Top > キャリア > 就活

顔採用は実際にあるのか






学歴フィルターの話題と同様に、就活生の中で話題として出てくる顔採用。

ミスコンに参加している可愛い子や、ミスターコンに出場しているイケメンだからという理由で、本当に企業から内定をもらえる就活生はいるのでしょうか。

本記事では、そんな顔採用の真相について記載していきます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


就活で顔採用は実在する?

 

正確に言うと、顔だけで採用というのはさすがにないですが、見た目がかっこいい・可愛い・綺麗であれば、採用確度が上がることはあります。

 

これは不平等でも何でもなく、至って合理的な考え方だと思います。

見た目がよい人は、社内外問わず、よい印象を与えることができます。

 

例えば外部に営業しに行くとして、見た目が野暮ったい人が行くよりかは、イケメンや美女が行った方が先方に好印象を与えられる可能性が高いです。

そのため、受注確度自体も上がって、会社としては利益が出やすくなり、新しい事業にお金を回せるようになるかもしれません。

 

このように、社内も社外の人もハッピーになるという素敵な状態が生まれます。

しかし、顔面それ自体は整形しなければ変えることができません。

重要なのは、最低限見た目や言動に気を使う努力をしておくべきということです。

 

有名な研究で、メラビアンの法則というものがあります。

人の行動が他人のどのような影響を及ぼすかを、アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンが研究したものです。

人間の第一印象は、会ってから3〜5秒で決まり、ほとんどの情報を「視覚情報」から得ているという考えです。

彼の提唱した理論によると、初対面の人間を認識する割合としては下記の通りとなっています。

 

55% 見た目、表情、仕草、視線など
38% 声の質、話の速さ、声の大きさ、口調など
7%  言葉そのものの意味、話の内容など

 

いかに、人間は視覚情報に頼って初対面の人を認識したり判断しているかがわかりますね。

 

上記のことからもわかるよう、自分の顔面それ自体は基本的に変えようもないですが、容姿に気を付けて、相手を意識した言動を心掛けることで、驚くほど改善できるかもしれません。

直せるところから、徐々に直していきましょう。

 

 

この記事は 就活アンサー の提供記事です。

元記事は下記からご覧ください。

顔採用は実際にあるのか


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2020年08月18日 FULL HOUSE運営メディアに「Google Map」の情報が追加されました
2020年06月05日 FULL HOUSE運営メディアに「キーワード検索」が実装されました
2020年04月16日 グルメメディア「はらへり」、"テイクアウトや宅配が利用できるお店の特集"と"コロナに苦しむ飲食店の応援キャンペーン"を開始
2020年02月03日 【祝】株式会社FULL HOUSEはお洒落なリノベ一軒家にオフィスを移転しました!
2019年11月13日 株式会社FULL HOUSE、飲食費を支給する「グルメ手当」と美容費を支給する「コスメ手当」を導入

タグ一覧

ランキング(37)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)