Top > ビジネス > ビジネスマナー

ビジネスマナーの記事一覧

「何卒」とはどのような意味?正しい意味と使い方のポイントやコツ

ビジネスシーンの文章でよく使用される「何卒」と言う言葉。 何かをお願いする時や、文章の最後に「何卒よろしくお願いいたします」と書いておけば良さそうですが、本来「何卒」とはどのような意味を持っているのでしょう? 多くの人が詳しい意味をよく知らないまま、右に倣えで使ってしまっている「何卒」 便利でよく使う言葉ほど、きちんと意味や使い方を把握しておきたいものです。 今回は「何卒」の意味や正しい使い方についてご紹介します。

「尽力」の意味や使い方から類語まで、例文付きで解説!これでお礼や抱負を述べるときに困らない

普段は使わない言葉でも、ビジネスシーンでは使用頻度の高い言葉はいくつかありますよね。「尽力」もその一つだと思います。 日常生活では使わないフレーズをどれだけ使いこなせるかが、ビジネスシーンでは大事になります。 「尽力」を使うことで、目上の方とのやり取りもスムーズにいき、関係性も構築できますよ。 スマートにビジネス用語を使いこなして、ビジネスパーソンとして成長しましょう!

知っておきたいお中元のマナーと基礎知識。お中元におすすめの品物ベスト3はこれだ!

夏のご挨拶と言えば「お中元」です。 いつも有難うございますという気持ちと、これからもよろしくお願いしますという思いを形にして贈る品物です。 昨今では、お中元やお歳暮などの季節の贈答品を贈る習慣は失われつつあります。 しかし日本の伝統あるコミュニケーション方法である「お中元」で、人間関係をさらに円滑にしない手はありません。 お中元はどのようにして贈るのか、どのようなものがいいのか。 おすすめの品物ベスト3や贈る時期、贈る時のマナーについてご紹介します。

メールではなくお手紙で!「拝啓」「敬具」の意味と使い方、時節の候の一覧も

メールやLINEが主流の現代ですが、手紙の書き方を知らないといざという時に困ってしまう、なんてことがあるかもしれません。 本記事では、「拝啓」の意味や使い方、「敬具」や「かしこ」などの関連語を含めて説明します。 聞き慣れた言葉である「拝啓」の正しい使い方を理解できること間違いなしです。 また、実際に手紙を書く際に役立つように、それぞれの意味の違いや使い方、「拝啓」の後に続く時節の挨拶にも触れています。 手紙を書く機会は少ないかもしれませんが、いざというときに備えて是非ご覧頂けると幸いです。

「恐縮」の意味や使い方は?「恐縮です」の使い方や類語、例文も紹介!

ビジネスシーンにおいて相手との良好な関係を築くためには、まずは言葉選びに気を付けなければいけません。 普段の日常生活では使わないような言い回しや単語も多いため、混乱してしまうこともしばしば。 その一つとして「恐縮」も挙げられるのではないでしょうか。 一般的には「…していただき恐縮です。」や「恐縮ですが…していただけないでしょうか。」などといったように使われます。 本記事では分かりやすい例文も交えながら、「恐縮」の使い方を覚えていきましょう。

これでマスター!「拝受」の意味と使い方

ビジネスの場面で使られる「拝受」。実際には使ったことのない人もいるのではないでしょうか。 お恥ずかしながら、筆者もこの記事を執筆するまでほとんど使ったことはありませんでした。 本記事では今まで「拝受」をほとんど使ったことがない方にもわかるよう、一から語義を解説し、実際に使えるように例文や注意点などもまとめました。 「受領」「拝見」など似ている言葉との違いや使い分けにも触れております。 本記事を読んで、「拝受」の使い方や用例、類義語との違いをしっかりをマスターしましょう!

「お悔やみ」の使い方~関連語と注意点も合わせて~

大切な人に不幸があった時など暗い場面で使われる印象のある「お悔やみ」。 デリケートな場ですので、使い方を知らずに口にしてしまうと大変な失礼にあたることもあります。 大切なマナーの問題ですので、是非この記事を読んで、いざという時に備えておきましょう! ここでは「お悔み」の使い方を説明し、関連語や簡単な葬儀でのマナーにも触れて多角的に「お悔やみ」を解説していきます。

「了解しました」は上司やお客様に使ってはいけない!?「了解」の正しい使い方と意味、類語、例文

ビジネスシーンやプライベートでよく耳にする「了解」という言葉ですが、実は使う相手やシーンによっては使わないほうが好ましい言葉でもあります。 上司に対して「了解しました」と使って怒られた経験のある方もいるのではないでしょうか。 同じ意味合いの「承知しました」「かしこまりました」と使い分けることが、相手との良好な関係構築に役立ちます。 今まで誰に対しても「了解しました」と使ってきていた方は、これを機に正しい用法を理解し、ビジネスコミュニケーション力を磨きましょう。

「お待ちしております」の適切な使用シーンは?言葉の成り立ちや意味を含めて解説します

ホテルやレストランをはじめ、ビジネスメールでも頻出する「お待ちしております」という言葉。 丁寧な印象の言葉なのでよく使いますよね。 しかし、場合によってはより丁寧な表現の方が適していることもあります。 今回は、「お待ちしています」の意味や例文を紹介します。 正しい意味を理解した上で、適切に活用していきましょう。

「ご愁傷様」の意味は二つある?場面に合わせた正しい使い方と類語集

取引先や友人、知り合いに不幸があったとき、どのような言葉をかければ良いのでしょうか。 な事柄であればあるほど、言葉の使い方に気をつけなければならない為、どんな言葉を選べばいいのか、これで本当に合っているのか、悩んでしまいますよね。 「ご愁傷様」という言葉は、人が亡くなった時に使うオーソドックスなフレーズ。 しかし、意味が二つある為、使う時に少し注意が必要です。 また「ご愁傷様」に代わる類語はあるのでしょうか。類語、例文も合わせてご紹介します。

