Top > キャリア > 就活

志望企業はどう決める?就活で受ける企業の選定の仕方






いざ就活を始めようと思っても立ちはだかるのが業界研究や企業研究です。
そもそもどのように業界や企業を調べればよいのかわかりづらいですよね。

本記事では、これから就活を始める就活生でも業界研究・企業研究が出来るように手解きをします。

時間は有限なので選考を受ける企業も絞られてくることと思います。
ツールを用いながら業界研究と企業研究をすることで、効率的に選考を受ける企業を選べるようにしましょう。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


どのように志望企業を決めればよいのか?

 

基本的には自分が興味関心のある業界で気になっている企業や、身の回りの先輩や友達がよいと思っている企業に足を運んで見ればよいと思います。

ただ、日本に新卒採用を行っている企業は1万社以上あるので、片っ端からすべてを見るということは現実的に厳しいと思います。

 

そこで、もっと効率的かつ、合理的に考えていきたいという人は、将来のなりたい自分と照らし合わせた上で決めた方がよいです。

 

「将来のなりたい自分になるための要素としては何があるのか?」
「その要素を最短最速で満たせる業界・企業はどこにあるのか?」

 

このように、自分自身と真剣に向き合って考えた方がよいと思います。

なりたい自分に近づくための手段として「企業」を捉えてもらえるとよいかもしれません。

 

より選択基準にある程度の合理性を求めるのならば、「お金」が重要なポイントになります。

ここでいう「お金」とは、業界規模や企業の収益性を表します。

 

最低限、前年比で収益が伸びている業界・企業でなければ、お金が縮小している分、できることの幅も狭まっているということです。

せっかく就職するのであれば、業界・企業的に収益が伸びており、社員として新しいことに挑戦(投資)できる環境に行ってほしいと思います。

 

主観的・客観的な観点を両方持ち合わせながら、自分にあった企業を見つけていってほしいです。

それに伴い、業界研究や企業研究に必要なツールを下記にて紹介させて頂きます。

 

市場規模マップ

 

世の中にはどのような市場や業界があり、前年比でどこが伸びているのか、視覚化されていてわかりやすいので市場全体を俯瞰するにはちょうどよい参考資料です。

 

業界動向

 

110以上の業界・業種が体系的にまとめられており、各業界の動向や企業ランキングも見れるので大変便利です。

 

転職会議

 

意外にも、就活のときにはこのような転職サイトが役立ちます。

実際に企業の中で働いている人たちの口コミがまとめられているので、伝手がなくてOB・OG訪問のしづらい学生にも持ってこいではないでしょうか。

 

上記のようなツールを活用しながら、市場や業界の全体像を俯瞰しつつ、それぞれの業界・業種の企業単体を見ていければ理解が深まりやすいと思います。

 

 

この記事は 就活アンサー の提供記事です。

元記事は下記からご覧ください。

受ける企業の選定の仕方


フォローして最新の情報をチェック!





おすすめ記事



人気記事ランキング



最新のお知らせ

2020年08月18日 FULL HOUSE運営メディアに「Google Map」の情報が追加されました
2020年06月05日 FULL HOUSE運営メディアに「キーワード検索」が実装されました
2020年04月16日 グルメメディア「はらへり」、"テイクアウトや宅配が利用できるお店の特集"と"コロナに苦しむ飲食店の応援キャンペーン"を開始
2020年02月03日 【祝】株式会社FULL HOUSEはお洒落なリノベ一軒家にオフィスを移転しました!
2019年11月13日 株式会社FULL HOUSE、飲食費を支給する「グルメ手当」と美容費を支給する「コスメ手当」を導入

タグ一覧

ランキング(37)
転職(79)
面接(49)
就活準備(115)
人事/採用(78)
スマホアプリ(56)
iPhoneアプリ(56)
Androidアプリ(56)
出会い系/婚活/マッチング(39)
恋愛/デート(37)
ゲーム(13)
アニメ(11)
洋楽(4)
映画(7)