Top > ビジネス > ビジネスマナー

「お待ちしております」の適切な使用シーンは?言葉の成り立ちや意味を含めて解説します






ホテルやレストランをはじめ、ビジネスメールでも頻出する「お待ちしております」という言葉。

丁寧な印象の言葉なのでよく使いますよね。
しかし、場合によってはより丁寧な表現の方が適していることもあります。

今回は、「お待ちしています」の意味や例文を紹介します。
正しい意味を理解した上で、適切に活用していきましょう。

緊急事態宣言の発令、及び新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけになられる前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】「お待ちしております」の適切な使用シーンは?言葉の成り立ちや意味を含めて解説します

 

「お待ちしております」とは

「お待ちしております」の意味

「お待ちしております」の例文

「お待ちしております」を使う際の注意点

自分が主語のときのみ使用可能

「お待ちいたしております」は誤り

「お待ち申し上げております」がより丁寧

「お待ちしております」の言い換え

「お越しください」

「ご連絡をお願いいたします」

「お待ちしております」を使いこなそう

 

「お待ちしております」とは

 

writing

 

日常の中でよく使われている「お待ちしております」という言葉。

頻繁に使用するため、あまり意味を考えずに反射的に使ってしまいますよね。

ただ、使う相手によって使い分けたい言葉でもあります。

今回は「お待ちしております」の言葉の成り立ちや使い方を解説します。

 

 

「お待ちしております」の意味

 

book

 

「待つ」とは、「人・物事・順番などが来るのを望み、頼みとして、時を過ごす」という意味。

「しております」は、動詞「する」+補助動詞「おります」で成り立っており、「行為が現在進行中、継続中である」ことを意味します。

そのため、「お待ちしております」は、ただ「待つ」というよりは、「望んでいる、待望している」というニュアンスが強くなります。

口語でも文章でも使うことができるので、商品や資料、郵便物の到着を待っているときや、来客を待っているときなど、様々な場面で使いやすい言葉となっています。

 

 

「お待ちしております」の例文

 

meeting

 

具体的な「お待ちしております」の例文をご紹介します。

 

「またのご来店をお待ちしております。」

「お返事をお待ちしております。」

「ご連絡をお待ちしております。」

「心よりお待ちしております。」

 

 

「お待ちしております」を使う際の注意点

 

woman

 

自分が主語のときのみ使用可能

 

「おります」は「丁重語」に値します。

自分を低めることで聞き手を高める敬語です。

したがって、自分が主語のときのみ使うことができます。

 

「お待ちいたしております」は誤り

 

より丁寧に表現しようと「お待ちいたしております」と使ってしまう場面もあるかもしれません。

しかし、この表現は誤りです。

 

「お待ちしております」は「お待ちする」+「いる」で成り立っていますが、

「お待ちいたしております」は「お待ちする」+「いたす」+「いる」となり、意味合いの重なる間違った表現となります。

 

「お待ち申し上げております」がより丁寧

 

「申し上げる」は謙譲語であり、さらに丁寧や尊敬を表す接頭語「お」を付けることにより、より丁寧で敬意を払った印象を相手に残すことができます。

「お~申し上げる」は謙譲語の表現の一つなので、二重敬語ではありません。

招待状や案内状などの書面で使われることの方が多い表現となります。

 

 

「お待ちしております」の言い換え

 

writing

 

先述の通り、「待つ」には「人・物・物事が来るのを望む」という意味があります。

 

「お越しください」

 

来客が帰宅する際は、相手がまた来るのを自分が待つという表現を、相手を主語にして伝えることができます。

「越す」は「来る」の尊敬表現なので、このように言い換えることができます。

 

「またいつでもお待ちしております」

→「またいつでもお越しください」

 

「ご連絡をお願いいたします」

 

相手の連絡を自分が待っているときなど、よりはっきりとした印象を残したい場合はこのように言い換えることもできます。

 

「ご連絡をお待ちしております」

→「ご連絡をお願いいたします」

 

 

「お待ちしております」を使いこなそう

 

man

 

メールをはじめ文章でも、口語でも使うことができるので、様々な場面で頻出する「お待ちしております」という表現。

しかし、より丁寧にしようと二重敬語になってしまったり、尊敬語と謙譲語などの敬語の種類を誤ってしまうこともあります。

場面に応じて使い分けることで、コミュニケーションを円滑にすることができるため、本記事を参考に活用してみてください。


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2020年06月05日 FULL HOUSE運営メディアに「キーワード検索」が実装されました
2020年04月16日 グルメメディア「はらへり」、"テイクアウトや宅配が利用できるお店の特集"と"コロナに苦しむ飲食店の応援キャンペーン"を開始
2020年02月03日 【祝】株式会社FULL HOUSEはお洒落なリノベ一軒家にオフィスを移転しました!
2019年11月13日 株式会社FULL HOUSE、飲食費を支給する「グルメ手当」と美容費を支給する「コスメ手当」を導入
2019年09月17日 FULL HOUSE運営メディアに「ページトップへ戻るボタン」が追加されました

タグ一覧

ランキング(36)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)