニメ映画をご紹介します。

青春時代を思い出したい、キュンキュンしたいという方にはおすすめです。

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年)

 

「もしも、あのとき俺が…」

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」制作委員会

 

1993年に放送され、95年に劇場公開もされた岩井俊二監督の名作テレビドラマが原作の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」。

「モテキ」「バクマン。」の大根仁さんによる脚本、「魔法少女まどか☆マギカ」の新房昭之さんの総監督でアニメ映画化!

アニメの制作は物語シリーズや魔法少女マギカなどを手掛けたシャフトが担当しています。

 

とある海辺の町が舞台となっていて、中学生の主人公たちの青春アニメ。

メインのキャラを広瀬すずさんや菅田将暉さんなど、旬の俳優さんが声の担当になったことでも話題に。

また、テーマソングの「打上花火」はDAOKOと米津玄師のコラボ曲で、カラオケのランキングでも上位にランクインされるほど大人気になりました!

 

主人公の典道は中学生で、クラスのヒロインであるなずなに恋をします。

花火大会を前に「花火は横から見たら丸いのか?平たいのか?」という話題で盛り上がる典道たち。

そんな中、なずなが母親の再婚のため転校することが決まり、典道に駆け落ちをしようと誘いを持ち掛けます。

 

「打ち上げ花火、下から見るか横から見るか」はもしもあの時こうしていたら…?というifの展開でお話が進んでいきます。

中学生という、まだ大人にも差し掛からない典道たちが運命に逆らう青春恋愛物語。

”もしも”を繰り返し、少しずつ変わっていく街の様子も必見です。

 

夜は短し歩けよ乙女(2017年)

 

「学園祭とは青春の押し売り叩き売り、いわば青春闇市なり!」

 

夜は短し歩けよ乙女1
(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

 

「夜は短し歩けよ乙女」は、森見登美彦さんの小説が原作のアニメ映画です。

監督は『四畳半神話大系』や、映画『マインド・ゲーム』の湯浅政明さんが担当!

湯浅政明監督は、2018年にネットフリークスで新たなデビルマンを生み出した監督でもあります。

 

黒髪の乙女に思いを寄せている主人公。

さっさと告白するなりすればいいのに、彼がとった行動は…今日もなるべく彼女の目にとまるように生活するナカメ作戦!

この回りくどさが、いつの間にか癖になってしまうかもしれません。

ちなみに、主人公の声を担当しているのは歌手や俳優で活躍している星野源さん。

 

京都の街で、個性豊かな仲間達が次々と巻き起こす珍事件に巻き込まれていく主人公。

キャラクターデザインはアジカンのCDジャケットなどを手掛けている中村佑介さん。

特徴のあるタッチのデザインなのですが、それがまたいい味を出していて、京都の不思議な雰囲気と合わさってわくわくさせてくれます。

 

この作品の舞台は京都の大学が中心となっており、京都の風景が作中で多く登場します。

筆者は森見登美彦さん同様、学生時代を京都で過ごしていたので、見知った場所も登場してとても楽しかったです。

 

なお、「四畳半神話大系」を見ている人はすでにご存じでしょうが、京都では毎年夏になると納涼下鴨古本市が行われます。

今作品でも重要な場所として登場しますので、チェックしてみてくださいね。

「四畳半神話大系」が好きだった!という人には断然おすすめですし、今まで森見登美彦さんの世界に触れたことがない人は、一度「夜は短し歩けよ乙女」でその世界観を覗いてみてほしいです。

 

映画 聲の形(2016年)

 

もし俺が、今日からやらないといけないことがあるとしたら、もっとみんなと一緒にいたい。たくさん話をしたり、遊んだりしたい。それを手伝ってほしい。君に、生きるのを手伝ってほしい。

 

映画 聲の形(2016年)
(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

 

