Top > キャリア > 就活

内定している企業を辞退するときに取るべき行動






就活をしている中で複数企業から内定をもらえた場合に、いずれかの企業の内定を辞退しなければならないシチュエーションが出てきます。

今は就活生と社会人といった関係かもしれませんが、就活生が社会人になった後に内定辞退をした企業の人に会うことも出てくるかもしれません。

内定辞退をするときは誠心誠意、企業の人にその旨を伝える必要があります。

その際、どのように内定辞退をするのがその後の人間関係を円滑にする上でも良いかということを本記事では記載していきます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


内定辞退はどうすればいい?メールや電話で連絡はするべき?

 

内定辞退をする旨をきちんと内定先企業に伝えた方がよいです。

また、誠意が伝わりやすいように、メールよりもできれば電話で連絡をしてください。

 

内定辞退は学生にとって、とても勇気のいることだと思います。

実際に下記のようなことを恐れている学生もこれまで見てきました。

 

「内定辞退をしたら、企業に訴えられるのではないか?」
「内定辞退をしたら、学校の後輩が受けられなくなるのではないか?」

 

このような懸念をする気持ちはわかりますが、内定辞退は法律違反でも何でもありません。

仮に内定辞退をしたとしても、訴えられることもありません。

 

しかし、内定を一度承諾した場合は、学生と企業との間で「約束」を交わしたことになるので、内定辞退をしてしまうということは、その約束を破ってしまうことになります。

倫理的に考えて、約束を破って気持ち良い人はいないと思いますので、内定辞退の旨を企業に伝えることは、胸が苦しくなるかもしれません。

 

ただ、仮に何も言わずに内定辞退をしてしまった場合、何か心に引っかかったまま今後を歩んでいくことになると思います。

また、もともと内定先だった企業との関係も絶縁状態になることでしょう。

それよりも、先述したようにしっかりと内定辞退の連絡は電話で誠意を持ってするようにしてください。

 

色々な事情があって電話が難しい場合は、メールで済ましても大丈夫です。

一番丁寧なのは、メールを送った上で電話をすることです。

 

内定辞退をしたくなった場合は、出来る限り早く連絡をすることも大切です。

内定承諾を受けた後の企業の動きとしては、承諾してくれた学生のために、入社する前提で色々な準備をしていくことになります。

 

内定式、内定者研修や合宿、入社後に必要な備品の購入等、学生が思う以上に、やるべきことはたくさんあるのです。

内定辞退をするのであれば、相手の気持ちを考えた上で、誠心誠意を持って迅速にメール&電話で連絡するようにしましょう。

 

 

この記事は 就活アンサー の提供記事です。

元記事は下記からご覧ください。

内定している企業を辞退するときに取るべき行動


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2020年08月18日 FULL HOUSE運営メディアに「Google Map」の情報が追加されました
2020年06月05日 FULL HOUSE運営メディアに「キーワード検索」が実装されました
2020年04月16日 グルメメディア「はらへり」、"テイクアウトや宅配が利用できるお店の特集"と"コロナに苦しむ飲食店の応援キャンペーン"を開始
2020年02月03日 【祝】株式会社FULL HOUSEはお洒落なリノベ一軒家にオフィスを移転しました!
2019年11月13日 株式会社FULL HOUSE、飲食費を支給する「グルメ手当」と美容費を支給する「コスメ手当」を導入

タグ一覧

ランキング(37)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)