「様方」の正しい使い方は?例文を含めて解説します

「様方」と書いてある手紙やハガキを目にすることはありませんか? しかし、中には通常の「様」や「気付」との違いを説明できない人もいらっしゃるかもしれません。 郵便物を送るときの宛名の書き方には多くのマナーがありますが、手紙やハガキのように後に残るものは、出来る限りきちんと正しく送りたいですよね。 本記事では「様方」の意味や使い方を解説します。

手紙やメールでの「ご芳名」の正しい消し方やマナーは?言葉の成り立ちと意味を解説

結婚式の招待状でよく見かける「ご芳名」という言葉。 自分の名前の欄なので、丁寧語に該当するところは線で消すという認識はあっても、どこまで消したらいいのか迷ったことはありませんか? 今回はそんな「ご芳名」の言葉の成り立ちや、正しい消し方について解説します。 正しい使い方を覚えて活用していきましょう。

「しております」を適切に使えていますか?言葉の成り立ちから正しい意味を学ぼう

敬語で会話をするときに「しております」という言葉を頻繁に聞きますよね。 あまりによく耳にするので、ほぼ無意識に使っているかもしれません。 しかし、「しております」の正しい意味や言葉の成り立ちを説明できるでしょうか。 うっかり、会話をしている相手を主語に使用していることはありませんか? 本気記事では、特にビジネスシーンでよく使われる「しております」の意味や正しい使い方を解説します。

「ご足労」の意味は?「ご足労おかけし〜」「ご足労いただき〜」の違いと正しい使い方

「ご足労」という言葉、ビジネスシーンの会話やメールでよく耳にしたり目にしたりしますよね。 なんだかかしこまった言葉のように感じますが、正しくはどのようなシーンで使う言葉なのでしょうか。 「ご足労」という言葉に込められた意味と、正しい使い方の基本を、例文を用いてご紹介します。

役不足って何?力不足との違いと正しい使い方

役不足の語源から意味と正しい使い方、関連を紹介します。 皆さんは役不足という言葉を正しく使えているでしょうか? 役不足の成り立ちには歌舞伎など演技の役が関係しており、言葉の意味は役目が「実力不相応に軽いこと」です。 力不足との違いは実力が役目より上なのが役不足、下が力不足です。 類義語としては、朝飯前・楽勝。反対語は力不足、大役すぎるがあげられます。

「ご自愛」の意味と正しい使い方

皆さんは「ご自愛」という言葉を使ったことがありますか? 少し堅苦しい印象のある言葉なので使うことに抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれません。 そんな方に向けて、「ご自愛」は「あなた自身の身体を大切にしてください。」という意味であることに始まり、具体的な使い方、使う上でも注意事項やマナーについてまとめました。 番外編として類義語や英語表現についても記載しておりますので、是非参考にしてください。

「確信犯」の使い方は間違っている?確信犯の本来の意味と現在の使い方

「確信犯」という言葉、みなさんどんな意味で使っていますか? 「悪いことだとわかっている上で行う行為」と思って使っている方が大半ではないでしょうか。 でも実は、本来全く違う意味なのです。 「確信犯」の本来の意味と共に、なぜ間違った意味の方が普及するのか、また、間違った使い方はしてはいけないのか、そして言葉の変化の原理についてなど、合わせてまとめてみました。

「御中」の正しい使い方は?「様」「各位」「殿」との違い

宛先と書くとき「御中」という宛名をよく目にしますが、「様」「各位」「殿」とはどんな違いがあるのでしょうか。 ビジネスシーンではよく出てくる「御中」ですが、実際使おうと思うと、どんな時に「御中」を使うのか、イマイチわからないという方は結構多いようです。 「御中」の意味、使い方、また「様」「各位」との意味や使い方の違いをまとめてみました。

「弊社」ってどういう時に使うの?「弊社」「当社」「御社」「貴社」の違いと正しい使い方

ビジネスシーンや、取引先とのやりとりで頻繁に耳にしたり目にしたりする「弊社」という言葉。 耳慣れていますが、実際はどのような意味を持っているのでしょうか。 また、同様の場面でよく見る「当社」「御社」「貴社」とはどのように使い分けるのでしょうか。 実際に「弊社」を使う時の注意点を例文を用いてまとめてみました。

「ご査収」の正しい意味と使い方。「ご査収」と「ご査証」の違いも

ビジネスシーンでよく目にする「ご査収」という言葉。 なんだか見たことはあるけど、自ら使おうと思うと使い方がよくわからない、というビジネスマンも多いかもしれません。 またビジネスシーンではあまり目にしませんが、類語に「ご査証」という言葉があり、混合している方も多いようです。 「ご査収」と「ご査証」正しい意味と使い方を理解し、ワンランク上のビジネスマンを目指しましょう。



おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2019年09月17日 FULL HOUSE運営メディアに「ページトップへ戻るボタン」が追加されました
2019年03月19日 株式会社FULL HOUSE、キングソフト株式会社が運営するポータルサイト「StartHome(スタートホーム)」と提携し記事配信をスタート!
2019年01月07日 より可愛く、より美しくなりたい女性のための総合情報メディア「torothy」をリリース
2018年11月20日 食・グルメの総合情報メディア「はらへり」のタイアップ型記事広告をリリース
2018年11月16日 旅行・観光の総合情報メディア「TABI CHANNEL(タビチャンネル)」のタイアップ型記事広告をリリース

タグ一覧

ランキング(36)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)