大今良時の漫画『聲の形』を、京都アニメーション所属の山田尚子監督にってアニメ映画化された作品です。

映画『君の名は。』と上映期間が被っていたこともあって、少々押し負けてしまいましたが、数多くの賞を受賞しています。

第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、第26回日本映画批評家大賞アニメーション部門作品賞、第20回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞など、たくさんの評価を受けているアニメ映画なのです。

 

テーマは「ディスコミュニケーション」となっており、現代人には重い話題となっています。

キャッチコピーは「君に生きるのを手伝ってほしい」で、障害やいじめなど考えさせられる場面が多々あります。

 

物語は主人公の石田将也と先天性の聴覚障害を持つ西宮硝子の二人を軸に、人と人との繋がりを描いています。

最初は石田将也が西宮硝子をいじめ、今度は立場が一転して、石田将也が周囲の人たちにいじめられるようになります。

その罪を重く受け止め、石田将也は周囲の人と一切関わりやコミュニケーションを取らなくなり、どんどん孤立していきます。

 

ただ、これまでの自分の人生のけじめをつけるために、石田将也は転校して離れ離れになってしまった西宮硝子へ謝罪をしにいくことを決意します。

そこから新たな物語が始まっていくのです。

 

本作は見る度に切なくて、胸が苦しくなるような恋愛アニメです。

過去にいじめていた、もしくはいじめられていた、人間関係に悩んだことがある人などにとっては、特に胸に突き刺さるアニメ映画でしょう。

 

たまこラブストーリー(2014年)

 

「もち蔵、大好き!どうぞ」

 

たまこラブストーリー(2014年)
(C)京都アニメーション/うさぎ山商店街

 

原作はけいおんで有名な京都アニメーション製作によるアニメ「たまこマーケット」です。

たまこマーケット(全12話)を観ていなくても、たまこラブストーリーは十分に楽しめます。

 

内容は高校3年生の北白川たまこと大路もち蔵の恋愛・青春物語です。

舞台は京都の町が描かれています。

 

たまこは家業の餅屋を継ごうと考えていたが、友人と接するに連れて自身の将来や恋愛について真剣に考えるようになります。

その頃、たまこの家の前に住んでいる幼馴染のもち蔵はとある決意を固めていました。

 

もち蔵の決意とは一体何なのか、たまことの恋の行方はどうなるのか。

その答えは本作を観てご確認ください。

 

可愛いキャラクター、緻密なストーリー構成、洗練された描写。

どれをとっても一級品です。

 

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」(2013年)

 

「いつか、もっともっとたくさんの人の前で歌ってみたいの。歌でみんなを幸せにできたら素敵だなって…」

 

とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇跡
(C)鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX MOVIE

 

主人公の上条当麻は少し不幸体質で、困っている人がいたら助けずにはいられない正義感の強い男の子。

彼が住んでいる学園都市は科学が発展し、超能力者が多く存在する街。

能力の強さによってレベルの格付けがされていますが、上条当麻は能力が発動しなかったレベル0。

ただし、彼の右手はイマジンブレイカーと呼ばれる、どんな能力も打ち消すほどのチートじみたものなのです!

 

原作に当たる「とある魔術の禁書目録(インデックス)」は、電撃文庫史上初の1000万部以上の売り上げを誇る大人気ライトノベル作品です。

オタクの人であれば小説やアニメ、漫画の何かしらは目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

実はこのシリーズでは話の区切れごとに新たな女性キャラクターが登場するパターンが多く、ヒロインと呼べるキャラが多数存在します。

例えば、禁書目録シリーズではインデックスがヒロインの立ち位置ですし、超電磁砲(レールガン)シリーズでは御坂美琴がヒロインです。

 

今回の劇場版では、鳴護アリサというプロの歌手を目指している女の子が登場。

タイトルにもなっている奇蹟がテーマのお話で、アリサの歌をめぐって科学サイドと魔術サイドのいざこざに巻き込まれてしまいます。

劇中ではアリサが歌うシーンがあり、どの曲も明るく美しい旋律の曲が多いです!

