Top > キャリア > 就活

面接はリクルートスーツで行かなければならないのか






就活シーズンになると良く目にする光景が、真っ黒なリクルートスーツに身を包んだ就活生たちです。
テレビでも合同説明会に参加するリクルートスーツをまとった就活生たちが放送されることがありますよね。

IT系のベンチャー企業を筆頭にスーツを着ない職場も増えて着ており、社会人=スーツの概念も壊れてきています。
今回は、企業面接の場で就活生はリクルートスーツを着るべきか否かについて記載していきます。

緊急事態宣言の発令、及び新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけになられる前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


面接にはスーツで参加しないといけない?

 

必ずしもリクルートスーツで行かなければならないということはありません。

もちろん、企業がスーツを指定してきている場合は別です。

 

普通に考えてスーツでいかなければいけない理由なんてどこにもありません。

指定されている場合以外は、私服でいっても問題ないです。

 

面接する側からしても、スーツのような画一的な格好でこられるよりも、学生の個性が少しでも表れる私服の方が良いと考える人の方が多いと思います。

なおかつ、私服の方がお互いにフランクに話しやすいと思いますし、スーツで話しているよりも堅苦しくなく、仲良くなりやすいと思います。

また、中には仕事で必ずスーツを着なければならない企業は嫌だという学生もいますが、そういった学生は、仕事でスーツを着るのが義務化されているような企業は受けない方がいいと思います。

 

 

この記事は 就活アンサー の提供記事です。

元記事は下記からご覧ください。

面接はリクルートスーツで行かなければならないのか


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2020年06月05日 FULL HOUSE運営メディアに「キーワード検索」が実装されました
2020年04月16日 グルメメディア「はらへり」、"テイクアウトや宅配が利用できるお店の特集"と"コロナに苦しむ飲食店の応援キャンペーン"を開始
2020年02月03日 【祝】株式会社FULL HOUSEはお洒落なリノベ一軒家にオフィスを移転しました!
2019年11月13日 株式会社FULL HOUSE、飲食費を支給する「グルメ手当」と美容費を支給する「コスメ手当」を導入
2019年09月17日 FULL HOUSE運営メディアに「ページトップへ戻るボタン」が追加されました

タグ一覧

ランキング(36)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)