 

とあるシリーズでは複雑な事情で敵対していたり、暗い過去を背負っているキャラクターも多く登場します。

しかし、上条当麻は傲慢ともいえる正論で、真正面からそれらをぶった切り問題を解決してしまいます。

現実ではなかなかそうはいきませんが、大切な人を守る勇気や行動は見習いたいものですね。

劇場版ということもあって、今まで登場してきたキャラクターがたくさん登場するので、とあるシリーズファンは必見の作品になっていますよ!

 

言の葉の庭(2013年)

 

鳴る神の 少し響みて(とよみて) さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ

 

言の葉の庭 タカオとユキノ
(c)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

 

2016年に大ヒットしたアニメ映画、「君の名は」の監督である新海誠さんの5作目です。

新海さんが初めて「恋」を扱った作品として知られており、舞台は東京の楽園「新宿御苑」となっています。

 

靴職人を目指す高校生のタカオと、いつも新宿御苑でビールを飲んでいるユキノの物語。

タカオは雨の日になると一限をサボって新宿御苑で靴のデザインを考えるという日課があったのですが、そのときに偶然ユキノと出会うことになります。

平日の昼間から庭園でビールを飲んでいるユキノは不思議なキャラですが、物語が進むに連れてどのような人物か明らかになりますよ。

 

特徴的なのは、本作品では8割が雨のシーンで構成されているということです。

雨といえばネガティブな印象を持つ方が多いかもしれませんが、「言の葉の庭」を観れば雨の日が待ち遠しく楽しみになるかもしれません。

梅雨の季節や雨の日、好きな人が出来たときなどにビールを飲みながら?観てほしい作品ですね。

 

余談ですが、 「君の名は」 にはタカオとユキノが出てくるシーンがあります。

新海誠作品のファンならわかるかもしれませんが、ユキノはまだしもタカオは非常に見つけづらいので、視聴の際には是非探してみてくださいね!

 

蛍火の杜へ(2011年)

 

次の日の夏もうギンはあの場所には来てくれないのでしょう

 

蛍火の杜へ 蛍とギン
©緑川ゆき・白泉社/「蛍火の杜へ」製作委員会

 

緑川ゆきの原作「夏目友人帳」のスタッフが贈る感動アニメ映画です。

6才の少女・竹川蛍と、人に触れると存在が消えてしまうギンが織り成す恋物語となっています。

 

祖父のお家に遊びにきていた蛍は、妖怪が住むと言われる森に迷い込んでしまいます。

そこで出会ったのが、見た目は人と全く変わらないギンです。

ギンのおかげで無事に森を出ることができた蛍は、毎年ギンに会うために森へ行くこととなります。

 

ポイントは上映時間が44分と短いながらも、中身が凝縮されていて感動できるというところです。

蛍の成長過程と決して歳をとることのないギン、そして恋愛感情が生まれてギンに触れてしまえば彼は消えてなくなってしまう。

そんな状況がまた本作品を号泣の渦へと導いてくれます。

甘くて切ない夏物語です。

 

秒速5センチメートル(2007年)

 

「僕たちの前には、未だ巨大すぎる人生が、茫漠とした時間が、どうしようもなく、横たわっていた。」

 

秒速5センチメートル(2007年)
(c)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

 

『君の名は。』で一躍有名になった新海誠監督のアニメ映画です。

キャッチコピーは「どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。」となっています。

 

筆者が新海アニメのファンになったのはこの秒速5センチメートルからで、それほど衝撃的な作品でした。

本物と疑いたくなるような、圧倒的な画力はもちろんのこと、一つひとつ丁寧に作られたセリフの数々、細部まで行き届いた描写や音楽など、どれをとっても傑作と言えます。

主題歌である山崎まさよしの「One more time, One more chance」も名曲ですよね。

 

本作は3つの短編映画「桜花抄」、「コスモナウト」、「秒速5センチメートル」を束ねたもので、惹かれあった男女の時間と距離の変化を表現しています。

タイトルの秒速5センチメートルとは、桜の花びらが落ちるスピードの意味です。

物語は主人公の遠野貴樹が小学生から社会人になるまでの日々や恋愛を描いています。

 

あまりにも切ない恋愛アニメで、観終わった後に不思議な気持ちになります。

この物語の結末はどうなるのか考えながら是非観てください!

 

劇場版セーラームーンR(1993年)

 

「言ったでしょ?全部私が守ってみせるって。」

 

劇場版セーラームーンR 1
(C)武内直子・PNP・東映アニメーション

 

「美少女戦士セーラームーン」のアニメシリーズは1991年から放送された女の子向けの作品です。

リメイク版が2015年から放送され、2018年にはクールジャパンをテーマにユニバーサルスタジオジャパンで「セーラームーン」のアトラクションが登場するなど、今でも人気のあるコンテンツです!

筆者も幼稚園のころリアルタイムで見ていて、とても印象的に残っている作品です。

実はテレビシリーズだけでなく、いくつかの作品が劇場版として放映されていました。

 

1993年に放映された「劇場版美少女戦士セーラムーンR」は幾原邦彦さんが監督を努めています。

幾原監督は「少女革命ウテナ」や「輪るピングドラム」など名作を生み出してきた人です。

 

主人公の月野うさぎはツインテールがチャームポイントの女の子。

地球の平和を守るため、セーラー戦士として仲間たちと力を合わせて敵と戦う毎日。

 

うさぎはボーイフレンドの衛と一緒に植物園でデートをしていましたが、そこへフィオレという男性が現れます。

かつて花を贈ってくれた衛に、今度は自分が花を贈るために帰ってきたことを告げたフィオレ。

衛とのただならぬ雰囲気に周りがざわつきます。

しかし、実はフィオレが持ってきた花は星に寄生するキセニアという花で、セーラー戦士たちは地球に忍び寄る脅威を排除するため立ち上がります。

 

普段はおっちょこちょいで間抜けなうさぎですが、いざという時の強さと深い愛には目を見張るものがあります。

主題歌の「Moon Revenge」が流れる最後のシーンは、本当に泣けます。

 

ネタばれ回避のため詳細は語りませんが、セリフと歌のタイミングがぴったりとはまっている演出は鳥肌ものです。

絵の美しさもさながら、愛をテーマにしているこの作品は、大人になってから視聴して「これ当時の自分は理解できていたのかな?」と思うほど濃い内容でした。

幾原監督のエッセンスが混ざった素敵な作品なので、アニメシリーズしか見たことがない人にもおすすめですよ!

 

 

ホラー/サスペンスのアニメ映画

 

思わずゾクッとしてしまうような怖い描写があったり、はらはらドキドキしてしまうようなアニメ映画をご紹介します。

日常に刺激を求めている人におすすめです。

 

劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018年)

 

「僕には命をかけて守らなければいけないものがある!」

 

ゼロの執行人
(c)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 

「名探偵コナン ゼロの執行人」は、22作目となるコナンの劇場版。

映画の興行収入が80億を突破したビックタイトルで、「安室の女」というワードがテレビで取り上げられるほどの人気ぶり。

この映画が公開された後には、安室さんが主役のスピンオフ作品の連載も決定しました。

 

「名探偵コナン ゼロの執行人」は、トリプルフェイスの男である安室透がキーパーソンとなっています。

なぜトリプルフェイスなのかですが、実は工藤新一が子供の体になってしまった原因でもある黒の組織にスパイとして潜入。

コードネームは"バーボン"。

そして、本当の実態は公安トップの”降谷零”なのです。

 

普段は身分を偽り、毛利探偵事務所が入っているビルの一回にある喫茶店ポアロで”安室透”としてバイトをしています。

ちなみに、声優さんは機動戦士ガンダムのアムロ・レイ役を担当していた大御所の古谷徹さんです!

名前がアナグラムのように使われているので少し混乱してしまいますよね。

 

東京サミットを狙った大規模爆発事件が起き、テロを阻止するべくコナンくんや公安が活躍する「ゼロの執行人」。

この作品の魅力の一つが、カーチェイスのシーンです。

安室さんが乗っている車はマツダのRX-7 FD3Sという車で、中古価格ですら高いものだと700万もする高級車。

ですが、本人は事件解決のためなら多少クルマが壊れることは気にしていないようです。

 

今作の監督は立川譲A監督で、若手ではありますがアクションシーンを得意としています。

後半30分ほどは安室透の活躍がたっぷりと詰め込まれていますよ。

見ているだけでアドレナリンが分泌されるようなかっこいいシーンが盛りだくさんなので、最後まで目が離せません。

 

筆者はコナンのアニメシリーズは多少見たことあるくらいのにわか人間でしたが、それでも十分楽しめましたし、安室透の魅力を知ることができました!

コナンシリーズが好きな人や、安室透の魅力について知りたい人にオススメのアニメ映画となっています。

 

パーフェクトブルー(1997年)※R-15指定

 

「あなた…誰なの?」

 

パーフェクトブルー(1997年)※R-15指定
(C)1997 MADHOUSE

 

今敏が監督を務めるホラーとサスペンスの要素を含んだ珠玉の作品です。

20年以上も前の作品ですが、観る価値は十分にあります。

作画が古くて嫌だという方もいらっしゃるかもしれませんが。。

 

内容は謎のストーカーに追われるアイドルの日常が描かれています。

日常に起こりうる題材を取り上げているものになるため、特に女性であれば恐怖を感じるかもしれません。

 

追い詰められるアイドルの姿にはらはらドキドキさせられます。

そしてクライマックスのどんでん返しっぷりは、びっくりさせられますね。

 

目に見えないストーカーの犯人は一体誰なのか?

あなたは答えを見つけることができるでしょうか。

 

コンテンツにエグい部分もあるため、R-15指定されているサイコスリラーです。

大人な方は是非ともご覧ください。

 

 

ロボット/メカのアニメ映画

 

作中にロボットやメカが登場してくるアニメ映画をご紹介します。

単なるロボアニメにとどまらず、壮大なストーリーを描く作品多しです。

 

コードギアス亡国のアキト(2012年~2016年)

 

「私はもっとアキトと話したいことがあるのです。だから必ずみんなと一緒にここへ帰ってきてください。」

 

コードギアス亡国のアキト 1
(C)SUNRISE/PROJECT G-AKITO Character Design ©2006-2011 CLAMP・ST

 

「コードギアス 亡国のアキト」は全部で5章からなるオリジナルアニメ映画で、テレビアニメシリーズ「コードギアス 反逆のルルーシュ」のスピンオフ作品。

テレビアニメシリーズが終わった後の新作として発表され話題になりました。

時系列的に言うと、テレビシリーズの1期と2期の間の出来事なのですが、主人公がルルーシュでないため、テレビシリーズを見ていない人も楽しめる作品になっています。

 

アニメシリーズとは異なり、日本やブリタニアでなくEUが主な舞台。

金髪の美しい少女レイラと、イレブンのアキトがメインのキャラクターです。

 

レイラは非常に聡明な女性で、軍の司令官を務めています。

ただ、少し優しすぎる節があり、自分たちを殺そうとしたテロリスト軍団さえも仲間にしてしまうほどのお人よし。

そんなレイラのボディーガードをつとめるアキトは初めは感情を見せませんが、彼女と過ごすうちに人間らしさが垣間見えるようになります。

 

アキト達が乗っているナイトメアは、走りながら変形したりと今まで見てきたどの機体ともデザインが異なっていて新鮮です!

彼らのナイトメア部隊はハンニバルの亡霊と呼ばれていて、非常にトリッキーな行動をします。

今作からはナイトメアがCGで描かれているので、動きがより滑らかになっていますよ。

迫力のあるバトルも見ごたえばっちりです!

 

劇中では少しだけスザクやルルーシュも登場しますが、残念ながら本編とはほとんど関わりはありません。

筆者は個人的に第一章のエンディングが切なくてとても気に入っています。

坂本真綾さんが歌う「モアザンワーズ」がエンディングで流れると、きゅっと世界が完成するような印象でした。

 

「コードギアス 亡国のアキト」では様々な愛の在り方を学ぶことができます!

単体で見ても素敵なお話だと思うので、テレビシリーズの「コードギアス 反逆のルルーシュ」を知らない人にもおすすめの作品です。

 

エヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年)

 

「逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ...。」

 

エヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年)
(c)カラー・GAINAX

 

聞いたことのない人はいないであろうエヴァンゲリオン。

日本アニメの一時代を築き上げた、庵野秀明の作品です。

 

新劇場版:序は、TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を新たなストーリー設定で再構築した作品です。

全部で4部作あるうちの第1作目となっています。

 

簡易的に説明すると、内容は巨大な謎の生命体である「使徒」と国連軍の闘いを描いたものです。

国連軍直属の特殊機関である「NERV」は、汎用ヒト型決戦兵器・人造人間である「エヴァンゲリオン」を開発し、そのパイロットとして主人公の碇シンジが選ばれることに。

シンジのエヴァンゲリオンに乗ることへの葛藤や、その後の心情が細かく描写されています。

 

社会現象にもなったエヴァンゲリオンのリメイク版です。

まだアニメを観ていない人にもおすすめの作品となっています。

 

とにかく内容が濃いです。

非常に濃すぎて理解が追いつかない箇所も出てくるかもしれません。

 

 

アニメ映画総まとめ:おわりに

 

今回ご紹介したように、アニメ映画と一口にいっても実に様々なジャンルがあることがわかります。

筆者が友達にもおすすめできるようなアニメ映画だけをまとめましたので、一つでもお気に入りのものが見つかれば嬉しいです。

 

そして、アニメ映画に限らずアニメというのは食わず嫌いをされている方もいらっしゃると思います。

最初は筆者もその一人でした。

 

しかし、アニメ映画はのめり込むと感動できたり、泣けるものがあったり、笑えるものもあったり、人生に影響を与えるような作品があったりすることがわかります。

そのように感じるようになると、これまでアニメ映画を観てこなかった自分自身が悔やまれるぐらいです。

 

読者の方にはそう思ってほしくはなく、数多くのアニメ映画を観てきた筆者が良いと思ったものだけを厳選してご紹介しました。

アニメ映画は新作や上映中のものも多数ありますので、機会を改めて本記事は順次更新して参ります。

 

それでは、良いアニメ映画ライフを!

アニメ映画以外のアニメ作品に関しては、下記記事にてまとめてありますので合わせてご覧ください。

 

おすすめアニメ総まとめ!恋愛、バトル、ロボット、ファンタジーまで人気アニメとアニメ映画をジャンル別に厳選


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2019年03月19日 株式会社FULL HOUSE、キングソフト株式会社が運営するポータルサイト「StartHome(スタートホーム)」と提携し記事配信をスタート!
2019年01月07日 より可愛く、より美しくなりたい女性のための総合情報メディア「torothy」をリリース
2018年11月20日 食・グルメの総合情報メディア「はらへり」のタイアップ型記事広告をリリース
2018年11月16日 旅行・観光の総合情報メディア「TABI CHANNEL(タビチャンネル)」のタイアップ型記事広告をリリース
2018年04月25日 ペット・動物の総合情報メディア「Petpedia(ペットペディア)」のタイアップ型記事広告をリリース

タグ一覧

ランキング(36)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)